B.R.ONLINE

Style Web Magazine & Online Shop

RECOMMEND

STYLING

Casual Style Vol.027

2015.11.02

Casual Style Vol.027

写真: 渡辺修身(SAMMY STUDIO) / スタイリング: 四方章敬(code) /
ヘアメイク : 勝間亮平(masculine) / 文: 寺田慎一(4610)

最近、ジャケットのインナーに丸首のカットソーやニットを合わせた着こなしをやたらと目にします。別にこの着こなし自体をどうこう言うわけじゃございませんが、実はちょっと気になることがございまして、今回はその辺りをじっくり掘り下げさせていただければと思っている次第です。と言いますのも、このジャケットの下に丸首インナーという着こなし、実は相当ジャケット側の選びを慎重にしなければならない合わせなのを、皆様はお気づきでしょうか? なぜならば元来的にカットソーやニットと言えばくつろいだ印象のアイテム言え、肩パッド&芯地がしっかりと入った構築的なジャケットには全くもって相性が悪い、というわけなのです。で、この手の物を間違ってチョイスしてしまうとどうなるのかと申しますと、往年の『一斉○靡セ×ア』よろしくなちょっとばかり時代錯誤な感じになってしまいます。ので、この辺には十分にご注意いただければと。というわけでジャケットのインナーに丸首を合わせる際にどのようにすれば『一○風靡セピ×』化を避けられるのかをここにてご紹介させていただきます。その答えはと申しますと、テーラードジャケットをあえて避け、ニットジャケットを選ぶべし、ということ。だってリラックスした趣の丸首のインナーと、これまたくつろいだ印象のニットジャケットの相性が悪いわけないですからね。もちろん、テーラードタイプであっても、パッドや芯地が排された物であれば合うものもありますが、まずはニットジャケットから初めて、徐々にカジュアルなテーラードタイプの物に移行していけば良いんじゃないかと思うわけなのです。というわけで、丸首インナーにジャケットを羽織りたければ、まずはニット素材から。このお約束を忘れることなく、リラックスしたジャケットスタイルを存分に楽しんでいただければ、と。

丸首に合わせるなら
これくらいのユルさがないと

丸首ニットに合わせたニットジャケットのラペルのゆる〜い雰囲気。テーラードタイプのそれに比べると、明らかにリラックスした印象が強いかと。これくらいのくつろいだ空気感が、丸首のインナーには合うってわけなのですよ。

小物も生真面目
すぎてはイケマセン

着こなし自体がリラックスした印象ですから、当然そこに合わせる小物だって、同じような雰囲気を醸したアイテムを持ってきたいもの。というわけでクラッチバッグの中でもかなり遊びと余裕を感じるこんなものをチョイスした次第です。

シューズ選びも
固すぎは厳禁です

ライトブラウンのローファーを合わせて足元からもヌケ感を演出。いくらリラックスした雰囲気を醸し出したいからと言って、脱力しすぎてはただの“だらしない人”になってしまいますから、その辺は革靴で大人らしさをキープしましょう。

Other Cut

一方こちらは、あえてコントラストを効かせることでモードな香りを漂わせたコーディネート例。全体にシャープさが加わり、より都会的で洗練された印象に仕上がっていますよね。こういった具合に硬軟自在使い分けられるのもこの手の着こなしの魅力なのであります。

ITEM/

  • PANICALE

    ¥49,680

    【5 color】

    B.R.SHOP

  • Cruciani

    ¥38,880

    B.R.SHOP

  • PT01

    ¥37,800

    【3 color】

    B.R.SHOP

  • F.LLI Giacometti

    ¥102,600

    【2 color】

    B.R.SHOP

  • ZANELLATO

    ¥32,400

    【3 color】

    B.R.SHOP

ANOTHER ITEMS/

  • ZANONE

    ¥21,600

    【3 color】

    B.R.SHOP

  • VIGANO

    ¥37,800

    【3 color】

    B.R.SHOP

  • F.LLI Giacometti

    ¥102,600

    【2 color】

    B.R.SHOP

*当サイトの税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。お間違えになりませんようご注意ください。