• TOP
  • FEATURE
  • パラブーツで始める夏の白

Paraboot Recommend Style / 2020SS Vol.1パラブーツで始める夏の白

2020.07.13

夏といえば白スニが活躍する季節ですが、ここ数シーズン、年中白スニが履かれるようになったこともあって、足元で差をつけるのに何かいいアイディアを探している方もいらっしゃると思います。そこで大人の足元に映える白レザー靴は、いかがでしょう。バリエーションが豊富なんです。


夏の大人カジュアルを足元からグレードアップ

パラブーツ / グレインレザー ラグソール ローファー
フィナモレ / コットン&リネン ストライプ カッタウェイカラー シャツ
ザノーネ / リネン&コットン ストライプ ステッチ クルーネック ニット
インコテックス / チノリノ ノープリーツ ショーツ

夏の大人の足元に相応しい、白スニに代わる白レザー靴として、まずはローファーをご紹介しましょう。白のシボ革ローファーは、サドル革(ホールの開いている革)の両端が、太糸でぐるりと縫い付けられているのが特徴で、これはアメリカントラッドでお馴染み「ビーフロール」と呼ばれる仕様です。ここへラグソールを組み合わせた、適度なボリューム感は、ともするとラギッドで男クサい雰囲気になるのですが、白レザーになると都会的なカジュアルシューズにモダナイズされます。

そこで、たとえばこんなチノショーツ風の短パンスタイルに合わせてみました。ここでキャンバスの白スニーカーだと、そのまんまアイビー風情ですが、白ローファーなら大人カジュアルの風格に格上げできますよね。そのうえ足元にボリュームがあるので、トップスの袖まくりや肩掛けニットなんかで盛れる小技も使えるので、スタイリングをいろいろと楽しむことができるんです。

夏らしい清涼感もありつつ、垢抜けた雰囲気の白ローファーは、色で遊ぶフレンチカジュアルにもぴったり。スニーカーより引き締まった印象なので、この時季どうしてもラフになりがちなカジュアルも、ぐっと格が上がります。

ラグカジが似合う白のデッキシューズ

パラブーツ / ディアスキン デッキシューズ
ザ・ジジ / 三織混 ストレッチ ソラーロ 8B ジャケット
ザ・ジジ / 三織混 ストレッチ ソラーロ 1プリーツ パンツ
グランサッソ / ショートスリーブ ニットT

旬のセットアップスーツには、着こなしに抜きドコロをつくりだすために白Tを覗かせる着方が一般的です。さらに白場のバランスをとるために、足元に白スニをもってくるのですが、このスタイリングって、意外とほかの人とカブることがありませんか?

そこで白レザー靴のセレクトなのですが、上掲の白ローファーでもよさそうなところに、ひとひねり加える意味で白のデッキをあわせてみました。

デッキシューズは、ご存じの通りヨットのデッキで履く靴なので、マリンなイメージがつきまとうのですが、真っ白デッキなら海というより街が似合うラグカジスタイルといった雰囲気。しかもこのデッキ、ディアスキンの極上柔らかレザーなのでは履き心地も抜群です。

海辺やリゾートに似合うデッキシューズを街中で履くと、なんとなく違和感あるように感じていた方でも、こういう取り入れ方ができれば足元の選択肢も広がりますよね。マリンとかデッキシューズとかに縛られず、新しいタイプのカジュアルシューズと考えれば、白デッキもMYシューズコレクションに加えやすいのではないでしょうか。

黒より意外と履きやすい白グルカ

パラブーツ / パシフィック グレインレザー グルカサンダル
フェデーリ / メッシュ編み クルーネック ニット
ベルウィッチ / ストレッチ ウール 2プリーツ サイドアジャスター パンツ

夏の大人サンダルの定番でもあるグルカサンダルですが、黒や茶のレザーにヌードな素足の組み合わせが、大人の色気が漂いすぎて苦手という声も。でも白グルカなら、肌の色にも馴染むのですっきり履きこなせるのではないでしょうか。

