SHOP BLOG

TITLE

とある20代の話 2

2021.06.09

アパレル販売員を始めて2年。

それまでは一般企業の営業職。雨の日も風の日も、重い資料を持ってお得意先さんの元へ向かう。

.....

学生時代から洋服が好きで、バイト代はほとんど洋服に注ぎ込んでいた。

社会人になりスーツにも興味が湧いて、入社式ではセレクトショップで(ロロ・ピアーナ生地で)仕立てた一張羅のネイビースーツを着ていくほどだ。

「毎日バシッとスーツを着て、涼しい顔して仕事もバリバリこなしたいな」

と思っていたが、現実は違っていた。

営業部門に配属になり、ほとんどが外回り。スーツをカッコ良く着こなすなんて二の次で、いかに効率的に動けるか、お得意先を回れるかということが頭の殆どを占めるように。

「ん?自分が思い描いていた仕事って、こんなのじゃないぞ!」

と思ったのは、入社して5年経った頃だった。

"27歳、転職するには今しかない"

思い立って、入社式用のスーツを誂えたセレクトショップを調べてみると、アルバイトなら募集しているとの事。

年収減は少し気になったが、自分のやりたい事なのだから仕方ない。

僕はすぐさま転職を決めた。

.....

念願叶ってスーツ売場での配属に。

セレクトショップ販売員の朝は、お店のオープン1時間前から始まる。

掃除や商品の畳み、前日の売上動向を共有する朝礼などだ。

元々営業を経験していたので、接客には自信を持っていた。特に目上の方や年配の方と接するのは得意中の得意。

僕は1年間でみるみるうちに売上を上げ、アルバイト入社から翌年には晴れて社員に合格した。

.....

"接客が楽しくて楽しくて仕方がない。"

前職の時には思わなかった感情だ。

だが、売上を見ると社内にはもっと上が居る。

更に接客を極めるにはどうすれば良いか。

そこで、自分を更に印象付けるということをしていこうと思った。

自然と印象を付けるには...と考えた結果、"香り"という答えを導き出す。香りで自分の事を思い出して貰えれば...

一般的なメゾンブランドの香水だと人と被る気がするから、YOUFIRSTというブランドのものにした。

その中でも、"SPICES BOUQUET(スパイセスブーケ)"という香りに。

少しだけスパイシーな香りは、きっと印象に残ってくれるはず...

 

今日もコレをつけて、セレクトショップNo.1販売員を目指す。

 

PROFILE

YOUFIRST

YOUFIRST

From Staff


イタリア・ミラノより初上陸のフレングランスブランド YOUFIRST。イタリア産で全ての商品に地中海の花『Helichrysum Italicum』別名 黄金の太陽。古代から生命力の強さを持ち、"Immortelle(不死)"や"Semprevivo(常緑・不朽)"とも呼ばれる花を配合。ブランドのコンセプトは「REBIRTH」。忙しく目まぐるしい日常から思い出・感情・欲望・願望などのユニークで親密かつ深い、詩的で純粋な世界へと誘います。

2021.06
SMTWTFS
   12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
RakutenPay

*当サイトの税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。 お間違えになりませんようご注意ください。