トガオシ。Vol.209ヒルトンが描く戸賀敬城のライフスタイル

2022.05.05

ヒルトンのアンバサダーを務めていた戸賀さんが、なんと今季からブランドディレクターを拝命されました。ブランド全体をディレクションされたコレクションの最新作をご紹介いただきました。


全てのコレクションをディレクション

ヒルトン/ベージュジャケット
ヒルトン/半袖ニット
※ EC&店頭共に完売

80~90年代、イタリアのクラシックメゾンのなかでも、最先端を行くモダンクラシックスタイルをリードしてきたヒルトンを、ブランドディレクター戸賀さんがどのようにドライブしていくのか楽しみです!

「これからのヒルトンは戸賀敬城自身が本当に着たいと思える服であり、かつニューノーマル時代の仕事・遊び、大人のデートがこなせる服となります。もちろん多くのラグジュアリーブランドを知ってる大人はもちろん、そんな大人に憧れる若い人にも買いやすい価格で提供します。ビジネススタイルだけでなく、着る人のライフスタイルに合わせて選べるコレクションは色気やオーラを感じられると共に、+モードな気分漂うプレステージ性の高い内容となります。」

ベージュのジャケットは、ウール×コットンのヘリンボーン織り。ここにピンクのニットを挿して白パンを合わせる、淡いライトトーンのコーディネートは清涼感もある春夏らしいスタイル。大人のジャケットカジュアルにノーブルな雰囲気が漂います。

「ニットは昨年好評だった、後ろ襟に高さがあるジャケットのための半袖ニットの進化版です。シャリっと清涼な素材感は、今季からコーデュラファブリックを採用することで摩耗性に優れ、毛玉ができにくいニットになりました。そのうえ伸縮時のキックバック率が高いため形態安定性にも優れているから、いつまでも新品当初のニットの風合いが味わえるんです。有難いことに、先日発売されたばかりだけどほとんどが完売になりました!」

戸賀敬城のライフスタイルが映し出される万能ジャケット

ヒルトン/ネイビーウィンドウペーン ジャケット
ヒルトン/長袖ニット
※ EC完売

こちらのジャケットはウール×コットン×リネン×ナイロン×シルクの五者混。ネップ感のある織り柄とウィンドウペーンのダブル柄は、シックななかにもこだわりある知的な大人の雰囲気が漂います。

「ジャケットの生地選びは、戸賀がしっかり監修して、納得いくものしか残してません。このジャケットはイタリア、マルゾットグループの「MARLANE(マルラーネ)」の生地を使っている(モンテ・アズーロという青山オリジナルラインの生地)。仕事に着られて、そのまま遊びにも行けて、ミシュランホルダーのレストランから老舗の寿司屋まで食事ができて、ラグジュアリーなスポーツカーまで似合うジャケット。戸賀のライフスタイルをそのまま服に落とし込んでいるのだから当たり前だよね(笑)」

ビジネススタイリングだってお手の物です

ヒルトン/ネイビーウィンドウペーン ジャケット
ヒルトン/スラックス

先程のウィンドウペーンジャケットを、そのままタイドアップしてビジネススタイルに。白シャツに紺無地タイ、ボトムズはグレスラというベーシックなアイテムだけでコーディネートするだけで、簡単にモダンな雰囲気が出せちゃいます。

「ジャケットの格子柄が控えめなのに、ちゃんと主張してることがわかるでしょ。Vゾーンは紺無地タイの存在感が活きていて、何気ないのに洒落て見える。それというのも英国調の柄をヴィンテージ風味のネップ感ある織り地に載せた、この五者混ウィンドウペーンならでは。つまり、このジャケット1枚でお洒落になれるっていうことです!」

