SHOP BLOG

TITLE

前置きは不要!!ついに上陸!!”JURI”ゴールドパーツ!! EMMETI(エンメティ) 緊急告知!!梅田阪急メンズ館にBOGLIOLI & maloが上陸しますっっ!! ・Tricker’s(トリッカーズ) (ring(リング))

2019.08.23

2019_08_21a.jpg

大変長らくお待たせしておりますので、ここで前置きを入れましたら『そんなどうでもええ話はええんじゃい!』と非難轟々雨あられが予想されますのでいきなり本題へ行かせていただきたいと思います ring OSAKA 葭でございます(汗汗)。

『”JURI”やってないの?』というお声が非常に多かったため、遂に先シーズン3年の沈黙を破り帰ってきた大定番”JURI”!!

今シーズンはアソコのあの例の動画でも紹介されておりましたスペシャル仕様のゴールドパーツを装備した”JURI”がやっとこ到着したというわけなんですっっ!!

34292002085a.jpg

フロント・ポケットのジップ、スタンド襟、袖のカフスのドットボタンをゴールドに替えて生まれ変わった”JURI”は、大人っぽくリッチな印象に成長しているんですっっ!!

もともと男臭い感じよりもどちらかというと都会的なイメージのシンプルなライダース”JURI”ですが、パーツをゴールドにすることでさりげなく上品でラグジュアリーなムードがプラスされたというわけなんです!!

34292002085j.jpg

都会的なポイントはやはり袖口がカフス仕様になっているので、ちょっと折り返してみたり捲ったりと動きを出せますし、チラリと見えるゴールドのドットボタンもあいまって品よくこなれた印象に見えるんです!

カラーは絶対外せないブラックと、毎度ご好評頂いておりますグレイッシュグリーンをご用意致しましたっっ!!

3429200208502.jpg
MODEL:JURI GOLD/NAPPA CERATA
MATERIAL
表地:ラムスキン
裏地:ナイロン100%
COLOR:グレイッシュグリーン・ブラック
SIZE:42・44・46・48・50
PRICE:124,200yen
こちらで販売しております。

そしてここからは告知でございますっっ!!バイヤー宮もっちゃんではなく、長年gujiのブログのモデルを務めていた宮本さんから告知があるとのことで ring ブログをジャック!!

そ〜です!顔を見るたびに入社間もない頃にバストに受けたドロップキックの古傷が痛む!?因縁の!?・・・いえいえ、よくして頂いております大先輩(笑)、”みやも”こと guji の販売代行宮本さんにバトンタッチさせて頂きます(笑笑)。。。

img15.jpg

guji販売代行事業部の宮本と申します。

guji?販売代行?何?てか誰??というお声が聞こえてきそうですがringブログで登場するバイヤーの宮本ことみやもっちゃんではございません。(天然要素は似てるかも(汗))

約2年前まで7年程系列店のguji大阪店で販売や顔無でgujiブログに登場させて頂いたのですが、4年程前から密かに?しれっと販売代行もさせて頂いており今現在は販売代行STAFFとして店舗に立っております。

guji販売代行事業部サイトを要チェック!

その販売代行事業部から重要な!?告知のご案内で、ringブログにお邪魔させて頂きました。

その告知とはこの度2019年8月21日、梅田阪急メンズ館4FにミラノのブランドBOGLIOLI(ボリオリ)とハイグレードのカシミアでお馴染みmalo(マーロ)の店舗がオープンし、gujiが販売代行をさせて頂くことになったんです。

落ち着いた雰囲気に絶妙にモダンな要素を上手く取り入れるBOGLIOLIがこの度リコンストラクションを決行し、今回から国内の代理店さんが代わったことなどの事情も重なり・・・新たにリスタート。

またまた再熱の予感です!!

オープン記念としてご購入の方先着順ではございますがポケットチーフをプレゼントしております。

是非ボリオリ阪急メンズ大阪店にお越し下さいませ。

ボリオリ阪急メンズ大阪店
リニューアルオープン日:2019年8月21日(水)
住所:大阪府大阪市北区角田町7-10 阪急メンズ大阪4F
06-6361-1381

もともとは貴族や紳士がカントリーハウス用の室内履きとして履いたとされるのがベルベットスリッパ。

その起源という説のあるTricker’s(トリッカーズ)のCHURCHILLは、18世紀末に初登場以来、今なお英国王室で使われているまさにリアルな一足。

かのアンディ・ウォホール、ウェルドレッサーとして名高いアラン・フラッサーを始め、今や世界のファッショニスタの隠れマストアイテムと呼び声が高いこの”ルームシューズ”・・・

この手のスリッポンタイプとは滅法相性の悪い「甲高幅広踵細」足型の私康本も、前々から諦めていた気持ちを遂に押し殺しきれず個人買い、逝かせて頂きやした・・・(汗)

35092000141a.jpg

今シーズンはアッパーに刺繍を施した定番シリーズから、「Fleur de Lys(百合の花/フランス王朝の紋章風)」をオーダーしております。

様々な柄がある中、僕も品の良いコチラを個人買いしました。

やっぱり昨今ワイド気味のパンツが気分なので、この手の”華奢靴”を合わせるのが気分です。

人気沸騰中のBAUDOIN&LANGE(ボードイン&ランジ)とは似て非なる見え方をするので、両足ともうまく使い回し出来ております!

履き心地に関しましては、僕の足型なのであまり参考になりませんが(汗)

やはりサイズ感は小さめの作りなので、普段よりハーフサイズないしはワンサイズあげることになるかと思います。
(私はUK表記だと7.5〜8.0を履きますがコチラは8.5を着用してます)

インソールに程よくクッション性がある為、華奢な見た目とは裏腹に意外と疲れにくいのが嬉しい誤算!

今のところ店内のみでの”室内履き”のみですが、もう少し履き馴染めば外でも履けそうです(笑)

3509200014103.jpg

3509200014104.jpg
MODEL:CHURCHILL FLEUR DE LYS
MATERIAL:アッパー:ベルベット
ソール:レザー
COLOR:ブラック
SIZE:6.5・7・7.5・8・8.5・9
PRICE:52,920yen
こちらで販売しております。

35092001141a.jpg

昨年同様意外とレアな刺繍なしのプレーンタイプもおかわりしております!

英国王室御用達と聞くと少し敷居が高いと感じるかもしれませんが、刺繍がないと約4.5万円という比較的良心的な価格設定も魅力の一つです。

室内履きに4〜5万円と考えると後ずさりしてしまいますが、ソールにラバーを貼って外履き用で使用と考えるとお手頃な価格帯ですよね。

靴の修理屋さんに持っていけばいつでも貼ってくれますが、僕がお世話になっている靴職人さんに聞いた話だと、トリッカーズの職人にルームシューズのソール交換をお願いしたら「室内用を外で履くからだ」と一喝されてしまったそうです(笑)

そんな作り手のこだわりも感じる名作、今シーズン提案しているモノトーンスタイルには欠かせないかと思いますのでお試しくださいませ!

3509200114103.jpg

3509200114104.jpg
MODEL:CHURCHILL
MATERIAL:アッパー:ベルベット
ソール:レザー
COLOR:ブラック
SIZE:5・5.5・6・6.5・7・7.5・8・8.5・9
PRICE:45,360yen
こちらで販売しております。

RakutenPay

*当サイトの税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。 お間違えになりませんようご注意ください。