TITO ALLEGRETTO

TITO ALLEGRETTO

TITO ALLEGRETTO / ティト アレグレット

TITO ALLEGRETTO(ティト アレグレット)は、10代のときにナポリの名店ロンドンハウスでキャリアをスタート。Mariano Rubinacci(マリアーノルビナッチ)に師事し、彼の才能は開花。イザイアやアットリーニでVMDとして活躍することで、イタリア中のファッション関係者にその名を知られるようになりました。

そんなナポリ仕立てを知り尽くした男が満を持して送り出すのが、自身の名を冠したブランド「TITO ALLEGRETTO(ティト アレグレット)」。彼の服は、TITO自身を物語っており、ナポリのサルト界でどっぷりと過ごしてきたTITO本人の好みが実によく反映されているコレクションです。

ナポリのサルトしかやらない、裾まで抜いた前ダーツ、カーブがかっているゴージライン。小さなアームホールにやや太い袖を取り付けてできた迫力のある肩ギャザー。コンパクトな衿ミツに高いノボリ、などまるでサルトが作ったジャケットのよう。それをフルマシンメイドすることにより、優れたコストパフォーマンスを実現させ、ナポリ仕立てをより身近に感じられるようにした点が特徴的。また、アームホールの裏地、衿裏箇所の裏地は手付けすることにより生地が動き、着心地の良さに繋がる。

彼の美意識が色濃く反映されたジャケットやスーツは、ナポリの伝統的なスタイルを継承しつつ、サルトのジャケット工学の要素を取り入れることによって、若々しく力強さ、色気を合わせ持った独自のスタイルへと昇華され、まるで裸体でいるような着心地を与えてくれます。

絞り込む

並び順・件数

お探しの商品が見つかりませんでした。

戻る
RakutenPay

*当サイトの税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。 お間違えになりませんようご注意ください。