• TOP
  • FEATURE
  • デ・ペトリロの柄ジャケを無理せず大人が着こなすテク

トガオシ。Vol.39デ・ペトリロの柄ジャケを
無理せず大人が着こなすテク

2019.01.31

柄物のジャケットって、個性が強いと敬遠する方もいると思います。じつは戸賀さんもそうでした。でも、色柄ジャケット攻略のテクニックを知ってから、アイテム選びの幅が一気に一気に広がったそうです。その背景には、あの「トガベージュ」との出会いがありました。


誰にでもできる柄物ジャケットの着こなし方を伝授

デ・ペトリロ / グレンプレイド 3B ジャケット
セッテフィーリカシミア / ハニカムメッシュ クルーネック ニット (リネン・コットン)
ピーティーゼロウーノ / ノープリーツ ストレッチ コットン ツイル パンツ

今日の戸賀さんのジャケットは、グレンプレイドに赤い格子柄がアクセント。いつも愛用しているデ・ペトリロですね。

「じつはこれまで編集者として、いろんなチェックを紹介してきたけれど、自分で着るチェックって、ネイビーのウィンドーペーンとか、ハウンドトゥースの遠目無地とか地味めのものばかりだったんです。食わず嫌いというか、自分のモノじゃないという気がずっとしていて。でも、今シーズンのデ・ペトリロのチェックに一目惚れ。そこで試しに着てみたら、あ、こう着れば意外とイケるじゃんって、新しい発見ができたんです。」

一見赤い格子柄に躊躇いそうですが、グレンプレイドなら柄浮きも抑えられているので、派手さはそれほど感じないですね。それよりなにより、柄物をジャケット一点に絞っているので、すっきり見えるんです。グレンプレイドコーディネートの正解として、教科書に載っちゃいそうです。

「このテの柄物の着こなし方にはテクニックがあるんです。他のアイテムは白、黒で押さえるってのが大事。 “色柄は一点、あとは白黒”。このルールさえ守れば、誰でもこれまで敬遠してきたアイテムが簡単に取り入れられる。これさえ知っておけば、いろんな服が着られるでしょ。」

なるほど、白と黒を活用すれば、配色を悩むこと無くスタイリングできますね。あれこれ色柄を考えて組み合わせるのもお洒落としては楽しいことなんですが、そればっかりに時間を費やしてばかりいられないのでありがたいです。それにアイテム選びの際に、これは自分には似合わなそうとか、これは着こなし方が難しそうだとか、否定から入るより、どうやったら着こなそうかと考えたほうが、絶対に服が楽しめますもんね!

「そう、いますっかり僕のクロゼットで定番色になったベージュも、最初は自分には似合わないと思ってた色なんだけど、初めてウィンターホワイトと合わせたときに、これだ!って思ったんです。白とか黒とか無色のアイテムと合わせれば、ベージュでも赤い格子柄でも、簡単に着こなせる。もっと皆さんに色柄を楽しんでもらうためにも参考にしてほしいですね。」

いまや日本一ベージュが似合うと評判の戸賀さん。ご自身がディレクターを務めるブランドでもベージュのラインナップが増えているそう。ちなみに、あのベージュのトーン、業界では“トガベージュ”と呼ばれているそうですよ。

パンツはあえてノープリーツな理由

戸賀さんのコーディネートを細かく見ていくと、インのニットはセッテフィーリカシミヤのハニカムメッシュ。普通のハイゲージでないところが技ありですが、リネンを混紡したコットンニットは、同じくリネン混のジャケットとも相性が良さそうです。白パンはPT01ですが、ノープリーツの細身シルエットですね。いまどきはワンプリーツが主流ですが、あえてのセレクトですか?

「PT01のスキニーフィットモデルは国内正規ではB.R.SHOPでしか扱われていない、いまでも毎シーズン完売する大人気モデルです。大人世代に安心できるシルエットは、クラシコイタリアに慣れ親しんだ世代にとって、最近主流のプリーツパンツより履きやすいですから。特にチェック柄のジャケットを着る時、このスキニーフィットモデルにすることで大人のバランスがとれるから重宝しますよ。」

プリーツパンツからノープリーツの時代へ移り変わってから20年ぐらいでしょうか。また原点回帰しているわけですが、2プリーツ時代を知らない若い人ならともかく、昔を知る大人にとっては「いまさらプリーツかよ」という思いが無くもないですからね。

「プリーツ入りで、リアルに腰回りがゆったりしているパンツは、バブルを知ってる世代の本音からすると若干抵抗あるはずです。飾りで入っている進化系パンツぐらいがちょうどいい。それにデ・ペトリロのジャケットを見てもらえばわかると思いますが、段返りのシングル3ボタンでパッチポケット。これが今どきのトレンドからいえば、チェンポケ付きでシングルピークとなりそうなところ、あえて抑えて色柄だけで攻めているから大人は手が出しやすいんです。」

何事も過ぎたるは及ばざるが如し。戸賀さんの、やり過ぎないトレンドの取り入れ方、いつも参考になります。

INFORMATION


B.R.SHOP 店舗限定 「PT」 イベントを開催!

今シーズンのB.R.SHOPでは、カラーバリエーション豊富に別注の"GENTLEMAN FIT"や、スラックスのように上品に穿けるデニムなどラインナップ。

イベント開催期間中にB.R.SHOP店頭にて「PT01」「PT05」をお買い求め頂いた方に限りお直し代が一部サービス! さらに、いまB.R.SHOPでしか手に入らない"SKINNY FIT"を採用した2019秋冬シーズンアイテムの予約受注販売会も合わせて開催します!

B.R.SHOP店頭にて、ぜひお気に入りのPTを見つけてください。
スタッフ一同、ご来店をお待ちしております。

開催期間:2019年2月1日(金)〜2月11日(月・祝日)

※本イベントはB.R.SHOP店頭限定となります
B.R.ONLINEにてPTをお買い上げの場合はイベント特典の対象外となります。
ご注意くださいませ。

CREDIT

Producer : 大和一彦 / Photographer : 鈴木泰之 / Writer : 池田保行 (ゼロヨン) / Designer : 中野慎一郎

TAGS

関連特集記事

LOAD MORE

loading

最新記事

LOAD MORE

loading

BAGUTTA PT
RakutenPay

*当サイトの税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。 お間違えになりませんようご注意ください。