• TOP
  • FEATURE
  • ヴィンテージリッチを体現する 「GBS trousers」

GBS Recommend Style / 2018AW Vol.1ヴィンテージリッチを体現する 「GBS trousers」

2018.11.20

進化系パンツトレンドを牽引する「ジャブスアルキヴィオ」の兄貴ブランドをご存知でしょうか。それが同じ工場で生産されている「GBS trousers」。今季より「ジャブスアルキヴィオ」のディレクター中新井淳平氏が舵を取り、フィレンツェのパンツ専業ファクトリー「ジャブス」で一貫生産されています。


ヴィンテージクラシックな「GBS trousers」ラインに注目!

ジービーエス / 1プリーツ ポリコットン ツイル パンツ
シカス / スエード シャツジャケット
フェデーリ / カシミア クルーネック ニット
パラブーツ / グレインレザー Uチップ シューズ / グッドイヤー

パンツの専門ファクトリーとして半世紀以上も前にフィレンツェで誕生したジャブスは、三代目のコジモとロレンツォの代に「ジャブスアルキヴィオ」をスタートさせました。クリエイティブディレクタ-には、ミラノの名店エラル55やブライアン&バリーでキャリアを積んだミラノを拠点に活躍中の日本人・中新井淳平氏が就任。いち早くB.R.ONLINEが取り上げ、進化系パンツのトップブランドとして、いまや大人気なのはご存じの通りです。

そのジャブスには「GBS trousers」という、クラシックなドレスパンツのラインが存在します。どちらかというと昔ながらのサルトリア仕立てのパンツコレクションだったのですが、中新井氏が手を入れることで、男っぽいヴィンテージリッチなドレスパンツのコレクションへと生まれ変わりました。

その代表的なモデルがこちらの「TIGRE」。虎眼石(TIGER)のイタリア語を冠したモデルはワンプリーツの今風モデルで、今風進化系よりシャープなストレートシルエットが特徴的です。生地もラギッドな素材ですが、ピシッとクリースの入ったシルエットでオンのジャケットスタイルからオフのレザーまで対応できそう。こんなふうにスエードのジャケットと組み合わせれば、ジャブスアルキヴィオとはひと味違う、ゴリッと男っぽいスタイリングが仕上がります。

サルト仕立ての技法を継承した手の込んだ作り込み

仕立ては高級サルトリアの技法を踏襲したもので、細部まで作り込まれている事がわかります。ブランドロゴとともにマーベルトに織り込まれているのは「不死鳥(フェニックス)」。クラシックは死なず、アップデートしていかねば消えていく危険性を孕んでいるの意。

NEXTショート丈のトップスと相性のいい腰ユル&テーパード
1 2 3
CREDIT

Producer : 大和一彦 / Styling & Direction : 四方章敬 / Photographer : 野口貴司 (San Drago) / Hair&Make : Takuya Baba (Sept) / Writer : 池田保行 (ゼロヨン) / Designer : 中野慎一郎 / Model : Dorde (Cinq Deux Un)

TAGS

関連特集記事

loading

最新記事

LOAD MORE

loading

TAGLIATORE BAGUTTA
RakutenPay

*当サイトの税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。 お間違えになりませんようご注意ください。