• TOP
  • FEATURE
  • スニーカー感覚で履くパラブーツの魅力

Paraboot Recommend Style / 2020AW Vol.1スニーカー感覚で履くパラブーツの魅力

2021.01.08

スニーカー全盛ですが、大人のスニーカー選びは、なにかと躊躇しがちなもので、やっぱり確かなシューズブランドが安心です。とはいえカジュアルシューズ選びは難しくもあり、結局いつも同じ靴ということになりがちですよね。BRではそんなお洒落好きな大人の皆さんにパラブーツをおすすめしています。イギリス靴ほどお堅くなく、イタリア靴ほど色気があり過ぎず、バリエーションも多彩に揃います。


量感コートはスエードホールカットで受け止める

パラブーツ / スウェード ホールカット シューズ
シーラップ / BR別注 ウール&カシミア モッズコート
マンリコ カシミヤ / クルーネック ニット / SUPER CASHMERE
イカイ / ホワイト デニム パンツ
ブラン / セルフレーム サングラス

ビッグシルエットやドロップショルダーなど、量感あるコートが戻ってきたいま、バランスをとるためにも足元選びは重要です。もちろんブーツは鉄板なのですが、スニーカーではどうしても見た目が軽すぎてコートに負けてしまいます。華奢な革靴ではアンバランスですし。

たとえばこんな重厚なウールカシミヤのモッズコートは、もちろん見た目より遥かに着心地は軽いのですが、いかに「軽く見せる」かがスタイリングの要になります。インに真っ赤なタートルニットは、今年らしいモノトーンの差し色アイテム。ボトムズコーディネートはホワイトデニムを使うことでコートの黒×パンツの白で見た目の重さを抑えてみました。

ここで足元に選んだのは「ベロアレザー」と呼ばれるスエードのホールカットシューズです。ドレッシーな見た目にラバーソールの組み合わせはスニーカー感覚。ドレス・ビジネスライン用に開発されたACTIVEソールの改良型「Galaxy」ソールは、一見ラバーソールに見えないほどにドレッシーなタイプです。

品の良い大人のカジュアルシューズにぴったりな、パラブーツの「MUSSET」は日本国内ではほとんど流通していないレアなモデル。しかも通常はコバステッチが白糸なのですが、黒に着色。トーンオントーンとなったBRリクエストモデルは落ち着いた雰囲気を醸しています。

+モードなライダーズをUチップでシックに

パラブーツ / スウェード Uチップ シューズ (AVIGNON)
エンメティ / BR別注 スウェード スタンドカラーブルゾン
セッテフィーリカシミア / BR別注 クルーネック ニット (カシミア&シルク)
ベルナール ザンス / ストレッチ ウール 2インプリーツ パンツ
ジョシュア エリス / カシミア マフラー (チェック)

ライダースにウールパンツという鉄板コーディネートは、モードとクラシックが共存するハイブリッドなスタイリングでありながら、幅広い年齢層に支持される人気のスタイル。ここで足もとは白スニーカーという手もありますが、少々若見えしすぎることもあるので、シックに着たいならシューズ選びは肝心です。

スエードのUチップはパラブーツの「AVIGNON」。Uチップ部分が伏せられていることで、見た目には品よく、ボリュームも抑えられるので“withモード”なスタイルにも合わせやすいモデルです。こちらの「AVIGNON」もBRリクエストモデル。素材は上と同じベロアレザーなので、スエードのライダースとも相性良好。同系色ステッチで落ち着いた顔に仕上げたところも見逃せません。

全体に黒&グレーを貴重にしながら、スエードタッチで沈みがちなところ、ボリューミーに巻いたカシミアマフラーを真っ赤なチェック柄にしてワンポイントとしているのも、着こなしの存在感を引き立てています。

デッキシューズとトラッドは意外と好相性

パラブーツ / デッキシューズ / MALO (Paraboot公式オンラインストア)
デ・ペトリロ / カシミア混 ベルテッドコート
グランサッソ / カシミア アーガイル ニット
ピーティートリノ / BR別注 テクノ ウォッシャブル ウール 1プリーツ パンツ

