B.R.ONLINE

Style Web Magazine & Online Shop

RECOMMEND

STYLING

Casual Style Vol.046

2017.05.26

Casual Style Vol.046

写真 : 渡辺修身 (SAMMY STUDIO) / スタイリング : 四方章敬 /
ヘアメイク : KOTARO (SENSE OF HUMOUR) / 文 : 持田慎司

 イタリア男性服の醍醐味は、オトコをセクシーに演出してくれること。だからこそ彼の国の御仁たちは、皆年輪を重ねても艶っぽいのではないでしょうか? でも、ひと言に"艶っぽい"と言っても、その醸し出し方には時代の流れというものがあるわけで。光沢のあるスーツに光沢のあるタイを結び、足元にはロングノーズのシューズを合わせてセクシー路線全開にキメていたのもいまや昔。昨今ではどちらかといえば、セクシーさはそこそこに抑え、ちょっとマイルドな方向にスタイルをまとめあげるのが、イタリアでもトレンドとされているのだとか。

 たとえばジャケットのインナー選びひとつをとっても然り。リラックス感やヌケ感が求められるいまの時代に合わせて、しっかりとアップデイトさせるべく、クルーネックやVネックに代表されるニットを選んでいるのです。無論、ジャケット自体はクラシックかつグラマラスな、イタリア然としたものが求められるのは言わずもがな。ただ合わせによって、絶妙に艶っぽさの塩梅を調整しているというわけなのであります。ちなみに近年のニットポロブームも、この流れの影響かと。

 そう、いまや時代はイタリア一辺倒ではなく、イタリアのモノ作りの素晴らしさや艶っぽさの中に、いかに土臭さやヌケ感を加えていくかに、トレンドは変化している模様。そんな流れを汲んで、本連載でも上質な仕立てのジャケットのインナーとしてニットを選ぶべし、というススメをご紹介させていただいた次第なのです。

 そして実はこれ、ジャケットスタイル以外にも当てはまるテクニック。全身艶っぽいアイテムでまとめあげるのではなく、むしろ艶感のあるアイテムは一点に抑え、あとはテイストの異なるブリティッシュだったりアメリカンだったりするアイテムを全身に散りばめることで、いまっぽいスタイルにアップデイトできてしまう、なんとも便利なワザなのであります。

 インナーにニットを合わせた最旬ジャケットスタイル、これを受け入れられるか否かで、あなたのコーディネートのアップデイト具合がひと目でわかってしまうかもしれませんよ。

仕立ての良いジャケット
だからこそのテクニック

ジャケットが上質だからこそ、カジュアルなVネックニットを合わせても、大人っぽい雰囲気はキープできるというわけ。つまり、トレンド感に加え大人の余裕もそこはかとなく演出できてしまうコーディネートテクニックってこと。

インナーは
ニットであればOK

カットソーよりも落ち着いた印象で、シャツ生地よりもヌケ感がある。そんな絶妙な塩梅のニット地のアイテムであれば、極端な話、Vネックであろうが、クルーネックであろうが、ニットポロであろうが、なんでもゴザレなのですよ。

パンツにもカジュアル感
は求めるべし

せっかくインナーでリラックス感を演出しているので、ボトムスにもそのムードを牽引してほしいところ。ということで太さの異なるストライプが大胆に走るパンツを合わせて、艶っぽさはジャケットのみに留めることにいたしましょう。

Other Cut

いかにも背景に地中海が見えそうなリゾート感漂う装いですが、このスタイルも上質な仕立てのジャケットのインナーにニットを合わせている、という点ではコーディネートのポイントは同じ。しばらくこのテクニックは使えそうですね。

ITEM/

  • Sartorio

    ¥205,200

    B.R.SHOP

  • Cruciani

    ¥37,800

    【2 color】

    B.R.SHOP

  • BERWICH

    ¥35,640

    B.R.SHOP

  • PARABOOT

    ¥75,600

    【2 color】

    B.R.SHOP

ANOTHER ITEMS/

  • PANICALE

    ¥31,320

    【2 color】

    B.R.SHOP

  • INCOTEX

    ¥30,240

    【2 color】

    B.R.SHOP

  • Ray-Ban

    ¥24,840

    B.R.SHOP

*当サイトの税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。お間違えになりませんようご注意ください。