B.R.ONLINE

Style Web Magazine & Online Shop

RECOMMEND

STAFF RECOMMEND / FOCUS ITEM

2017.11.25

ring FOCUS ITEM Vol.6





B.R.CHANNELではみやもっちゃんと言えば、ringバイヤーを務める宮本さん。
先日gujiの岩佐さんの推しアウターをお聞きしましたが、今回は親しみを込めてこう呼ばせていただきましましょう ! 笑
ringみやもっちゃんの推しアウター 1.2.3 ! をご紹介 !
ringとgujiのバイイングの違いはあるもののシンクロするアイテム選びにご注目ください。


艶感バツグンのエクスクルーシブ



No.3
Stile Latino ( スティレ ラティーノ )
カシミヤ グレンチェック シングル4Bチェスターコート
¥486,000


近年、ringが力にチカラを入れ猛烈プッシュ中のStile Latino(スティレ ラティーノ)が早くも登場です。
ringのラティーノへの愛情と情熱の注ぎっぷりは常人の域を超えたもの、その証に今秋には大阪に常設のPOP UP STOREを開設するほどに。もちろんB.R.ONLINEでも毎シーズンFEATUREを重ね、既にそのラテンスタイルを謳歌したラティーノの世界観、クオリティーはB.R.ONLINEの皆さまならじゅうじゅう承知でありましょう。
そんなラティーノが誇る4つボタンのシングルコート、ややゆったりしたサイズ感に着丈も長くした。オーバーサイズに見えるか見えないかのギリギリのラインに男の色気、エレガントのエッセンスを求めた一着。



こだわりは、ラティーノの中でも最高ランクの生地。もちろんエクスクルーシブで日本の取り扱いはココringだけ。カシミア100、ブラウン・ベージュと土臭く、男臭いカラーリングは本物志向を掲げるringならではセレクト。こんな強者の生地でもラティーノの手にかかれば最上級のエレガントへと導くのであるマス。



このドレープに一目惚れ



No.2
COHERENCE ( コヒーレンス )
FOUFOU ウール ジャージー ダブルブレストコート
¥205,200


2番手に選ばれたのはCOHERENCE ( コヒーレンス )。まだ聞きなれない方も多いだろう。何を隠そうこのブランド今季ringで初登場。デザイナー中込憲太郎氏が手掛けるコートブランドは、名だたる歴史上の芸術家たちのポートレートからインスピレーションを得たデザインに、日本で糸から縫製まで仕上げるというこだわりに、衝撃を受け展開に踏み切ったというバイヤーみやもっちゃんも愛用する注目のブランド。



第一次世界大戦後、エコール・ド・パリの代表画家藤田嗣治氏にインスピレーションを受けたモデル「FOUFOU」。(藤田氏はフランス語の綴り「Foujita」から「FouFou (フランス語でお調子者の意)」と呼ばれていた。) ディテールは当時のままにクラシックを踏襲するも、現代の素材と絶妙なサイジングで美しいドレープを生む。今、現在における本物を提案するコヒーレンスとringの志向するリアルクロージングが合致した瞬間だ。



わがままをカタチにしたring渾身の一着



No.1
GRENFELL ( グレンフェル )
コットン ツイル ロングトレンチコート
¥162,000


ringでは継続的に展開しているモデル " KENSINGTON2 ” 。昨年は3cm着丈を長くしたスペシャルオーダーするほどの思い入れのあるモデル。今年はブランド側の提案から着丈を膝下に設定したモデル"KENSINGTON2 DOCTOR”をオーダー。グレンフィルクロスと呼ばれる高密度のコットンツイル、トレンチコートの伝統的なディテールを保ちながらもフィッティングは日本人に向けられた細身の美しいシルエット。
今年のビックトレンドであるロング丈、最小サイズでも110cmオーバーの着丈は、優雅さと英国の気品漂うトラディショナルなトレンチコート。間違いなくNo.1に相応しい。



ライニングはBEGG製ウールを使用しているが、ringではライニングのカラーリクエストを行う徹底ぶり。ringの描く理想の男性像を追求し、細部まで徹底的にこだわった一着。


トレンドを意識しながらも華美になりすぎず、リアルクロージングを目指すringらしい素晴らしいラインナップ。
みやもっちゃん曰く、「 男にモテる服 」。 その理由は、アイテムひとつひとつのバックボーンに、男心くすぐるストーリーがあるからに他ならない。

こうしてみるとringは、男臭く男性目線のセレクトされたものが多く、かたやgujiは女性にモテる ! を意識したセレクトがベースにあることが分かる。両者ともしっかりとトレンドを押さえ、確かな情熱をセレクトされたアイテムに落とし込んでいる点ではコンセプトは違えど、ベクトルは上昇志向へとしっかりと向かっている。これが今、ノリに乗っているgujiグループの強みだろう。

男臭くて何が悪い ! 本物志向のリアルクロージングを目指すringみやもっちゃんの推しシーリズ、次回を楽しみに待ちください !



編集・文 : 森 大樹(B.R.ONLINE) / 写真 : 藤平 啓文(B.R.ONLINE)


*当サイトの税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。お間違えになりませんようご注意ください。