• TOP
  • FEATURE
  • 世界中の富裕層が認めるムーレーのラグジュアリーとは

MooRER Recommend Style / 2020SS Vol.1世界中の富裕層が認めるムーレーのラグジュアリーとは

2020.02.20

ラグジュアリーダウンブランドとしての地位を確立したムーレーですが、じつは春夏のコレクションも充実しているんです。ナイロンブルゾンやコートなどのトップスはもちろんですが、じつはデニムも珠玉。世界的にも評価の高い岡山産の最高級ストレッチデニムを使っていることをご存じでしょうか?加えて世界で2番目にオープンした銀座店の限定アイテムも紹介しておきましょう。


ナイロンコート&デニムをムーレーで統一

・ムーレー / 8B ブルゾン (NABUCCO-KM2-AVORIO) 137,500円
・ムーレー / デニムパンツ (CREDI-DC107-WASHING4005) 75,900円
フェデーリ / クルーネック ニット
フラテッリジャコメッティ / スエード モンクストラップ モカスリッポン

「NABUCCO」は、ムーレーの名品ダウン「SIRO」をベースにデザインされた、春夏の定番人気のスプリングジャケット。このカラー「AVORIO」は今季の新色です。素材にはムーレーのダウンジャケットにも使われているポリエステル素材「KM2」が使われています。撥水加工を施した形状安定ポリエステルは、シワになりにくく汚れもつきにくいのが特徴で、ほんのり上質な艶が浮かび上がります。

スタンドカラーにはチンストラップ付き。ウエストドローコードも付いているので、絞って着ることでX字のラインを描きます。これ、視覚的脚長効果を引き立ててくれるので、おすすめです。薄く中綿入りなので、肌寒い季節も十分着られる保温性を誇ります。

8ボタン&ジップフロントですが、ダブル合わせの重なりが浅いので前開きで羽織るように着るスタイルが似合いそうです。トップスに白をもってくるのは今季のトレンド。そのうえ白いジャケットに白ニット、白×白の組み合わせも今季トレンドのカラーリングです。同じ白でも艶ポリエステルとニットという異素材の組み合わせ方ならトップスに立体感が生まれて、リッチな印象も際立ちますよ。

ムーレーが認めたデニムは岡山産デニム

デニムの「CREDI」は、スリムなシルエットが美しい定番モデル。生産はイタリア国内ですが、デニム生地は日本の岡山製です。熟練した職人が旧式の織機を使って織り上げているので、ゴリッとした糸感がありながらも空気を含んだやわらかなタッチを誇ります。加えて、なんとポリウレタンを混紡することで伸縮性をも備えているのは、このテの旧式織機で織られたデニムではかなり珍しいこと。染色も植物由来の染料を使っているので環境に優しいものとなっています。デニム本来の風合いを大切にしながら、現代的な機能性をきちんと備えているあたり、ムーレーの考える「ラグジュアリー」の本質に通じるのでしょうね。

ミリタリーブルゾンを都会的にモダナイズ

・ムーレー / ブルゾン (CORELLI-WK-MARMO) 121,000円
フェデーリ / クルーネック ニット
ピーティートリノ / 1プリーツ ストレッチ トロピカル パンツ (スペシャル リクエスト)
フラテッリジャコメッティ / カーフスコッチグレインローファー

「CORELLI」は、MA-1をモダナイズした雰囲気のショートブルゾン。リフレクター風に光の加減で色がベージュからグレーへ変化するので、昼間はもちろん、夜遊びの際にも照明の下でアピールできそう。ちなみに素材は耐水性がある「AQUA」コレクションですので、多少の雨ならへっちゃらなあたり、ムーレーのダウンがもつ機能性を継承しています。

ここではあえてデニムではなく黒のスラックスを合わせてみました。ミリタリー感あるカジュアルなトップスに、ドレスパンツを合わせるのはラグスポコーデの基本ですよね。あえて色を使わず、ブルゾンのグレー、インナーの白、ボトムズの黒でまとめたのもモダンに見せるポイント。足元もスニーカーよりレザーのスリッポンが断然大人の選択です。

