SHOP BLOG

TITLE

20FWニューシーズンアイテムが続々と入荷しています。 JACOB COHEN(ヤコブコーエン)J622 グレーデニム1型、J688 ブラックデニム1型

2020.09.14

4.jpg

かなりしっかりとしたヴィンテージウォッシュ加工が施されたこちらのJACOB COHEN(ヤコブコーエン)のグレーデニム。

恐らくブラックに近い色のデニムを、4回程度ハードにウォッシュする事で数年穿いたようなとても雰囲気のある表情に仕上がっています。

グレーデニムも一昔前に比べて定番のカラーとして根付いてきたと言いますか、ディープなファッション層やモードシーンなんかでは定番として知られた存在でしたが、最近はより一般的に多く消費されるようになったような気がしますね。

ブラックデニムほどシャープでクールなイメージがなく、ヴィンテージウォッシュ加工の入ったインディゴデニムよりは良い意味男っぽくて大人な雰囲気といったところでしょうか。



冬場、例えば重厚なブラックのコートなんかを着る際も、こういったウォッシュのかかったグレーデニムであればいい感じにカジュアルダウンしつつも大人っぽい雰囲気にまとまるんですよね。

キャメルやブラウンといったカラーのアイテムとも非常に相性が良く、ほんのりモード、適度にカジュアルで男らしさがあり、程良いクールさも兼ね備えたモダンカジュアルスタイルを実現してくれます。

4[1].jpg

4[2].jpg
MODEL:J622
MATERIAL:表地:コットン98% ポリウレタン2%

パッチ部分:牛革
COLOR:グレー
SIZE:28.29.30.31.32.33.34
PRICE:53,900yen
こちらで販売しております。




4[3].jpg

先週アップしたJ622ブラックデニムは予想通り反響でして、数日で在庫の半分近くが旅立っていきました…ありがとうございます。

本日ニューアップしたこちらのブラックデニム、パッと見は先週のモデルと変わらない様にみえますが全く別物なんです。

まずは先週のモデルが622シルエットなのに対し、こちらは688シルエットを採用(股上が1.5cm前後深めです)しており、股上がそんなに浅くない方が好み….といった方にはしっくりきやすいかな…といった感じです。



それよりも何よりも先週のモデルとの違いは”生地”なんです。

先週のモノはコットンベースにほんの少しだけストレッチ素材が入った「一般的なストレッチデニム」なのに対し、こちらはレーヨンが非常に多く入った非常に伸縮性の高い素材なんです。

表から見た感じはそんなに違いがわからないものの、生地の裏側を見て頂けるとその違いがわかるかと思います。

そんなこんなでとてむストレッチ性が高く、いつものJACOB COHEN(ヤコブコーエン)のデニム以上にとても快適でストレスを感じさせない穿き心地となっているんですよね。

一般的なデニムの生地感を求めるのであれば先週の622タイプ、穿いた時の快適性をより求められる方はこちらの688といったところでしょうか。



20FWは、シーズンで最も売れるであろうブラックデニムを、しょっぱなから2週連続でお届けしました…

4[4].jpg

4[5].jpg
MODEL:J688
MATERIAL:表地:コットン57% レーヨン(モダール)37% ポリエステル4% ポリウレタン2%
パッチ部分:牛革
COLOR:ブラック
SIZE:29.30.31.32.33.34.36
PRICE:53,900yen
こちらで販売しております。

RakutenPay

*当サイトの税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。 お間違えになりませんようご注意ください。