B.R.ONLINE

Style Web Magazine & Online Shop

FEATURE

ring THINGS WE PICKS Recommend Style / 2017SS Vol.1

2017.03.14

Producer : 大和一彦 / Styling & Direction : 四方章敬 / Photographer : 野口貴司 (San Drago) / Hair&Make : Takuya Baba (Sept) / Writer : 池田保行 (ゼロヨン) / Designer : 中野慎一郎 / Model : JEREMY DUFOUR (EXILES)


テラコッタ×ブラックが
モダンクラシックの鍵になる

アフリカ大地の赤土の色を思わせる、テラコッタカラーは今季注目の色です。オレンジから茶色までの幅広いカラーパレットなので、一見派手で着こなしは難しそうに思えますが、じつは簡単にこなせる方法があるんです。それは黒を合わせるということ。テラコッタカラーのアイテムを使うときは、どこかに黒のアイテムをあわせるだけで簡単に、しかもモダンにスタイリングができるんです。

黒パンに茶靴だったり、黒ジャケットにオレンジのチーフといったように、差し色として使うなら、お互いを引き立てるカラーリングとなりますが、小さいアイテムで使うのは昔のテク。今季はテラコッタカラーのジャケットに黒のテーパードパンツという、大胆な組み合わせがトレンドとなっていて、先日のピッティ会場はもとより、フィレンツェやミラノの街中でもテラコッタ色は注目を集めていました。昨今のクラシックトレンドのなかでは新鮮な組み合わせですが、早い人はもうすっかりテラコッタの虜となっています。

エルネストのテラコッタカラージャケットは、太さが異なるオルタネートストライプ柄。ブラウンとダークネイビーというベーシックカラーが使われているので、正攻法でグレーやブルーといったベーシックカラーとの組み合わせも余裕です。でもグレーパンツではありきたりですので、ご覧のように黒パンをくるぶし丈であわせてやれば、コントラストが効いた今風のトレンドスタイルに早変わりです。ちなみに、ここで靴を茶ではなく黒にするのが気分。くるぶしにジャケットとリンクする色=肌色が覗いているから、黒靴のほうがバランスがいいんですね。ちゃんと考えられてるんですよ。

インナーはシンプルに白いヘンリーネックのカットソーをあわせました。もちろん白シャツでもOKなんですが、衿のないシャツにジャケットを羽織るとラグジュアリーでスポーティな印象が高まります。白Tやバンドカラーのシャツなども使えますので、ぜひご活用ください。黒靴はやっぱりスリッポンですね。今年はコインローファーが再び注目を集めているので、こちらもご参考に。


テラコッタカラーは、
個性派クラシックで話題のブランドも注目しています

ジャケットはジャン フランコ ボンメッツァドリと同じファクトリーで作られているエルネストです。左袖に「e」モチーフの飾りボタンがあしらわれているのがアイコンデザインですので、ご存じの方もいらっしゃるかと。スタート当初からメンズでは珍しい生地を多彩に使っていることで注目されてきましたが、エルネストでは今春、このテラコッタカラーを大胆に使ったコレクションを展開しています。

このジャケットは麻と黄麻を混紡した麻袋のような素材で仕立てられています。ハリコシの強い生地なので保形性がよく、肩は副資材を使わない完全な1枚仕立てですが、しっかり立体的なフォルムを描きます。Tシャツでさらりと着るのはもちろん、タイドアップしてもキマりますので、そのあたりは下掲をごらんください。


テラコッタカラーは
タイドアップしたスタイルも、これこのとおりお得意です

コチラではシャンブレーシャツを合わせてタイドアップ。フレスコタイもパンツも黒を使っていますが、パンツは上掲のものよりしっかりクリースが入ったスラックスタイプにしてみました。クラシックだけどモダンな気分が漂う、新鮮なジャケットスタイルに仕上がっていることがおわかりいただけるかと。

シャンブレーシャツはラウンドカラーで、かなり色が濃いめのものを選んでいます。それというのにも理由がありまして、ジャケットのストライプの縞色とシャツ色を呼応させているのです。これは薄いブルーには濃茶より薄いベージュを合わせたほうがしっくりくるのと同じことで、トーンを合わせた「アズーロ・エ・マローネ」にして、ワントーンならではのモダンクラシックなカラーリングを狙っているわけです。

旬のテラコッタカラーの強い発色には、黒または同トーンの濃色を合わせて攻略。するとモダンな気分が増すという意外な効果がおわかりいただけましたでしょうか。トレンドカラーとしてのテラコッタ色はすでにご承知でも、なんとなく手が出せないでいた方は、ぜひ黒アイテムとのコーディネートにトライしてみてください。


ITEM/

  • ernesto

    ¥135,000

    ring

  • giab's ARCHIVIO

    ¥23,760

    【5 color】

    ring

  • Drumohr

    ¥22,680

    【4 color】

    ring

ANOTHER ITEMS/

  • GUY ROVER

    ¥21,600

    ring

  • PT01

    ¥39,960

    【4 color】

    pt per ring

  • STEFANO BIGI

    ¥16,200

    【2 color】

    ring

  • Anderson's

    ¥15,120

    【2 color】

    ring

FEATURE/

SEE MORE

ring THINGS WE PICKS
Recommend Style / 2017AW Vol.1

ringがスティレ ラティーノに惚れる理由

2017.09.08

ring THINGS WE PICKS
Recommend Style / 2017SS Vol.2

品格があって色気もある
男のお洒落はナポリに学ぶ

2017.04.12

ring THINGS WE PICKS
Recommend Style / 2017SS Vol.1

人気のセレクトショップがオススメする、ringの最旬カラーリングはテラコッタ×黒

2017.03.14

ring THINGS WE PICKS
2016 AW / Recommend Style Vol.1

日本とイタリア、夢のコラボで実現した奇跡のスリーピース

2016.08.30

ring THINGS WE PICKS2016SS /
Recommend Style Vol.2

タイドアップ姿もカジュアルに魅せるナポリ仕立てのオフ白ジャケット

2016.04.26 | PR

ring THINGS WE PICKS
2016SS / Recommend Style Vol.1

淡色のトーンで纏う早春のISAIA

2016.02.23 | PR

  • BRANDBY SHOP /

*当サイトの税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。お間違えになりませんようご注意ください。