アーガイル柄のニットをポイントに、装飾性を極力抑えたコーディネート。シャープなシルエットのトップス&細身パンツが醸す、モダンクラシックなスタイリングは、ベルテッドコートをジャケット代わりに羽織ることで成立しています。こんなコーデにはドレスシューズで、かっちりまとめたくなるところを、あえてデッキシューズという選択が新鮮な趣。ちょっとスポーティな、品の良いトラッド&マリンなミックススタイルです。

そもそもデッキシューズは船の甲板上で履くことを考慮したスポーツシューズ。当然マリンなスタイルに合わせたくなるところですが、育ちの良いカジュアルとの相性が良好なんです。それもそのはず上流階級の嗜みでもあるマリンスタイルと、富裕層の子息が着るアイビー&プレッピーとは息もぴったり。カテゴリーは違っても、同じクラス感を共有するアイテム同士というわけです。

パラブーツの「MALO」は、そんなステイタスを備えたデッキシューズです。パラブーツのアンライニング定番デッキ「BIRTH」をベースにしながら、ヤギ革のライニングを採用しています。ソールもクッション性があるので、型くずれしにくく履きやすさも向上しました。品の良いフォルムをそのまま受け継ぎながら、スポーツシューズなのにドレス顔というのも頷けますね。

男っぽいミリタリー感はブーツが決め手

パラブーツ / 6アイレット レースアップ ブーツ / BERGERAC
ムーレー / フーデッド ダウンコート / MARCO-WCO
セッテフィーリカシミア / BR別注 タートルネック ニット (カシミア&シルク)
ピーティートリノ / BR別注 テクノ ウォッシャブル ウール 1プリーツ パンツ

カーキカラーがミリタリー風味を醸すダウンコートは、男らしい印象が強めのアイテムです。そこで、あえて男クサさを柔らげてくれる、きれいめニットを合わせるのが大人のスタイリング。白のタートルニットは、まさにそんなコーディネートに最適です。ボトムズもグレーのウールパンツでドレスを意識した合わせ方が望ましいのではないでしょうか。

ここで華奢なスニーカーを合わせてはバランスが取れないのは、これまでと同様。足元には断然ブーツが似合いますよね。しかし大人ミリタリーには相応のクラス感あるブーツが必要、というわけでパラブーツの「BERGERAC」の登場です。

BR初登場となる「BERGERAC」は、6アイレットのレースアップブーツ。リスレザーと呼ばれるたっぷりと油分を含んだパラブーツオリジナルのレザーは、雨に強いだけでなく汚れや傷にも強く、お手入れもしやすいのが特徴です。ミリタリーブーツの持つタフネスな表情を湛えつつ、それでいて本格派過ぎず、大人ブーツの貫禄とラグジュアリーなイメージが同在するのは、このリスレザーのツヤ感ならでは。いまどきな足元作りに一役買ってくれる一足です。

今どきにハマるパラブーツの多彩なバリエーション

左から
パラブーツ / 6アイレット レースアップ ブーツ / BERGERAC
パラブーツ / スウェード ホールカット シューズ / MUSSET
パラブーツ / デッキシューズ / MALO (Paraboot公式オンラインストア)
パラブーツ / スウェード Uチップ シューズ / AVIGNON

パラブーツというと有名な「MICHAEL」のイメージが強いかもしれませんが、こんなにも多彩なモデルを揃えるシューズブランドでもあります。イギリス靴ともイタリア靴とも違う、フランス靴だけに、フレンチカジュアルのように自由な感覚でミックスコーディネートを楽しめるシューズブランドといえるのではないでしょうか。


Paraboot SHOP

青山店
東京都港区南青山6-12-3
TEL. 03-5766-6688

銀座店
東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX
TEL. 03-3289-1601

大阪店
大阪市中央区南船場4-6-15
TEL. 06-6251-1125

札幌店
北海道札幌市中央区南2条西3‐12‐2 トミイビル No.37 1F
TEL. 011-219-0451

Paraboot 公式オンラインストア
https://paraboot.shop

CREDIT

Producer : 大和一彦 / Styling & Direction : 四方章敬 / Photographer : 渡辺修身 / Hair&Make : Takuya Baba (Sept) / Writer : 池田保行 (ゼロヨン) / Designer : 中野慎一郎 / Model : Brodie scott (BRAVO)

TAGS

関連特集記事

LOAD MORE

loading

最新記事

LOAD MORE

loading

paul&shark MooRER
RakutenPay

*当サイトの税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。 お間違えになりませんようご注意ください。