• TOP
  • FEATURE
  • 自由という名の意志ある服

自由が時代を作る Vol.2自由という名の意志ある服

2022.08.08

ジェンダーレス、ボーダーレス、エイジレス、etc.。旧態依然たる価値観に縛られた境界線は曖昧になり均質化していく。ルールは崩壊し、ただ個々人の思考と志向に帰依するのみ。ならばスタイルは作り手の意志を受け継ぎながらも、着る人の意識に委ねられるはず。REIKAが着るメンズスタイルには、彼女の意志が映し出されている。


ライダースに宿した揺るぎない意志

・サイレンス / スエードライダース
・ピーティートリノ / ノープリーツパンツ
・ブラン / サングラス

サイレンスのライダースに漂う色香。それはライダーの命への執着と、ジェンダーへの挑発か。選んだのはダブルブレスト。黒のスラックスと合わせて羽織る着方は、バイカーウェアとクロージングとの垣根を悠々と越えていくもの。革はスムースではなくスエード、しかもカーフでもラムでもない、ゴートというセレクト。そこに誰とも迎合しないREIKAの強い意志が表れている。

80’sラグジュアリーと共存するモード

・ピーティートリノ / ブルゾン
・セッテフィーリカシミア / ジップアップパーカ
・ピーティートリノ / Active 裾ジップパンツ

シルクプリントのジップアップブルゾンは、新生ピーティトリノを象徴するもの。「鐙(あぶみ)」や「轡(くつわ」など、馬具のプリントが艶やかな貴族階級の趣を湛えている。モードとラグジュアリーの邂逅は、80年代のリュクスのなかにあった。現代のモードに組み込まれるのは、スポーツウェアのスピード感。より早く、正確に、そして力強く咆哮している。

自由を象徴するジャケット&パーカ

・タリアトーレ / ジャケット
・アンティーチポ / パーカ
・アンティーチポ / リブパンツ

チェック柄がトラッドな大人の雰囲気を醸すタリアトーレのジャケットは、カットソー地のパーカに重ねて。ドレスシャツでは表せないルール無用のスタイリングはリブパンツの存在感に。テイストもスタイルも、年齢も国籍さえも問わないフリースタイル。何事にも囚われないREIKAの自由な感性にクローズアップしたら「いま着たい服」というシンプルな解に辿り着く。

CREDIT

Producer : 大和一彦 / Styling & Direction : 四方章敬 / Photographer : 鈴木泰之 (Studio Log) / Hair&Make : Takuya Baba (Sept) / Makeup : KEN NAKANO / Writer : 池田保行 (ゼロヨン) / Designer : 中野慎一郎 / Model : REIKA (Space Craft)

TAGS

関連特集記事

loading

最新記事

LOAD MORE

loading

BOGLIOLI MooRER PAUL&SHARK
RakutenPay

*当サイトの税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。 お間違えになりませんようご注意ください。