• TOP
  • FEATURE
  • パラブーツがラグジュアリーカジュアルに必要なワケ

Paraboot Recommend Style 2018AW Vol.1パラブーツがラグジュアリーカジュアルに必要なワケ

2018.11.27

何とな〜く、いまイケてるシューズブランドの中にParabootがエントリーしているコトをご存知の方は多いでしょう。でもその理由を本当に分かっている方は少ないのでは? それはParabootのモノ作りと昨今のファッションの流れが密接にリンクしているのです。


いま求められるラグジュアリーカジュアル

パラブーツ / スウェード ダブル モンクストラップ シューズ(WILLIAM)
オラッツィオ・ルチアーノ / 3B チェック ジャケット
フェデーリ / カシミア ニット カーディガン(MILLIONAIRE)
ピーティーゼロウーノ / 1プリーツ ストレッチ ライトフランネル パンツ(スペシャル リクエスト モデル)

スタイルとしてスポーティに見えるのは良いけど、いま“できるオトコ”が心掛けるべきスタイルは、エレガントに見えるスポーティなスタイル=ラグジュアリーカジュアルです。オンオフの境目がない今の時代、トップスは何を着ても良いと言えます。
例えば、気心知れた取引先とのミーティング、大事にしたいパートナーとの大切な時間。そんな時は、ちょいブリティッシュなジャケットとフランネルパンツできちんと感を醸しつつ、でもインナーはスポーティにTシャツとニットカーデ。カーデはジャケットのチェックに配されている明るい色をひろい、白Tで抜け感を。で、キモとなる足元がパラブーツです。

パラブーツであるべき理由は、ドレスっぽく見えつつ硬すぎず。そして愛嬌や抜け感を感じさせる特有のフォルムだから。これが他のシューメーカーでは絶対に真似できない雰囲気なのです。さらにスニーカーにも劣らない快適な履き心地と天候を選ばないユーティリティーさ。これらを全て叶えてくれるのはパラブーツの生命線と言えるラバーソール。これが大きな効果を生み、唯一無二の存在感を発揮してくれるのです。

足元でラグジュアリー感を醸すキモはなに?

スウェード&ダブルモンク、がその答え。ゴールドを燻したかのようなダブルモンクの金具、そしてブラウンスウェードのアッパーがどことなく品の良さを感じさせます。もちろん、ソールは世界中のシューメーカーを見渡しても、唯一自社でラバーソールを生産するパラブーツならではの堅牢性と弾力性を兼ね備えたもの。このハイブリッドでミクスチャーな感覚をB.R.ONLINE読者の皆さまであればご理解頂けるでしょう。

こちらのモデルは、パラブーツがレディーメイド世界最高峰のとあるシューズブランドのコテージラインOEMを手掛けていた系譜を受け継ぐ“WILLIAM(ウィリアム)”。ゆえにラグジュアリーカジュアルの足元にピッタリなんです。

NEXTブーツでラグジュアリーカジュアルの足元を飾る
1 2 3 4
CREDIT

Producer : 大和一彦 / Styling & Direction : 四方章敬 / Photographer : 鈴木泰之 / Hair&Make : Takuya Baba (Sept) / Writer : 佐々木利浩(B.R.ONLINE) / Designer : 中野慎一郎 / Model : Dorde (Cinq Deux Un)

TAGS

関連特集記事

LOAD MORE

loading

最新記事

LOAD MORE

loading

TAGLIATORE BAGUTTA
RakutenPay

*当サイトの税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。 お間違えになりませんようご注意ください。