EDITORS' CHOICE / ASTILE houseAH的な押し”コート”

2018.10.11

いよいよ各ショップでもコートのラインナップが揃い始め、今年のコート選びが楽しくなるタイミングとなってきました。

ここ数年続く”クラシック回帰”の流れから英国的なコートに注目が集まっていますが、ASTILE houseでは英国をベースとしながらも、よりディテールや生地に凝ったネオクラシックとも言うべきAH的なラインナップを取り揃えています。

そこで今回は、その中でもAH的な押しとなる新作”コート”を使ったスタイリングを紹介させていただきます。

  

オーセンティックな雰囲気が魅力のチェスターコートを軸に、タートルネックやフランネルパンツを合わせ季節を意識したウォーム感溢れるスタイルにまとめたこちら。

落ち着いた印象になりがちなブラウントーンをメインとしながらも、モノトーンのアイテムを効果的に使うことでスタイリングをモダンな印象にまとめているのが今回のポイントです。

その中でも気になるのは、やはりこちらのコートではないでしょうか。

  

やや長めの着丈にフラップ付きポケット、胸元にはシックなバルカポケットが付くクラシカルな表情が特徴となるこちらのシングルチャスターコートは、「THE GIGI」からチョイスしたニューモデル”ATLAS/CV”。

襟の切り返しの部分にコーデュロイ生地を使うことで、クラシカルな雰囲気のチェスターコートにいい意味でノスタルジックな匂いを演出しているのが特徴です。

上質なウール素材を使ったツイルファブリックは、がっしりとした打ち込みの強い編み地ながらもコンフォートな着心地を意識した柔らかな生地感となっており、チェスターコート特有の重々しい雰囲気を感じさせない軽快な仕上がりに。洒落たトーンのブラウンカラーも魅力で、まさに秋冬シーズンの主役と言えるモダンな表情となっているのではないでしょうか?

インナーにはアイコニックなボーダーラインが目を引くミドルゲージのタートルネックニットを合わせ、品の良いカジュアルスタイルを意識したトレンド感のあるコートスタイルを演出しています。

パンツには、こちらも季節には欠かせないフランネル素材の一本をセレクト。
ブラウントーンのスタイリングを引き締めるブラックのトラウザースは、起毛感のある生地にありがちな野暮ったさを感じさせないシャープな表情が魅力です。
レザーシューズではなくあえてスニーカーを合わせることで、かっちりとしすぎないこなれ感のあるスタイルを意識しています。

 秋冬シーズンに欠かせないコートスタイルですが、やはりポイントは「どんなコートを選ぶか?」というところ。
AHが押すネオクラシックなコートで今年らしい秋冬スタイルを楽しんでみてはいかがでしょうか。


TAGLIATORE GRAN SASSO

*当サイトの税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。 お間違えになりませんようご注意ください。