フーデッドコートもムーレーの手にかかればこの通り

・ムーレー / コート (WILSON-TES-DENIM) 198,000円
フェデーリ / クルーネック ニット
ピーティートリノ / ノープリーツ ストレッチ コットン ツイル パンツ
フラテッリジャコメッティ / スエード モンクストラップ モカスリッポン

高めのネックでスポーティかつ都会的にアレンジした「WILSON」は、今季の新作フード付きコート。素材はコットンをメインに使用した上質なタッチですが、透湿性に優れたフィルムと目の詰まったコットンがヒートテープシームで合わされた防水性の高いブロードクロス。そのためレインコートとしてもかなり機能的です。ほどよいミドルレングスは、どなたにでも着やすいシルエット。フロントはジップ&ボタンですが、羽織るような着方が似合いますね。

白パンに赤いニットを差して、ブルーのコートというトリコロールカラーリングは、大人カジュアルの定番配色。フレンチを意識しているわけではないですが、どこか品よくスマートに見えるのは、この配色ならでは。赤をポイントカラーとして少量使うのも、今っぽい色の差し方なので、ご参考までに。

ショート丈のフーデッドはタイトに着こなす

・ムーレー / 銀座店限定アイテム パーカ型ブルゾン (BRIGNO-RH-NERO) 181,500円
フェデーリ / ハイゲージ クルーネック ニット
フラテッリジャコメッティ / カーフスコッチグレインローファー

ジャージー素材のフーデッドブルゾン「BRIGNO」は、銀座店限定アイテムです。ライニングにダウンを使っているので肌寒い今時分の着用も余裕ですが、コートのインナーとして着られるほどスリムなシルエットです。秋から冬にも活用できますし、海外渡航の多いジェットセッターなら、現地での休日着としてもオススメできますので、通年アイテムとしてご活用いただくのがよろしいかと。

フードの内側に使ったキルティングや、裾や袖のリブに配されたゴールド&ブラウンのパイピングもデザインポイント。ショート丈のダブルジップタイプなので、こんな風にちょっとタイトめに着るのがお約束ですが、インをTシャツではなくニットにするのが大人の勘ドコロです。裾からニットの白を覗かせるバランスも計算づく。

3シーズンフーデッドダウンは富裕層のマストアイテム

・ムーレー / 銀座店限定アイテム フーデッドブルゾン (LIVIO-KN-DARK BLU) 231,000円
フェデーリ / クルーネック ニット
ピーティートリノ / 1プリーツ ストレッチ トロピカル パンツ (スペシャル リクエスト)

ムーレーではお馴染みのマットなナイロン×ポリウレタン素材KNを使用した「LIVIO」も銀座店限定アイテムです。撥水性が高く伸縮性にも優れるストレッチナイロンを採用しているので、ストレスのない着心地も魅力的です。ボリューム控えめのダウンジャケットは、世界中を移動する欧米富裕層の間ではポピュラーな春夏アイテムです。冬でも温暖な気候の日本でも、3シーズンダウンとして着用できますよ。

こちらはフードが着脱可能なので、好みのスタイルで着ることができます。インに白Tをチラリとのぞかせたクルーネックのニットをアウターと同じくネイビーのカラーリングで合わせたら、ボトムズもネイビーを選んでワントーンコーデに。きちんとクリースが入れられたスラックスをセレクトしたのもポイント。足元はTシャツと呼応させた白スニで、大人のラグスポど真ん中なスタイリングが完成です。

ムーレーに関するお問い合わせ先:
MooRER GINZA
住所: 東京都中央区銀座4丁目3-13 コイズミビル
電話: 03-6228-6041
URL: https://moorer-ginza.jp

CREDIT

Producer : 大和一彦 / Styling & Direction : 四方章敬 / Photographer : 野口貴司 (San・Drago) / Hair&Make : Takuya Baba (Sept) / Writer : 池田保行 (ゼロヨン) / Designer : 中野慎一郎 / Model : Djordje (Bravo)

TAGS

関連特集記事

loading

最新記事

LOAD MORE

loading

paul&shark MooRER
RakutenPay

*当サイトの税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。 お間違えになりませんようご注意ください。