B.R.ONLINE

Style Web Magazine & Online Shop

RECOMMEND

STAFF RECOMMEND / STYLING SAMPLE

2018.09.14

ASTILE house STAFF RECOMMEND Vol.224

今年の“ツイード”はこう着こなす!!



日を追うごとに季節の移ろいを感じる今日この頃、そろそろ秋冬シーズンの本命とも言える“ジャケット”の存在が気になってきたという方も多いのではないでしょうか?

そこでASTILE houseがオススメしたいのが“ツイード”素材のジャケット。

ともすると野暮ったい印象になってしまうオーセンティックな素材ですが、そこを洒脱にこなすというのが“オトナ”の着こなしと言うものです。
というわけで今回は、AHがイチオシの“ツイード”ジャケットの着こなし方をご紹介。




ブラウンのツイードジャケットをメインにクリーンな印象のホワイトのタートルネック、トレンド感の漂うブラックウォッチのパンツを合わせたこちらのスタイル。
季節を感じるウォーミーなアイテムを使っていながらも重々しいコーディネートに見せていないのがポイントで、素材感、柄感に緩急をつけることで軽快な着こなしになるよう意識しています。




主役となるジャケットはご存知「THE GIGI」からセレクトした2Bジャケット“DEGAS2/L”。
いわゆるカントリーな匂いのするヘリンボーンパターンのツイード素材を使用していますが、ツイード特有のゴワつきと生地の重さを感じさせないしなやかな生地感となっているのが特徴で、ツイードジャケットとは思えないコンフォートな着心地を実現しています。

柔らかな仕立てにピークドラペル、フラップ付きのチェンジポケットとイマ旬のディテールもバランスよく取り入れることで、ブラウンツイードのジャケットを都会的に見せているのも「THE GIGI」ならでは。

インナーにはジャージー素材のタートルネックを合わせ、いい意味でラフな印象のジャケットスタイルを演出しています。




パンツにはブラックウォッチパターンのサキソニー生地が目を惹く2プリーツパンツをチョイス。
“英国”テイストがトレンドとなる中、久々に注目を集めているのがこちらのブラックウォッチ柄です。
スタイリングのアクセントとなりつつ華美な印象を与えない色柄は、ダークトーンが増える秋冬シーズンにはまさにピッタリなアイテムではないでしょうか?
ブラウンツイードとの相性もよく、こちらではツイードジャケットスタイルにモダンなスパイスを与える役割を担っています。




足元はブラックのコインローファーでスタイリングを引き締めます。
早いタイミングは素足履きもいいですが、季節が深まるシーズン本番はホワイトのソックスやアーガイル柄のソックスなどで足元に華を添えるのもオススメのテクニックです。

この時期になると気になる“ツイード”素材のジャケット。
トラディショナルな着こなしもひとつですが、カジュアルな着こなしが増える昨今では、“程よさ”や“こなれ感”と言うのがキーワードとなってきます。
いつもとは違う“ツイード”ジャケットを今年ならではの着こなしで楽しんでみてはいかがでしょうか。


ITEM/

  • THE GIGI

    ¥105,840

    ASTILE house

  • altea

    ¥20,520

    【3 color】

    ASTILE house

  • BERWICH

    ¥42,120

    ASTILE house

  • CROCKETT&JONES

    ¥102,600

    ASTILE house

*当サイトの税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。お間違えになりませんようご注意ください。