• TOP
  • FEATURE
  • 仕事のできるオトコほど、白アイテムを好んで着る

できるオトコはこなし上手 vol.7仕事のできるオトコほど、
白アイテムを好んで着る

2019.05.17

日差しが強くなると、自然と着たくなるのが白。定番の色ではありますが、仕事もプライベートも上手くいってる人は、白いアイテムを好む傾向にあるのはなぜでしょう? その答えを紐解いていきます。


白いアイテムは大人の余裕の表れです

タリアトーレ / 6Bジャケット
マリア・サンタンジェロ / リネン シャツ
フラテッリジャコメッティ / スエード スリッポン

初夏の日差しに似合う色といえば、やはり白。清潔感、清涼感を一気に感じさせる色ですが、仕事ができる人ほど、白いアイテムを好んで着るようです。

白は汚れやすい色ですから、ソレを敢えて着るという考え方は非常に贅沢で余裕を感じさせます。また白は一点の濁りもないぶん、上質さや柔らかで優しい印象というのもあるでしょう。そんなスタイリングは女性にウケないはずはありません。ということで、白は大人がもっと身近に知っておくべき、究極のラグジュアリーカラーなのです。

仕事柄、頻繁に袖を通すジャケットでも、白いジャケットはどこか特別な印象を与えてくれます。鮮やかなほどの白のレフ板効果で大人の貫禄ある顔つきも明るく健康的に映えますから。清潔感に加えて圧倒的にエレガントに見えるなど、いい事尽くしなのです。

例えば、白ジャケット。白いラペルから放たれるオーラ、存在感、アク抜き効果は、大人の男性にとって欠くのとのできないエッセンスですよね。それがたった1枚のジャケットで簡単に叶うのです。これが白ジャケットの底力なのです。

ここでのコーディネートのポイントは、白いジャケットの下に白シャツをインしている点。ダークなシャツでコントラストを付けるのではなく、同系色にすることで、深みのある白いVゾーンを演出しているのです。

白パンにはベージュジャケットが断然オススメ

ガボ / 3B ジャケット
セッテフィーリカシミア / クルーネック ニットT
ジャブス アルキヴィオ / 1プリーツ ガム パンツ
フラテッリジャコメッティ / スエード スリッポン

白いパンツは大人の定番ですが、いまどき選び方を間違えるともっさり見えるアイテムでもあります。そのぶん選びと着こなし方には注意が必要です。

例えばジャケットをお召しになるなら、断然ベージュのジャケットがオススメ。ベージュ×ホワイトは、できるオトコ鉄板の色合わせですから。キモの白パンは足元にかけて程よくテーパードしているので、全身がスッキリして見えるのです。白だけに細すぎてパツパツは見映えが悪いですし、ユルすぎるのもバランス悪し、なのです。

誰もが似合う楽チンテクなら、白ニット

フェデーリ / クルーネック ニット
ジャブス アルキヴィオ / 1プリーツ ソフト コットン ツイル パンツ
フラテッリジャコメッティ / ローファー
ブラン / セルフレーム サングラス

もっと手軽にコーディネートに白を取り込みたい、そんな方にオススメなのが白ニット。選びとしてはドレープが出るくらい、少し余裕あるデザインのものを。白ニットでタイトめ、ピタピタはいけません。

白ニットをワンプリーツのコットンパンツに無造作に合わせ、両腕の袖口を少しだけ上げてみる。これだけで一気にこなれた印象に早変わり。どんな方もサマななるので、真似しない理由はございませんよ。

圧倒的なリッチ感をアピールするなら、こんな “究極の白”を。

エンメティ / スウェード パディング スタンドカラー ブルゾン (ANDREA)
アルフレッド / クルーネック ニット
シープラス / 2プリーツ パンツ
ブラン / セルフレーム サングラス

 

今までご紹介したジャケットやコッパン、ニットなどは、手軽に白をコーディネートに取り入れられるアイテム。どこかいい人にも見える定番でした。

さらにパンチが欲しい、どこか上品でいながらエレガントに見せたい、そんな方にはこちらのブルゾンがオススメ。白いレザーブルゾンは上質なスエードを採用。タッチはトロトロという柔らかさ。実はこちら大人気のエンメティ「ANDREA」にB.R.SHOPがゴールドパーツを別注したモデル。エンメティの大ベストセラーモデル「JURI」は至極シンプルなデザインでしたが、こちらは少しバイカーテイストを加味したデザイン。

ですが、この真っ白という色と素材感で、他を圧倒する存在感があります。手持ちのグレスラと合わせるだけで、人目を惹くスタイリングが簡単に完成するのです。

エレガントの中にワイルドな仕様。でもそこがリッチなんです

こちらの「ANDREA」は随所にジップや腰回りにベルトを配したライダーステイストが特徴です。そんなジップや金具も白と相性のいい別注のシャンパンゴールドカラー。ただワイルドなだけでなく、ラグジュアリーな雰囲気が漂うのは、こんなディテールが効いているからなんです。

 

撮影協力:Stall(ストール)

CREDIT

Producer : 大和一彦 / Styling & Direction : 四方章敬 / Photographer : 鈴木泰之 / Hair&Make : Takuya Baba (Sept) / Writer : Hiro / Designer : 中野慎一郎 / Model : Alban Rassier (Donna)

TAGS

関連特集記事

LOAD MORE

loading

最新記事

LOAD MORE

loading

BAGUTTA PT
RakutenPay

*当サイトの税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。 お間違えになりませんようご注意ください。