B.R.ONLINE

Style Web Magazine & Online Shop

RECOMMEND

STAFF RECOMMEND / FOCUS ITEM

2017.07.28

ring FOCUS ITEM Vol.4

 



もはやこの業界で知らない人などいないのではないでしょうか?
ボトム専業ブランドとして名を馳せた「PT(ピーティー)」。
進化を止めないからこそここまでの地位に登りつめたPTは今シーズンさらなる進化を遂げました。
世界のファッショニスタ、ドメニコ・ジャンフラーテ氏がディレクターに就任して初となるコレクションから、その象徴となる”Poets Society”シリーズをFOCUS。

まずお話の前に、ドメニコ・ジャンフラーテ氏ってどんな人?っていうことから始めましょう。
百聞は一見に如かず。
ドメニコ氏のInstagramを抜粋させていただきました。


gianfrateshowroom

様々なメディアのスナップでは超常連。
もはやこの人がいなければスナップ企画が始まらないのではないか、というほどのファッショニスタ。
このドメニコ氏をディレクターに迎え新しくスタートをきったPTは、また新たなる進化を遂げたのです。

今回ご紹介の”Poets Society”シリーズは、映画『今を生きる』〜Dead Poets Society〜からインスピレーションを得たコレクション。
ざっくりとこの映画のお話をすると、1959年、アメリカ東部のバーモント州が舞台。
ロビン・ウィリアムズ演じる一風変わった英語教師が厳格な名門進学校に赴任してくるところから物語は始まります。
教師役であるロビン・ウィリアムズは美しい詩を読む喜びと、自由に生きる素晴らしさを教え、生徒たちが変わり始めていく中で、1人の生徒が将来の夢を父親に完全に否定され絶望のあまり自殺に追い込まれます。それがきっかけでロビン・ウィリアムズと生徒たちが別れの言葉を送るというあらすじ。




いわゆる青春学園ドラマなのですが、学生の制服をモチーフにレジメンタルストライプを用いたり、裏地にはオックスフォードのシャツ生地を採用するなど、随所にこだわりを感じる作りになっています。




深めのインプリーツが入り、股上が深めに設定された腰回りには余裕を持たせつつ、裾に向かってテーパードを効かせた新たなシルエットの名は”GENTLEMAN FIT(ジェントルマン フィット)”。
ベルトレスを前提に作られたこの”ジェントルマン フィット”は、フロント持ち出しの機能性を高めるべく従来よりも長めに設定されています。




このサイドアジャスターによってウェスト調節が自由自在。ベルトレス仕様がイマドキです。また、クラシカルな雰囲気も同時に漂わせます。




素材はライトフランネルでほんのりとした起毛感があります。ストレッチウールなのでストレスフリー。
注目のカラーのワイン&キャメル。
もちろん男の定番のネイビーも外せません。




このシリーズには映画の中で実際に詠まれた詩が書き込まれたメモ帳が付属されています。思い思いに詩を詠うのもオツではありませんか。

自由に生きることの難しさ、美しい詩と人間の素晴らしさを教えてくれる映画『今を生きる』〜Dead Poets Society〜からインスパイアされたPT01の”ジェントルマン フィット”。
その名に恥じない今を生きる最旬のジェントルマンはこの一本始まります。



ITEM/

  • PT01

    ¥41,040

    【3 color】

    pt per ring

ANOTHER ITEMS/

  • PT01

    ¥34,560

    【3 color】

    pt per ring

  • PT01

    ¥31,320

    【5 color】

    pt per ring

*当サイトの税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。お間違えになりませんようご注意ください。