BLOG / Kentaro Matsuo

TITLE

八木公徳さん

2020.01.11

八木公徳さん
バー ブリッジ オーナー

各国の大使館や高級レストランが軒を連ねる広尾を抜け、天現寺の交差点から、首都高と並走する明治通りを上っていくと、左手に小さなバーがあらわれます。重厚なバーカウンターとスツール、レザーソファを擁した店内には、膨大な数のグラス、灰皿、時計、ランプ、オブジェがところ狭しと並べられています。表の喧騒が嘘のようなデカダン空間には、馥郁たるシガーの香りが漂っています。それが今回ご紹介するシガーバー ブリッジと、そのオーナーの八木公徳さんです。

ここは以前このブログにもご登場頂いた、シガー通のプロレスラー、ウルティモ・ドラゴンさんの行きつけで、他にも篠山紀信さんや島地勝彦さんをはじめ、各界の有名人が多く出入りしています。最近では、ウチのフクヘン、ユーコー・フジタもちょくちょく顔を出すとか。皆この店とオーナーが持つ、唯一無二の個性に惹かれているのでしょう。

「私のファッションのポリシーは“マスターベーション”です。自己満足のために、着たいものを着ているだけ。そういう意味では、この店自体がファッションですね。自分の好きなものを少しずつ集めていったら、こうなってしまった。“お客さんのため”なんて考えたこともないんですよ(笑)」

シガー界では有名人の八木さんですが、実はタバコは吸えないのだとか。

「小さい頃は病弱でした。小児ぜんそくだったのです。ですからタバコなどはもってのほか。高校生の時に先輩から『八木、お前も吸えよ』とタバコを強要され、フカしてごまかしていたら、すごく馬鹿にされました。それがトラウマになった(笑)。でも大学に入ってアメリカへ行き、シガーというものを知ってから、考え方が変わりました。“なるほど、吹かすだけでいいんだ。カッコいいなぁ”と。それからシガーに夢中になりましたね。今でも私はタバコは吸わないし、シガーの煙も肺には入れません」

今では“超個性的”な八木さんですが、以前はフツウの人だった時代もあったようです。

「私が大学を出た頃は、ちょうど就職氷河期で、まったく働き口がなかった。仕方がないので、弁当配達人として働いていたこともあるんです。しかし葉巻は大好きだったので、シガーを吸いに、広尾の“ラファイエット”というバーへ通っていました。そこのオーナーが造形作家の脇田愛二郎さんで、彼にスカウトしてもらったのが、この業界に入ったきっかけです。それから、アートディレクターの渡辺かをるさんが経営していた青山のアンティーク&シガーの店“デイリーキャッチ”でも働きました。このおふたりには、とても影響を受けましたね」

ふたりの有名なアーティストのもとで経験を積んだ後、独立。17年前にブリッジをオープンされて以来、独自のスタイルを追求されてきました。

ジャケットは、銀座の老舗、壹番館洋服店でオーダーしたもの。

「これはスモーキング・ジャケットと言って、シガーを吸うときに着るためのものです。壹番館の社長、渡辺新さんがウチの常連で、作ってもらいました。ラペルは本物のシガーバンドを縫い合わせて作ってあるんですよ」

ボウタイはグッチ。

「実はこれは安全ピンがついたブローチだったのです。紐をつけて、ボウタイとして使えるようにしました」

シャツとジーンズは、なんとユニクロです。

サングラスは、イギリスのリンダ・ファロー。
「ミコノス島で買いました。私はリゾートが大好きなのです」

時計は、ラルフ ローレン。
「日焼けをするのが大好きなので、焼けた肌に似合うのはイエローゴールドだと思って買いました」

“幸・福”の文字が印象的なルームシューズは、フランスのマシュー・コックソン。

「私はルームシューズが大好きなのです。よく葉巻の仕入れでロンドンへ行くのですが、ジョージ・クレバリーにオリジナルのワッペンを持ち込んで、ルームシューズをオーダーしています。ワッペンはどこで買うのか、ですって? ヤフオクで入手するんですよ(笑)」

かつてはローリング・ストーンズの“ベロマーク”やマックのリンゴマークを持ち込んだこともあったそうですが、「コピーライトの問題があるので」と断られてしまったそうです。

さてリゾート好きの八木さんが、いま一番夢中になっているのが、クルーズです。

「主に地中海やアドリア海で、シルバーシーやリージェント セブンシーズ(いずれもクルーズ会社)の客船に乗ります。そういったクルーズ船では、ドレスコードが細かく決められています。日本人は嫌がりますが、私にとっては、それこそが楽しいのです」

船内で人脈が広がることも多いとか。

船で一番怖いのは火災です。ですから喫煙場所は厳密に決められていて、いい船だと、きちんとしたシガールームを備えています。そういったところへ集まる人は、だいたい決まってきますから、話が弾み、友人になることもよくあります」

八木さんの“シガ友”には、THE RAKEのインターナショナル編集長、ウェイ・コ―もいるそうです。

雑誌で扱っているくせに、私自身はシガーにはまったく明るくないのですが、八木さんに師事して、少し勉強してみようかな。

まるでシガーの紫煙のように、深く不思議な人でした。

 

THE RAKE
https://therakejapan.com/

PROFILE

松尾 健太郎

松尾 健太郎

THE RAKE JAPAN 編集長


1965年、東京生まれ。雑誌編集者。 男子専科、ワールドフォトプレスを経て、‘92年、株式会社世界文化社入社。月刊誌メンズ・イーエックス創刊に携わり、以後クラシコ・イタリア、本格靴などのブームを牽引。‘05年同誌編集長に就任し、のべ4年間同職を務めた後、時計ビギン、M.E.特別編集シリーズ、メルセデス マガジン各編集長、新潮社ENGINEクリエイティブ・ディレクターなどを歴任。現在、インターナショナル・ラグジュアリー誌THE RAKE JAPAN 編集長。

2020.08
SMTWTFS
           1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
RakutenPay

*当サイトの税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。 お間違えになりませんようご注意ください。