PELLE MORBIDA Recommend Style / 2018AW Vol.1PELLE MORBIDAがもたらす上質でモダンな風格

2018.11.28

PELLE MORBIDA 秋冬のコレクションテーマは「England Cruise」。トラディショナルなモチーフに、PELLE MORBIDAの上質で柔らかな革を使用したバックはモダンな風格を醸します。


カジュアル持ちができるブリーフバッグ

・ブリーフバック / PELLE MORBIDA
クルーネック ニット / Settefili Cashmere
クルーネック Tシャツ / Cruciani
コンビフレーム サングラス / BLANC..
カーフスコッチグレインローファー / F.LLI Giacometti

バッグは手回り品の収納用具であるとともに、スタイリングのアクセサリーとしての役割も無視できません。作りや素材はもちろんのこと、デザイン性も備えていて、かつ使いやすさも備えていてこそ男のギアとして認知されるだけに、機能優先あるいはデザイン優先といったようにどちらか一方だけのバッグはすぐに飽きられてしまいます。ましてやレザーのバッグなら、使い込んで味が出た頃に完成するのですから、長く使える飽きのこないデザインと耐久性は不可欠。ならばカジュアルなスポーツバッグより、クラシックなバッグのほうが男の持ち物として相応しいことは言うまでもありません。

となれば、バッグを熟知したブランド選びは絶対です。革と鞄を知り尽くし、ライフスタイルとリンクしたデザインバッグを作り続けるPELLE MORBIDAなら、きっと納得のいく男のギアと出会えるはずです。

たとえばこの一般的なブリーフはビジネス用ですが、カジュアルに持てるブリーフバッグがPELLE MORBIDAにはラインナップされています。ヴィンテージのボストンバッグの小型薄型版を思わせる、ちょっと丸くてコロンとしたフォルム。どこか懐かしいデザインが、いまどきのレトロモダンを彷彿とさせながら、気軽に持っても新鮮な印象が漂います。ニット&デニムというシンプルなカジュアルスタイリングに合わせても、どこかクラシックのエッセンスあるブリーフバックをスパイスとして使えば、大人のニュアンスを醸せるアクセサリーに。持ち方も男らしく抱えてしまうのがよいかもしれません。スーツやジャケットでオンタイムに持てば、クラシック味を増してくれるはずです。

NEXT格上感が漂うレザーのフラップボストン・バッグ
1 2 3
CREDIT

Producer : 大和一彦 / Styling & Direction : 四方章敬 / Photographer : 川田有二 (Riverta Inc.) / Hair & Make : Takuya Baba (Sept) / Writer : 池田保行 (ゼロヨン) / Designer : 中野慎一郎 / Model : Nils Wendel (image)


撮影協力:British Hills

TAGS

関連特集記事

LOAD MORE

loading

最新記事

LOAD MORE

loading

FEDELI PT
RakutenPay

*当サイトの税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。 お間違えになりませんようご注意ください。