EDITORS' CHOICE / ASTILE house大人が求めるイマドキな “シューズ”

2018.09.21




「オシャレは足元から」という言葉があるように、どんな靴をどのように履くか、という点は、コーディネートの良し悪しを左右すると言っても過言ではありません。 
そんな重要なアイテムだからこそ、カジュアル化の進むメンズファッションのトレンドと、大人のたしなみとしてエレガントかつ上品な装いをしたいという“大人ゴコロ”を満たすイマドキな“シューズ”選びが大切になってきます。

そこでフォーカスしたいのが、今シーズンより取り扱いを始めた、“エレガント”でいて、“コンフォート”という異なる二つの要素を持ち合わせた新鋭シューズブランド「MULO(ムーロ)」の存在。


『2013年創業し、ロンドンを拠点としたシューズファクトリーブランド「MULO(ムーロ)」。
ブランドアイコン的な存在として位置付けられているのがエスパドリーユをベースとしたスリッポンですが、従来のリゾートシーンでの履くシューズではなく、ドレスダウンからカジュアルアップまでシーンに合わせ表情が変化し、機能的でコンフォートな履き心地となっているのが特徴。
全ての商品を熟練された職人達が手掛け、100ステップの工程を3日間掛けて仕立てていくことで、シンプルな表情の中にエレガントな雰囲気やきめ細かな質の高いコレクションをリリースしており、世界60ヵ国以上の国々で支持されるファッションシューズブランドとして注目を集めています。』

スタンダードなエスパドリーユ、ローファー、ヒールカットモデルなどシーンに合わせた数多くのスタイルを持つ同ブランドのコレクションですが、今回ASTILE houseがセレクトしたのがミニマルな表情が魅力のスエードスリッポンタイプ「SLIPPER(スリッパー)」モデル。



適度にボリューム感のあるアイコニックなラウンドシルエットとなるこちらのモデルは、アッパーの被り部分をやや浅めにすることでリラックス感のある表情と包み込むような履き心地を両立した、まさにイマドキと言えるコンフォートな仕様となっています。 





アッパーには、薄く繊細なスエードレザーを使用することで見た目の高級感はもちろん、履き馴染みのよい柔らかな仕立てとなっているのが特徴。 
クォーターライニングにはキルティング加工を、インソールはムートン素材を採用することで高い保温性とクッション性を実現しているのもうれしいポイント。 







耐久性の高いラバーソールには高密度でしっかりと硬さのあるもの使用することで、ラバー素材ならではのグリップ感だけではなく、足への負担を軽減した快適な履き心地となっています。 アッパーとのコントラストも洒落ていて、カジュアルな雰囲気になりがちなスリッポンのスタイルにメリハリを与え、どこか品の良さを感じさせる見えがかりに。 





軽快なスリッポンタイプながらもしっかりとこの時期らしさを感じさせるアッシュがかった色出しも魅力のひとつで、ブラック、ブラウン、グレー、ホワイトと「SLIPPER」モデルの全カラーを展開しているASTILE house。

色によってのキャラクターの違いやそれぞれの良さがあったため、最終的に選べなくなったのはココだけの話…。





ワントーンでモダンなブラックは、スラックスにもデニムにも合わせやすく、普段のスタイルにすぐに取り入れやすい“オトナ”カラーの定番。 こちらは、ソールと全体のカラーがトーンonトーンになっている為、よりシックでモダンな表情に仕上がっています。 





“CHOCOLAT”という表記の深いトーンのブラウンは、素材・カラーの印象からローファーのような表情を纏っており品の良い大人な雰囲気を演出するカラーとしてお勧め。 かかと部分のストラップの配色も洒落感を演出しているのではないでしょうか。 





グレーは、アッシュトーンが美しいこちらの色味はグレーと言うよりグレージュに近く、今季注目のカラーのひとつ。
モノトーンカラーならではのモード感の溢れる都会的なイメージとスリッポンらしいリラックス感のあるこなれた表情のバランスが秀逸な一足。
ブラウン同様にストラップのオレンジが目を惹きます。





“WHITE”と表記されたこちらは淡いトーン使いが魅力のサンドベージュカラー。
スエードの素材感を堪能できるサンドベージュは、どこか海を感じさせる爽やかな色目となっており、カジュアルスタイルを彩るのにお勧めです。

まさに、大人が求める“エレガント”でいて“コンフォート”なイマドキ感の詰まった「MULO」のスリッポン。
カラーバリエーションも豊富に取り揃え、それぞれが違う表情を演出するという、ある意味ではスニーカーの感覚にも近いスリッポンとも言えますが、大人にこそ選んで頂きたい格上げ“シューズ”としてイマドキな足元に欠かせない「MULO」という選択肢を選んでみてはいかがでしょうか?


TAGLIATORE GRAN SASSO

*当サイトの税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。 お間違えになりませんようご注意ください。