新風を吹き込む4Bダブルと美シルエットのパンツ

ヒルトン/ダブルジャケット
ヒルトン/長袖ニット
ヒルトン/スラックス

戸賀さんがディレクションするとダブルのジャケットは伸縮素材の4つボタン仕様。イタリア生地の聖地ビエラのT.G.di FABIO社の「JEBRIC(ジェブリック)」は、ジャージーとファブリックのハイブリッド素材。高級感ある上品なルックスに縦横ストレッチという機能性を備えています。

さらにご覧いただきたいのはパンツのシルエット。先ほどのグレスラもそうですが、イタリアパンツを思わせる美しい今風のスリムテーパードというシルエットに仕上げています。そして、ディテールはサルトリア仕立てのスラックスに倣い、持ち出し付き2プリーツにピンループを取り付けるなどかなり凝っています。

「パンツは、今季、かなり気合を入れて再設計しました。シルエットも、かなりいい感じに上がっていると思います。ジャケットもダブルになると、どこか堅い印象になってしまうと考えた結果、6つボタンがその理由かも、ということでヒルトンのダブルは4つボタンにしました。紺ブレ特有のメタルボタンはやめたことで、ブレザー感が薄れて+モードな印象に。クルーネックのニットと合わせても、こんなに馴染むんです。」

モダンなダブルだからこそビズスタイルも軽快です

こんなふうに4つボタンダブルのジャケットも、しっかりタイドアップすれば、この通り。レジメンタルをあえて太幅の2色使いにしたことで、新鮮な印象にまとまっています。サックスブルーのシャツと、ネイビーのダブルジャケットもあえてコントラストを効かせることでドレッシーな雰囲気ですねと。

「ビジネスにダブルって、シーンによっては貫禄ありすぎ何になりがち。でも、これは4つボタンの+モードなジャケットらしく、1ミリもアイビ、プレッピーな時代感を感じせないでしょ。」

ブランドの未来を見据えながら拡充したシューズコレクション

ヒルトン/ビットローファー(ブラック)
ヒルトン/ビットローファー(ネイビー)
ヒルトン/ビットローファー(ブラウン)

ヒルトン/コインローファー(ブラック)
ヒルトン/コインローファー(ブラウン)
ヒルトン/モンクストラップシューズ(ブラック)
ヒルトン/モンクストラップシューズ(ブラウン)

今回、ヒルトンはシューズのコレクションも充実させています。こちらはイタリア男の足元に定番のスエードのビットローファー。ゴールドビットが素足履きのヌードな足首と馴染んで、大人の男性をエレガントに彩ります。

「英国のチャールズ・F・ステッド社のスウェードを使っています。錚々たる英国靴ブランドに革を提供してきた名タンナーの素材は、毛足の美しさが格別です。素足で履いたときの足あたりも柔らかく、ソールは日本製のウレタンソールを搭載することで、クッション性にもこだわりました。」

もう1タイプ、シボ革のシリーズもラインナップされています。この革、戸賀さんがブランドとしての未来を見据えた、新たな挑戦が表されているのだそうです。

「この靴に採用されているイタリア製のレザーは、水や化学薬品を従来より少ない量でなめされたサスティナブルレザー。これからの時代、ヒルトン流のSDGsを表明したり、社会課題にも取り組んでいくことはファッションブランドとして責任あることだと思っています。これからも、さまざまな形で広げていこうと思っているので期待していてください!」


HILTONの特集ページはこちらから
https://www.y-aoyama.jp/campaign/hilton_toga/

HILTON公式Instagram
https://www.instagram.com/aoyama_hilton/

【お問い合わせ先】
公式オンラインストア: https://www.y-aoyama.jp/
洋服の青山 店舗検索: https://www.y-aoyama.jp/shop/?lc=header

CREDIT

Producer : 大和一彦 / Photographer : 鈴木泰之 / Writer : 池田保行 (ゼロヨン) / Designer : 中野慎一郎

TAGS

関連特集記事

LOAD MORE

loading

最新記事

LOAD MORE

loading

MooRER PAUL&SHARK FEDELI
RakutenPay

*当サイトの税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。 お間違えになりませんようご注意ください。