• TOP
  • FEATURE
  • NUMBER Mから始める 最新の進化系パンツ事情

NUMBER M Recommend Style / 2018AW Vol.1NUMBER Mから始める 最新の進化系パンツ事情

2018.09.28

バリエーションが増えた進化系パンツ

・ナンバーエム / ダブルクロス ジョッパーズ パンツ
・ラディーチェ / スエード ショート丈 ブルゾン
・フェデーリ / カシミア クルーネック ニット
・パラブーツ / グレインレザー Uチップ シューズ

進化系パンツとして一躍名を轟かせたナンバー エム。B.R.ONLINEでもこれまで何度かご紹介していますが、その人気は右肩上がり。その美しいシルエットと抜群の穿き心地は、パンツ専業のインポートブランドに肩を並べる計算されつくしたもの。ソフトなクリースが入ったリラックスした気分は、グレスラや黒スラとはひと味違います。それでいてしっかりドレスアップにも対応するだけに、大人のスタイリングにぴったりなラインナップ。今季は素材とともにデザインのバリエーションも増え、スタイリングの幅が広がりました。

スエードのGジャンに合わせたモデルは、二重織りでしっかりとした生地感のダブルクロスを採用したジョッパーズパンツ。さらっとドライなタッチにストレッチを混紡している素材感は、しわになりにくく楽チンな穿き心地です。ジョッパーズのように腰回りとワタリにゆとりあるシルエットは、トップスはタイトめに絞ったほうがコントラストが利いてスマートに仕上がります。そこでトップスにはスエードのGジャンをセット。ショート丈でキュッとタイトめのブルゾンやシャツジャケと合わせて、腰回りのゆとりを活かすことで今どき感を煽ってみてはいかがでしょう。


冬の寒さに快適な進化系“暖パン”。

・ナンバーエム / ローゲージニット ドローストリング パンツ
・セッテフィーリカシミア / ハニカム クルーネック ニット (カシミア)

トップスはシンプルに上質なカシミヤのニットを1枚。このスタイリングをパンツが左右することは、いうまでもありません。そこで合わせたナンバーエムは、ローゲージニットのドローストリングパンツ。今春、ドローストリングコード付きのシャカパンとして登場し、人気を博したモデルの秋冬版がニットになって再登場です。しかも、裏面は起毛フリースという暖パン仕様。ウェストはお馴染みのエラスティック仕様ですが、ウェストと裾にドローコードをあしらっていてスポーティな味付けがなされています。


パッチポケットはモード感を演出

ニットパンツというと、どうしても野暮ったいイメージを描きがちですが、進化系パンツとして躍進目覚ましいコチラのブランドなら、その点は心配無用。別布のパッチポケットをあしらうことで、なんともモードな印象に。程よくリラックスした使いやすいシルエットと防寒性の高い機能面でも、秋冬のヘビーローテーションを約束してくれるはずです。


オンのスタイルにも対応する快適スラックスもラインナップ。

・ナンバー エム / ストレッチ サキソニー パンツ
・スティレ ラティーノ / カシミア混 ヘリンボーン チェスターコート
・ザノーネ / 切り替え クルーネック ニット
・フラテッリジャコメッティ / カーフ スコッチグレイン ローファー

ナンバーエムはリラックス系のパンツばかりではありません。よりクラシックな気分で穿ける、ワンプリーツのスラックスタイプも定番としてラインナップされています。こちらはストレッチを混紡したサキソニーパンツで、ジップフロントにベルトループを備えたモデルです。緩やかなテーパードシルエットですので、裾もジャストレングスがちょうどいい感じ。テーラード型のジャケットやコートとも相性がよく、足元もドレッシーなシューズが似合いそうです。オンのスタイリングにも使いやすいうえ、進化系パンツ初心者にも穿きやすいので「進化系パンツって何?」という人にもおすすめです。


快適の秘密はウェストの“ダブルゴム”にあり。

ナンバーエムの快適な穿き心地を約束するのは、1枚のゴムを2つに折って作られるダブルゴム。強度と安定感が増すと同時に、身体にフィットする側はフラットな織り、外側には柄織りを施すことで、穿き心地と見え方にもこだわっています。スラックスタイプの場合も同じく、このダブルゴムが使われているので、ベルトを使うときも締め付ける必要がなく緩めでOK。スタイリングのアクセサリーとしてウェストマークに使えるので、クルマや電車、飛行機での長時間移動も快適。出張の多いエグゼクティブやジェットセッターに支持されている理由はこんなところにあるのです。

NUMBER M
HP http://number-m.jp/
Instagram account @numberm_official

お問い合わせ先
㈱オールウェイズ 03-5952-5958


CREDIT
Producer : 大和一彦 / Styling & Direction : 四方章敬 / Photographer : 畑中清孝 (um) / Hair&Make : Takuya Baba (Sept) / Writer : 池田保行 (ゼロヨン) / Designer : 中野慎一郎 / Model : Andreas Sandby (Donna)
TAGS

関連特集記事

loading

最新記事

LOAD MORE

loading

C+ GRAN SASSO

*当サイトの税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。 お間違えになりませんようご注意ください。