B.R.ONLINE

Style Web Magazine & Online Shop

RECOMMEND

STAFF RECOMMEND / STYLING SAMPLE

2017.01.11

ASTILE house STAFF RECOMMEND Vol.091

『着流す「着こなし」』



ファッショントレンドにおいて「クラシック回帰」が進む中で少しずつ浸透してきたのが「ON」ではないスーツのスタイリングです。
しかしながら、どうしてもスーツというとかっちりとした印象が強くなってしまい、「OFF」で着こなすのを難しく感じる方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、着流すことでこなすカジュアル感のある「スーツ」スタイルをご紹介させて頂きます。


素材感のあるスーツが目を惹くこちらのスタイル。




注目したいのがインナーの組み合わせ。
ジャケットのカットソー合わせが定番となる中、スーツでの合わせもまた例外ではありません。
カットソーは重く見えがちなスーツスタイルにラフな印象をあたえ、「オトナ」の遊び心のあるスタイリングを表現するのに不可欠なアイテムのひとつとなっております。
トレンド感を取り入れつつ程よく遊びの効いたスーツはカットソーとの相性も良く、ビジネスライクな表情にならない「こなれ感」のあるスタイリングを実現してくれます。


カジュアルなスーツスタイルのVゾーンはシンプルが鉄則です。



スーツというと華やかにしたくなるのがVゾーンですが、「OFF」の着こなしではリラックス感も大切です。
着流す「着こなし」では鮮やかなチーフで彩りを添えるのではなく、ラフなカットソーの雰囲気を引き立てるカーディガン合わせがオススメ。
カットソーの持つカジュアル感を残しつつ立体的なVゾーンを演出することで、スーツとの相性も良くなり季節感のあるコーディネートを表現できます。
足元もプレーンなスリッポンでスタイリングにコンフォートな気分を与えています。


とはいえ、こだわりたいのが小物のチョイスです。



「ZANELLATO」の待望のニューモデルとして人気を集めているこちらのヘルメットバック。
ミリタリー由来のアイテムとは思えないほどの洗練された雰囲気は、男らしい無骨な表情と時間をかけて仕立てられたレザーの高級感が感じられる、まさに今が気分のアイテム。
カジュアルを格上げしてくれるバックとしてもオススメですが、ドレスダウンしたスーツスタイルにもマッチする汎用性の高い逸品は休日の相棒としてマストではないでしょうか?


なかなか馴染みのない「OFF」のスーツ使いですが、ジャケットスタイルと同様にこれからのトレンドを考えると無視のできない着こなしのひとつと言えます。
スーツのチョイスやインナーの組み合わせでこなれた雰囲気を演出しつつ、リラックス感のあるスーツスタイルで着流す「着こなし」をお試しください。

ITEM/

  • THE GIGI

    ¥159,840

    ASTILE house

  • JOHN SMEDLEY

    ¥37,800

    【2 color】

    ASTILE house

  • mey story

    ¥11,880

    【2 color】

    ASTILE house

  • ZANELLATO

    ¥86,400

    【2 color】

    ASTILE house

  • VANS

    ¥9,720

    ASTILE house

*当サイトの税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。お間違えになりませんようご注意ください。