B.R.ONLINE

Style Web Magazine & Online Shop

RECOMMEND

STAFF RECOMMEND / FOCUS ITEM

2018.04.29

B.R.SHOP STAFF FOCUS ITEM Vol.030





歴史あるシューメーカーには必ずといって良いほど、"定番"と呼ばれる長く愛されるモデルが存在します。
ロブのCITYⅡしかり、オールデンの990プレーントウ、チャーチではフェアフィールド、ウェストンのシグネチャーローファー180、などなど。一貫したクオリティーを保ちながら、時流に合わせて少しづつ進化していくのが真の定番です。ゆえに買い替えたりした際に新たな発見があるのも魅力。そんな定番靴のひとつである「Paraboot(パラブーツ)」の"CHAMBORD(シャンボード)" にフォーカス。


仕様の違いが分かりますか?


上の3足はいずれもCHAMBORD。愛嬌のある丸いトウにボリューム感あるフォルムは街中でもよく見かけますよね。アッパーレザーが異なるのはご覧の通りですが、左(茶)と真ん中(黒)・右(白)は同じCHAMBORDでも仕様に違いがあるのです。


底付けが異なる


左はノルヴェイジャン製法、右はグッドイヤー製法です。
ノルヴェイジャン製法とラバーソールのコンビネーションはパラブーツの十八番。元来のCHAMBORDはノルヴェイジャン製法なのですが、顧客の「ドレッシーなCHAMBORDはないの?」という声に応えて登場したのがグッドイヤー製法モデルなのです。





上はグッドイヤー、下がノルヴェイジャン


ソールも異なる


ノルヴェイジャン(左)とグッドイヤー(右)では別々のソールが付けられており、厚みなども異なります。左の方がボリューミー、右はスマートに見えますね。また、右のヒール部分にはレザーが挟み込まれています。ちょっとした違いではあるものの、これらによって右のグッドイヤーはドレス仕様と言えるワケ。


ラバーソールを自社生産


世界で唯一ラバーソールを自社生産しているパラブーツは、ソール自体に名前が付けられています。ノルヴェイジャン(左)は"PARATEX"、グッドイヤー(右)は"ACITIV"。天然ラテックスを使用して作られるラバーソールは素材自体が持つ弾力性などの特徴を最大限に引き出しています。そして、傷みにくさは圧倒的で、とても頑丈。







底付けとソールが異なるので、横から見るとよく分かるボリューム感の違い。蛇足ですが、グッドイヤー・ドレス仕様の方には甲部分のブランドチケットが付きません。ちょっとした気遣い、でも気が利いています。


スタイルを問いません






カジュアルなコートスタイルから、ショーツ、スーツまでカバーできるCHAMBORD。こんなに汎用性のあるシューズは滅多にありません。定番と呼ばれ続ける由縁は、こんなところにもあるのかもしれませんね。

ITEM/

  • PARABOOT

    ¥70,200

    B.R.SHOP

  • PARABOOT

    ¥75,600

    B.R.SHOP

  • PARABOOT

    ¥75,600

    B.R.SHOP

ANOTHER ITEMS/

  • PALTO

    ¥85,320

    B.R.SHOP

  • BERWICH

    ¥30,240

    B.R.SHOP

  • Finamore

    ¥33,480

    【3 color】

    B.R.SHOP

  • INCOTEX

    ¥35,640

    【2 color】

    B.R.SHOP

  • De Petrillo

    ¥159,840

    B.R.SHOP

  • Cruciani

    ¥44,280

    【2 color】

    B.R.SHOP

*当サイトの税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。お間違えになりませんようご注意ください。