• TOP
  • FEATURE
  • 変革するドレススタイル

B.R.SHOP Recommend Style / 2022AW Vol.2変革するドレススタイル

2022.10.20

様々な世の中の価値観が激変した今、スーツ&ジャケットはもはや既存のユニフォームではありません。ルールや伝統に縛られずに装うことも、自由になるためにタイドアップすることだって許される時代には、自分だけの美意識と価値観でドレスクローズを解放してよいのです。


ニューモダンを目指すクラシコ ナポレターノ

ティト アレグレット / ハウンドトゥース ジャケット 161,700円
アヴィーノ / レギュラーカラーシャツ (ベージュ) 39,600円
フランコバッシ / ストライプタイ (ボルドー) 17,600円
ピーティートリノ / ウォッシャブルウール 1プリーツパンツ (ブラック) 44,000円

グレンチェックやハウンドトゥースといった英国の伝統柄は、正統派としてクラシックに着るか、それともあえてデニムなどに合わせてカジュアルに着るかの2通りを選ぶことが多いはずです。なぜなら、「チェック」と「モダン」が、どうにも結びつかないから。

ですが、こんなコーデならモダンを解することができるのでは。ハウンドトゥースのジャケットは、Vゾーンにカラードシャツとストライプタイ。ボトムズは黒スラを合わせることでストイックな印象に構築しました。白シャツに無地のダークタイまたはノータイという無難な選択肢ではなく、あえて少しだけ冒険しつつもぎりぎりを攻める。そんな計算されたコーデが新しい価値観を生み出します。

ここでのジャケットはB.R.SHOP初登場となるティト・アレグレット。伝統的なサルトリア・ナポレターノのDNAを継承しながら、アメリカントラッドにも精通する、まさしく現代のクラシコを体現している注目のブランドです。だからこそ、より自由で新しいスタイルが可能になるのかもしれません。

モードを標榜するジャケット&デニム

ピーティートリノ / ウール&モヘア ジャケット 143,000円
アヴィーノ / レギュラーカラーシャツ (ダークブラウン) 39,600円
ディエッフェ・キンロック / シルクスカーフ 26,400円
ピーティートリノデニム / BR別注 ゴールドパーツ&ホワイトパッチ ブラックデニムパンツ (ROCK) 38,500円
ジャコメッティ / サイドゴアブーツ 121,000円

デニムと合わせるスタイリングは、どんなにクラシックなジャケットでも、簡単に着崩すことができる便利な組合わせ。ですが、モードなジャケットをデニムに合わせることで、フォーマルにも通じるドレスクローズの可能性が改めて新鮮に映りました。

ブラックのジャケットにブラックデニム。ここでのデニムはお馴染みBR別注モデルゆえ、ホワイトレザーパッチが取り付けられているもお約束ですね。ブラウンのシャツにはタイの代わりにスカーフを結んだら、少し無造作に着崩した雰囲気に。クラシックには存在しないブラック&ブラウンの配色のなか、まるでフォーマルウェアのように華やかな装いの美学が伺えます。

モヘア混の光沢感が夜の照明に艶めくジャケットは、デニムと同じく今春からトータルコレクションを展開するPT TORINO。肩パッドを使った構築的なショルダーラインは、かつてなら英国的とでも呼ぶのでしょうが、いまは最新のモードを示しています。クラシックなパンツ専業から立ち上がったメゾンが遥かにその領域を超え、さらに高い次元にあることは明白です。

ライニングにはレオパード柄を使い、ボタンはブラック&ゴールドのメタルボタン。共地のパンツも用意されていますが、あえてデニムで再構築することで、さらなる自由度が表現されています。もはやフォーマルとドレスの垣根すら存在しない時代には、こんなジャケットスタイルも自由に楽しんで良いのです。

ドレスの新しい扉を開けるスーチング

デ・ペトリロ / フランネル 4Bスーツ 210,100円
マリア・サンタンジェロ / レギュラーカラーシャツ (ホワイト) 29,700円
フランコバッシ / カシミア ニットタイ (オレンジ) 19,800円
フランコバッシ / シルクチーフ (オレンジ) 7,480円
ジャコメッティ / スウェード モンクスリッポン 117,700円

そしてやはり男のワードローブにスーツは欠かせません。ダークグレーのフランネルスーツはデペトリロの4ボタンダブル。6ボタンよりユニフォーム感がなく、ウエストシェイプを甘く設定したシルエットは、羽織るように着たときにこそ威力を発揮して、リラックス&コンフォートな現代的スーチングを可能にしてくれます。

このスーツにレギュラーカラーの白いドレスシャツ、そしてタイのオレンジを差し色に。ポケットチーフにもタイと呼応する暖色を配して、2ポイントのドレスアップスタイルにまとめてみました。タイ&チーフに呼ばれた足元にブラウンスエードを配したのも、カジュアルな着こなしのエレメントになっています。

ダークスーツをポップなカラーで着る感覚に、ルールなんて無用です。信頼すべきは自由な感性と、自分の個性。スーツだからと肩肘を張らず、何気ない普段着のなかに取り入れることで、ドレスクローズの新しい扉が開きます。

CREDIT

Producer : 大和一彦 / Styling & Direction : 四方章敬 / Photographer : 酒井貴生 (aosora) / Hair&Make : Takuya Baba (Sept) / Writer : 池田保行 (ゼロヨン) / Designer : 中野慎一郎 / Model : Romaine Dixon (CINQ DEUX UN)

TAGS

関連特集記事

LOAD MORE

loading

最新記事

LOAD MORE

loading

BOGLIOLI MooRER PAUL&SHARK
RakutenPay

*当サイトの税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。 お間違えになりませんようご注意ください。