DORMEUIL POP UP SHOP
  • TOP
  • FEATURE
  • ライダースだけじゃない、エンメティの最新コレクション

EMMETI Recommend Style / 2019AW Vol.1ライダースだけじゃない、
エンメティの最新コレクション

2019.10.07

シングルタイプのレザーライダースで人気を博すエンメティ。コレクションにはライダース以外にも、気になるレザーアウターが豊富に揃っています。そのあたりを、ちらりとお見せしましょう。


A2フライトジャケットをモードな表情の街着に

・エンメティ / レザーブルゾン (インテレプレ)
セッテフィーリカシミア / クルーネックニット
PT01 / 1プリーツパンツ
フラテッリジャコメッティ / ローファー

都会的な着こなしができるミニマルなデザインのライダースが人気のエンメティは、フィレンツェ近郊の町ヴィンチのファー&レザーガーメント工房から誕生したラグジュアリーアウターブランドです。ライダースの人気は不動ですが、アウターコレクションはそれだけでなく、様々なラインナップを誇っています。今回はその一部をご紹介しましょう。

ライダースのコレクションは「JURI」や「ANDREA」といったシングルタイプが人気ですが、こちらはフライトジャケットタイプの「COLIN」。いわゆるA-2タイプジャケットと呼ばれる型で、衿付きのジップアップ、腰ポケットがパッチ&フラップになっているのが特徴です。

モダンでスリムなシルエットにリモデルされ、ラムナッパのレザーは軽く柔らか。ジャケット感覚で羽織ったら、袖カフをターンナップするアレンジがこなれた印象を醸します。インはシルクカシミヤのクルーネックニット。もちろんボトムズはグレスラにして、足元はローファーというのがシンプルでエレガントなラグカジイメージです。

あえて色を使わず、黒のレザーからグレーのニット、そしてボトムズまでモノトーンのグラデーションで着るのが都会的でモードな気分。なんなら黒のテーラードジャケット代わりに、このぐらいのエレガンスが醸せるほど。「テーラードジャケット代わりのレザージャケット」というのが、エンメティならではと言えるでしょう。

A2のディテールをそのまま踏襲

ポケットはパッチ&フラップ。A2フライトジャケットに特徴的なディテールデザインを踏襲しています。ちなみにオリジナルのA2は袖・裾がリブ仕上げになっていますが、「COLIN」はあえてリブを排すことで、余計な装飾を削ぎ落としたミニマルでモダンなデザインが採用されています。

ムートンコートをミニマル&スタイリッシュに

・エンメティ / ムートンコート (インテレプレ)
フェデーリ / クルーネックニット
PT01 / 1プリーツパンツ
C.QP / スリッポンスニーカー

ラグジュアリーが際立つムートンですが、着方が難しいのが玉に瑕。でもエンメティの「NAT」なら、チェスターコートのように上品で、スマートに着こなせます。その理由はムートンファーの分量を活かしながら、ボリュームを押さえたシルエットに仕上げているから。着丈もほどよく膝上丈で、ムートンにありがちなロング&ローなボリューム感にならないんです。しかもファーの毛足もほどよくカットされているので、やけにゴージャスなヘアリーファーとは一味もふた味も違います。

だからこそ着こなしもシンプルにまとまるんです。インはクルーネックのニットをカットソー代わりに、ボトムズはグレスラにスリッポンスニーカーという具合い。こんなカジュアルな着方も、ランクアップしてくれるムートンコートは、他にちょっと無いのではないでしょうか。

ファーの毛足も控えめで上品なんです

ファーの毛足は、一般的なムートンより抑えめながら美しい艶が浮き上がります。スエードの質感もしっとりと上品で、ドレッシーなコートを羽織っているかのよう。衿もコンパクトにデザインされているので、このテのコートにありがちな強烈な押し出し感がないのもポイント。タイドアップしたスーツの上から着る強面ゴージャスムートンではなく、なんならTシャツの上からカジュアルに羽織れる新感覚のムートンといえるかもしれません。

スポーティなダウンとラグジュアリーなムートンを融合

・エンメティ / ムートンダウンコート (インテレプレ)
グランサッソ / タートルネックニット
PT01 / 1プリーツパンツ
フラテッリジャコメッティ / ローファー

ダウンコートもエンメティの手にかかればご覧のとおり。ファートリムのフード付きコート「GREY」は、ムートンとダウンのハイブリッドコート。N3-Bをベースにミリタリーな雰囲気を都会的にアレンジして、ボディはダウン、フロントと前立て、袖口をムートン、加えてレザースリーブにすることで、スポーティなダウンにラグジュアリーな気分をプラスしています。ダウンはポーランド産ホワイトグースで、750フィルパワーという高品質。スリーブの細さから、スタイリッシュでモダンなシルエットが、アウトドア・スポーツ系のダウンとは別物であることを物語ります。

こちらの着方はムートン同様、カジュアルに羽織るのが基本です。インはタートルニットにして、ボトムズは黒スラ、足元は素足にローファーという都会の冬ならではのスタイリングが似合います。

ムートンのディテール使いがダウンを格上げ

各部にムートンを使うことで、スポーツウェアのダウンジャケットをラグジュアリーの域に高めました。ここまでラグジュアリーに仕上げたN3-Bが、かつて存在したでしょうか。


商品に関するお問い合わせ先:
インテレプレ 03-6804-3861

https://www.emmetiofficial.com

CREDIT

Producer : 大和一彦 / Styling & Direction : 四方章敬 / Photographer : 野口貴司 (San・Drago) / Hair&Make : Takuya Baba (Sept) / Writer : 池田保行 (ゼロヨン) / Designer : 中野慎一郎 / Model : kajus (Cinq Deux Un)

TAGS

関連特集記事

loading

最新記事

LOAD MORE

loading

mclaren De Petrillo Maria Santangelo
RakutenPay

*当サイトの税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。 お間違えになりませんようご注意ください。