そもそもグルカは肌の露出が多いと、なんとなく街履きしにくいし、逆に少ないとメッシュ靴のようなラグジュアリー感が出すぎて、どちらにしてもコーディネートが難しいアイテムです。それが白になるとサンダルとスニーカーのハイブリッドのような、いい塩梅の気軽なドレス感を醸してくれるんです。

グルカって、編み込みの革が目を引きがちなのですが、白グルカならライトグレーのスラックスに合わせたシンプルなスタイリングにも納まって、足元が主張しすぎることもないので、グルカサンダルの入門は、案外この白グルカから入るのが簡単かもしれません。

ちなみに、こちら無機質に見えがちなスムースレザーではなく、自然なシボ感あるグレインレザーも肌馴染みが良いポイントです。履き心地もやわらかく、バックル・ベルトがゴムで伸縮するのも足が痛くならず好評です。

パラブーツに定番モデルが白レザーで登場!

左から
パラブーツ / ディアスキン デッキシューズ
パラブーツ / パシフィック グレインレザー グルカサンダル
パラブーツ / グレインレザー ラグソール ローファー

ここでご紹介した白レザー靴は、すべてパラブーツの今季モデルです。ローファーは「CORAUX(コロー)」、デッキシューズは「BIRTH(バース)」、グルカサンダルは「PACIFIC(パシフィック)」と言います。

パラブーツにこんな白のモデルがラインナップされていたことに驚かれる方もいらっしゃるかも知れませんが、もともとパラブーツはショップごと、素材と色とを指定できたりもするので、様々なバリエーションが存在するんです。でも、これだけ白のモデルが揃うのは珍しいかも。今年は白がトレンドカラーですので、BRでも注目しています。

ローファーもデッキも、ソールカラーだけでなく、ステッチの色まで白に揃えられているので、すっきりとミニマルな印象です。ここであえてコントラストカラーを使うと、白靴でもホワイトバックスのようなクラシックな味わいがでてしまうので正解といえるでしょう。

黒デッキはレザーのバリエーションを揃えました

左から
パラブーツ / ゴールドパーツ ガラスレザー デッキシューズ
パラブーツ / カーフ グレインレザー デッキシューズ
パラブーツ / ディアスキン デッキシューズ

パラブーツの夏の定番デッキシューズ「BIRTH(バース)」には、先程ご紹介したシボ革の白レザー(グレインレザー)のほかに、黒レザーのシリーズもバリエーション豊富に用意されています。スムース、グレイン、ディアスキン、どれも革が肉厚なのでホールド感抜群。デッキ専用の「マリンソール」を搭載しているのでグリップ力に優れ、足が疲れにくいのも特徴です。雨や水に濡れても、経年感が出にくいのでガンガン履いちゃってOKなのも嬉しいですね。


Paraboot SHOP

青山店
東京都港区南青山6-12-3
TEL. 03-5766-6688

銀座店
東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX
TEL. 03-3289-1601

大阪店
大阪市中央区南船場4-6-15
TEL. 06-6251-1125

札幌店
北海道札幌市中央区南2条西3‐12‐2 トミイビル No.37 1F
TEL. 011-219-0451

Paraboot 公式オンラインストア
https://paraboot.shop

CREDIT

Producer : 大和一彦 / Styling & Direction : 四方章敬 / Photographer : 川田有二 (Riverta Inc.) / Hair&Make : Takuya Baba (Sept) / Writer : 池田保行 (ゼロヨン) / Designer : 中野慎一郎 / Model : Brayan L (Cinq Deux Un)

TAGS

関連特集記事

LOAD MORE

loading

最新記事

LOAD MORE

loading

paul&shark BAGUTTA
RakutenPay

*当サイトの税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。 お間違えになりませんようご注意ください。