EDITORS' CHOICE / ASTILE house別注“スーツ”から目が離せない!!

2018.09.28

いよいよ発売を迎える「LEON」×「THE GIGI」の極上ファブリックを使った別注“スーツ”。
シーズンで話題になるアイテムは数あれど今回の別注ほど注目を集めているアイテムはあまり多くなく、早くもどのように着こなすかを考えている方も多いのではないでしょうか?
そこで今回のスタイリングでは、そんな今季の本命とも言えるスペシャルな“スーツ”を使った着こなしをご紹介させて頂きます。




主役となるネイビースーツを軸にモダンな色柄使いのタイを使ったVゾーンが目を惹くこちらのスタイル。
ビジネスを意識したタイドアップスタイルながらも適度な洒落感と軽やかさを感じさせる軽快なスタイリングとなっており、いい意味でかっちりしすぎていないのがポイントです。

やはり気になるのはメインとなる別注“スーツ”。




雑誌「LEON」のスペシャルオーダーとなるこちらの別注“スーツ”は、シーンを問わず着用できる大人の“柄スーツ”をテーマに、トレンドセッターである「THE GIGI」にオーダーをかけたスペシャルなアイテム。 

組上のジャケットは、2つ釦のサイドベンツ仕様にチェンジポケットが付くクラシカルなディテールとなっており、コンフォートな着心地を実現した同ブランドらしい軽い仕立てが特徴。
一見、オーセンティックな仕様となっていますが、この程よいクラシック感と軽やかさが“わかってる”感を演出し、スーツらしからぬこなれた印象を与えてくれています。




生地には、イタリア高級生地メーカー”ロロピアーナ”社からセレクトしたリッチな艶感と極上の肌触りを誇る”ZELANDER(ジランダー)”をセレクト。
繊維が長く耐久性にも優れるニュージーランド産のメリノウールを繊細に織り上げて表現したハウンドトゥースパターンは、立体感がありながらも品のある、まさに大人の”柄スーツ”の名に相応しいファブリックとなっています。




組下のトラウザースは、美しいテーパードラインが魅力の1プリーツが入る一本。
トレンド感がありながらもスーツの組下らしくすっきりとしたシルエットとなっているのがポイントで、スーツスタイルにモダンな印象を与えてくれています。
今回は、レースアップのセミブローグを合わせエレガントなスーツスタイルを意識しています。




シーンを問わずということで、着流しスタイルにもマッチするのがこちらの別注“スーツ”のスゴさのひとつ。
秋冬では欠かせない存在となるミドルゲージのタートルネックを合わせて、品のよいカジュアルスタイルを楽しむのも旬の着こなしではないでしょうか?
こちらではモノトーンのニットを合わせ、スーツの柄感が際立つスタイリングを意識しています。

タイドアップのBIZスタイルとニット合わせの2パターンをご覧頂いた今回のスタイリング。

ネイビーベースとなっているだけに幅広い着こなしが楽しめるのも「LEON」ならではのコダワリ。
話題騒然の「LEON」×「THE GIGI」の別注“スーツ”で、今シーズンのスーツスタイルを楽しんでみてはいかがでしょうか。

TAGLIATORE GRAN SASSO

*当サイトの税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。 お間違えになりませんようご注意ください。