B.R.ONLINE

Style Web Magazine & Online Shop

RECOMMEND

STYLING

Dress Style Vol.046

2017.05.26

Dress Style Vol.046

写真 : 渡辺修身 (SAMMY STUDIO) / スタイリング : 四方章敬 /
ヘアメイク : KOTARO (SENSE OF HUMOUR) / 文 : 持田慎司

 ジューンブライドという言葉が昔からあるように、6月は結婚式が多々催される季節。社会的立場のある大人の男性としては、そんなお祝いの席に呼ばれることもしばしば、かと。で、披露宴は厳密なドレスコードが設けられているため、大概の場合はダークスーツに白シャツ、そこにシックなタイを結んで、黒のドレッシーな黒靴を合わせれば問題ないのですが、二次会からの出席となると、その振り幅の広さからかなりのセンスが問われるものです。そこで今回は、礼節はしっかりとキープしつつも洒落っ気溢れる晴れ着スタイルをご紹介させていただきます。

 まずはこの手のパーティーに出席する際に気をつけたいことをふたつ念頭に置くべきかと。ひとつめは、あくまで主役は新郎新婦であり、招待された側は脇役に徹するべきである、ということ。これを間違えてしまうと、ただの派手派手で場をわきまえないイタい人になってしまいますからね。そしてふたつめに気をつけたいのは、例え二次会といえども、大人としての節度はしっかりと保つべきでる、ということでしょう。大切なのは新しい門出を迎えた二人をお祝いする姿勢なのですから。

 そこでオススメしたいのが、ビジネスシーンでも頻出するダークスーツです。ライトトーンに比べてフォーマル度の高い濃い色のスーツを選ぶことで、しっかりと新郎新婦を祝福する姿勢をアピールするべきなのかと。で、この手のスーツは得てして仕事着に思われがちですので、そこにさらに艶っぽいアイテムをプラスしていくことで、パーティーにふさわしい華やかな雰囲気を添えるというわけです。たとえば今回のような適度に光沢を備えたネイビーのシャツなどがその好例と言えましょう。く・わ・え・て、ちょっとトレンドも加味するべく、暖色のプリントタイなどでVゾーンを彩ることで、さらに新鮮味もプラスできればもう完璧。

 アレヤコレヤと細かなことも申し上げましたが、前述した通り、あくまで大人としての節度をキープしつつ、新郎新婦を祝福する姿勢さえ忘れなければ、自ずと結婚式の二次会にふさわしい装いは見えてくるはず。そのことをくれぐれもお忘れなきよう。

ネイビーシャツで作る
大人の晴れ着スタイル

ここに合わせたシャツが白だとしたら、トレンド感のあるスーツスタイル。ですが、今回はあくまで結婚式の二次会に足る装いを提案させていただいているわけですので、ドレッシーで艶っぽいネイビーのシャツが正解となるのです。

チーフにも適度な
艶っぽさを求めたい

白チーフは一見無難に思えますが、シャツがダークトーンの場合、大抵全身でチーフのみが浮いてしまうことに。ので、ここはシャツのトーンに合わせてネイビーのチーフを。白のパイピングによってヌケ感も演出可能です。

フォーマル度の高い
ダークトーンをベースに

ライトトーンのスーツは、どうしてもカジュアルな印象を与えます。ですので、ここはフォーマル度の高いダークトーンを選びましょう。とはいえビジネススーツでもありがちな色味ゆえ、お伝えしたテクニックを駆使して着こなすことをお忘れなく。

Other Cut

ややカジュアルなパーティーなら、ニットポロにストールといった着こなしでもOK。これらのアイテム自体はカジュアルな印象ですが、スーツがダークトーンであれば、しっかりと大人としての節度は保てるというわけです。

ITEM/

  • Stile Latino

    ¥384,480

    B.R.SHOP

  • Maria Santangelo

    ¥27,000

    【2 color】

    B.R.SHOP

  • Kenji Kaga

    ¥27,000

    【2 color】

    B.R.SHOP

  • SIMONNOT GODARD

    ¥6,480

    【3 color】

    B.R.SHOP

ANOTHER ITEMS/

  • GRAN SASSO

    ¥31,320

    【3 color】

    B.R.SHOP

  • BOGLIOLI

    ¥31,320

    【3 color】

    B.R.SHOP

*当サイトの税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。お間違えになりませんようご注意ください。