• TOP
  • FEATURE
  • 最新の技術とトレンドを編み込んだ グランサッソのイントレニット

GRAN SASSO Recommend Style / 2018AW Vol.2最新の技術とトレンドを編み込んだ グランサッソのイントレニット

2018.10.19

ここ数年、ニットといえば白、黒、紺、グレーなどベーシックカラーのものばかりでした。しかし今季は久しぶりにカラーニットがトレンドです。そこで人気のニットブランド「グランサッソ」から、注目の新作カラーニットをご紹介しましょう。


今季のニットウェアは差し色使いが決め手です

グランサッソ / クルーネックニット
シカス / スエードブルゾン
ピーティーゼロウーノ / 1プリーツ ストレッチ ライトフランネル パンツ (スペシャル リクエスト モデル)
パラブーツ / Uチップシューズ (CHAMBORD)

流行サーキュレーションのなかで、ニットは着こなしのサブ的アイテムになりがちです。ローゲージが流行ったり、ハイゲージに落ち着いたりトレンドも様々。近年はジャケットやパンツ、コートなどがスタイリングのポイントでしたので、インに着るニットはシンプルなものが求められてきました。ジャケットやコートのインでも着ぶくれせずに、薄手でも温かい上質な素材で、ジャケットの色柄を邪魔しないベーシックカラーのものばかりが、どこのセレクトショップでも定番的に売れていたのです。

しかし今季はちょっと様子が違います。トップスをカラーニット一枚で着たり、ジャケットのインに重ねてVゾーンの差し色としてチラ見せしたり、ダークカラーのタートルネックから白シャツの衿羽根をのぞかせたりと、今季はニットの使い方が秋冬スタイルを大きく左右しています。そのためニットブランドも、ようやくお鉢が回ってきたとばかりに様々なカラードニットを展開しているんです。

イタリアのニット専業ブランドとして人気の高い、グランサッソでもカラーニットのトレンドに反応しています。鮮やかなワインレッドのカラーニットはこのブランドが誇るイントレチャート編み。8ゲージというミドルゲージは、ほどよい肉厚感があるので、トップス1枚でもブルゾンやコートのインにちょうどいいボリューム感です。ここではスエードジャケットのインに挿してみました。アースカラーのコーデに、鮮やかに冴える赤いニットというのがいかにも今季的な表情ですが、プレーンなハイゲージニットより編み柄で表情があるぶんニットの存在感が引き立つところも魅力です。こういったニットのときは、スエードジャケットのように個性あるアウターとのコンビネーションがハマるみたいです。

ブランドロゴがなくてもひとめでわかる個性的な編み柄

グランサッソは、オリジナリティあふれる様々な編み柄のニットを展開しています。こちらのイントレチャート編みもそのひとつです。イントレチャートとは、某ラグジュアリーブランドの革鞄の製法に使われる専門用語のように思われるかもしれませんが、細紐状の革を編み込むイタリア伝統の工芸技法として一般的な言葉です。この編み柄は、そんなイタリアの職人技術の矜持としてグランサッソが大切にしてきたもの。ひと目でブランドを主張できるアイコンパターンなのです。

NEXTよりモダンなコーデならワントーンコーディネートを
1 2 3
CREDIT
Producer : 大和一彦 / Styling & Direction : 四方章敬 / Photographer : 野口貴司 (San・Drago) / Hair&Make : Takuya Baba (Sept) / Writer : 池田保行 (ゼロヨン) / Designer : 中野慎一郎 / Model : GIDEON (Cinq Deux Un)
TAGS

関連特集記事

loading

最新記事

LOAD MORE

loading

C+ GRAN SASSO

*当サイトの税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。 お間違えになりませんようご注意ください。