• TOP
  • FEATURE
  • デキる大人はベージュを着る。そのワケとは?

できるオトコはこなし上手 vol.5デキる大人はベージュを着る。そのワケとは?

2018.12.29

ジャケットといえば、ネイビーかグレー。あるいは最近では黒が一般的な相場ですが、事業に成功している方、あるいはデキるビジネスマンはベージュのジャケットを好む傾向があるのです。


余裕ある雰囲気=オーラを纏うならベージュ

オラッツィオ・ルチアーノ / 3B ウィンドーペン ジャケット
セッテフィーリカシミア / タートルネック ニット (カシミア)
ピーティーゼロウーノ / 1プリーツ ストレッチ ライトフランネル パンツ (スペシャル リクエスト モデル)

大人に必須のジャケットですが、お手持ちのものはネイビーやグレーがほとんどという方も多いでしょう。もちろん、それはそれで使える色ですが、せっかく新調するなら、時にステップアップできる色を選ぶことをおすすめします。中でもベージュのジャケットは、羽織るだけでオーラや雰囲気をアピールしやすいということで、成功している実業家の方や、ビジネスマンの方が愛用する人気のカラーなのです。

ベージュはそもそも、余裕を感じさせる色調ですし、若い方より大人にこそ似合う色。優しく見えて、上品でラグジュアリーで、知性をも感じさせます。つまりこれ一枚で、大人のアク抜きとアップデートができるというわけです。ですので、「ベージュは似合わない」と思っている方にこそ、袖を通していただきたい。服を変えるだけで、気分は変わるもの。そこが服の最大の効能のひとつ。

ベージュは白いニットやグレーのやスラックスなど、定番のアイテムと相性がいいので、とっても着こなしやすいのです。外見が変わると内面も変わります。仕事も遊びも、ソコソコの身の丈にしていると、そのステージのまま。さらに飛躍したいと思うなら、時にリミッターを外してみるのも手。それが身につける服の色を変えるだけなら、リスクも小さく大いに楽しめるかと。自信をもてば、仕草や声のトーン、姿勢も変わるもの。その一助となるベージュジャケットをさらっと羽織って、仕事に遊びに邁進くださいませ。

ベーシックが品よく見える、ベージュパンツの効能

タリアトーレ / 三織混 チェック 6B コート
クルチアーニ / リブ編み モックネック ニット (ウール)
シープラス / 2プリーツ ストレッチ メランジ ライトフランネル パンツ

男性にとって、スタイル全身がよく見えるかどうかの合否を握るのは、ボトムズです。このシルエットが着こなしの主軸となるのです。こちらC+ のパンツは、もともとデニムなどのカジュアルパンツを得意とする専業メーカー。デニムみたく、さっとはけて軽い穿き心地をウールパンツで再現したものです。腰回りに入っているウエスマンをあえて省くことで、軽量化されリラックスできるウールパンツを開発しました。相性のいい白いニットでワントーンにしながら、チェックのアウターでメリハリをつけた着こなしです。どれもベーシックなアイテムですが、とってもいまどきです。

ベージュをモダンに見せる黒いパンツ

セッテフィーリカシミア / クルーネック ニット (カシミア)
アヴィーノ・ラボラトリオ・ナポレターノ / コットン&カシミア メランジ ワイドカラー シャツ
ピーティーゼロウーノ / ノープリーツ 3PLY ストレッチ パンツ

ベージュはエレガントな印象だけではなく、組み合わせ次第で、とってもモダンに着こなせる色なのです。とりわけ黒との相性は抜群。最高のカラーコンビネーションを見せます。ベージュはそもそも焼けた肌とも馴染みがいいのですが、そのためにいい大人が年中日焼けするわけにもいかず……。その代案が黒いボトムスです。輪郭が柔らかなベージュのニットが黒いパンツでコントラストがつき、上品でいながらモードっぽく見えるのです。黒と相性がよいため、大人の男性にも簡単に着こなせるというわけ。クルーネックニットやシャツ、黒パンという、とてもベーシックなアイテムですが、とってもいまどきな見映えとなるのです。

ニットにシャツで腕まくりするなら、カフを利かせて

冬といえど、室内は快適。アウターを脱げは、ニットにシャツという出で立ちの場合もあるでしょう。そんな時、ちょっと腕まくりする時、洒落て見せるコツが。まくったニットの上からカフを軽く折るだけ。これだけで、いつもと雰囲気が異なるのです。ぜひお試しくださいませ。

関連特集記事

LOAD MORE

loading

最新記事

LOAD MORE

loading

FEDELI PT
RakutenPay

*当サイトの税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。 お間違えになりませんようご注意ください。