• TOP
  • FEATURE
  • 新時代にも融合するマリア・サンタンジェロ

Maria Santangelo Recommend Style / 2020AW Vol.1新時代にも融合するマリア・サンタンジェロ

2020.11.13

カジュアル化傾向でドレスシャツは不人気?と思われるかもしれませんが、マリア・サンタンジェロはそんなことはなく、しっかりクローゼットの中で生き残っています。タイドアップスタイルは、より特別なものになったうえに、カジュアルに着るシャツには新たなトレンドも生まれています。そんな新時代のシャツをマリア・サンタンジェロからご紹介しましょう。


イージーケアが定番化した最強のナポリシャツ

マリア・サンタンジェロ / イージーケア コットンピケ カッタウェイ カラー シャツ
ガボ / ナチュラルストレッチ サキソニー 3B スーツ
フランコバッシ / 四織混 ストライプ タイ
カルロ リーバ / コットン ハンドロールチーフ

最近はスーツをクルーネックやタートルで着るのが一般的になったことで、ドレスシャツを着る機会は減っていると思われがちですが、かえって衿羽根付きのシャツを着ることで好感度が上がるとあって、あえて着る人が少なくないそうです。確かにこれまでのように誰も彼もがネクタイをしなくなったことで、タイドアップスタイルはステイタス化していて、社会的地位の高い方や、スーツ&ジャケットのお洒落を楽しむ余裕のある方ほど、ネクタイをすることで差別化を図っています。

シャツを愛するナポリのエッセンスが詰まったマリア・サンタンジェロなら、そんなステイタスシャツとしての役割を十分果たしてくれるでしょう。しかも今夏話題となった、イージーケアが定番化して、さらに着やすくなりました。イタリア三大シャツ生地メーカーのひとつ、アルビニ社のコットンツイルは、シワになりにくいので、前日にアイロンを掛けるのが面倒に思われるなら、そのまま着ても大丈夫。もちろんアイロンやスチームも従来より楽に掛かります。

襟型はカッタウェイカラーの「パリージ」。ボディはジャケットの中で余計なシワが寄らない「スーパースリムフィット」。イージーケアでタイドアップもノータイもこなせるとあれば、最強のドレスシャツといっていいのではないでしょうか。

ジャケットにウエスタンシャツという最新を着る

マリア・サンタンジェロ / コットンツイル ウエスタン シャツ
デ・ペトリロ / BR×イセタンメンズ ウール&カシミア ヘリンボーン 3B ジャケット
ベルナール ザンス / ストレッチ ウール 2インプリーツ パンツ

ノータイ派に最近話題なのが、スーツやジャケットにウエスタンシャツを合わせる着方です。ウエスタンシャツはヨークやスナップボタン、フラップポケットなどといったVゾーンから覗くディテールが多々あって、ドレスシャツよりアクセントになりつつも、盛りすぎない絶妙な味わいがあり、昨年あたりからイタリアの洒落者の間でも注目されていました。しかしながら、日本で一般的なウェスタンシャツは、アメリカ由来のコテコテのタイプが多くて、どうも浸透しなかったようです。

しかしマリア・サンタンジェロのウェスタンシャツは、コットンツイルですっきり顔。オフホワイトのコットンツイルに、ヨークの切り替えやドット型のスナップボタンもさりげなく大人が着やすい仕上りです。ほどよいゆとりあるボディと洗い加工されたこなれた雰囲気は、カジュアルにジャケットを羽織る着方にぴったりですし、着丈も短めになっているので、春先なら一枚で着てもサマになりそう。

もちろん仕立てにはマリア・サンタンジェロならではのハンドワークを取り入れていて、ナポリのカミチェリアならでは。新しいノータイスタイルとして、ぜひトライされてはいかがでしょう。

男の“余裕”を見せるリラックスシャツ

マリア・サンタンジェロ / コットンネル ツイル オープンカラー シャツ
フェデリ / 胸ポケ付き ショートスリーブ クルーネック Tシャツ
ベルナール ザンス / ストレッチ ウール サイドアジャスター 2インプリーツ パンツ
フラテッリジャコメッティ / カーフスコッチグレインローファー

ジャケットのインにタイドアップする着方から、カジュアルにシャツを羽織る着方へと移行するなか、アウターシャツを提案するブランドが増えています。そこで今春、マリア・サンタンジェロが提案した新作「フィジー」の秋冬版として、コットンネルのモデルが登場しました。

オープンカラーで程よくゆとりあるボディはシェイプのないボックス型のシルエット。裾をアウトしても似合うように、着丈も長めにとられています。リラックスカジュアルが似合うアウターシャツとして着るのも余裕なので、インのTシャツを覗かせて着るのがよさそうですね。

ここでのパンツはワイドシルエットを合わせるのがいいでしょう。トップス&ボトムズをワイド&ワイドで合わせるのが、最新のシルエットメイクだからです。ゆったりと余裕あるシルエットは、そのまま男の余裕を表します。心持ち的も経済的にも余裕ある男を見せるのに、うってつけのスタイリングといえそうです。

CREDIT

Producer : 大和一彦 / Styling & Direction : 四方章敬 / Photographer : 川田有二 (Riverta Inc.) / Hair : Takuya Baba (Sept) / Writer : 池田保行 (ゼロヨン) / Designer : 中野慎一郎 / Model : DAVID L. (BRAVO)

TAGS

関連特集記事

LOAD MORE

loading

最新記事

LOAD MORE

loading

paul&shark MooRER
RakutenPay

*当サイトの税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。 お間違えになりませんようご注意ください。