B.R.ONLINE

Style Web Magazine & Online Shop

FEATURE

nano・universe Recommend Style 2018SS / vol.1

2018.02.15

Producer : 大和一彦 / Photographer : 鈴木泰之 / Writer : 池田保行 (ゼロヨン) / Designer : 中野慎一郎

モノトーンで着ればモダンな印象の英国100年ブランド

ナノ・ユニバース / バブアー 別注BEDALE SL コーデュラ ブルゾン

バブアーといえば、100年を超える英国のアウトドア・ライフスタイルブランド。オイルドクロスのジャケットが有名ですが、この日、戸賀さんが羽織られているバブアーはオイルドクロスでは無さそうです。と言うか、このジャケット、もしかしてバブアーですか?と一瞬気づかないほど洗練された印象だったんです。

「これはインビスタ社のコーデュラナイロンを使ったバブアーのビデイルSLです。通常のナイロンの7倍の強度を誇る素材に載せ替えた、ナノ・ユニバースの別注モデルなんです。オイルドクロス特有のベタつきがないので、カーコートのように着たままクルマに乗れるのがいいでしょ」。

たしかにクルマが日常の足の戸賀さんにとって、オイルドクロスのアウターは考えものです。一般の人でもオイルドクロスのバブアーで満員電車に乗るのは躊躇われますが、コレならオイルの臭いもベタつきもないので大丈夫そうです。

「じつは今、グランピングってやつに興味があって、ポルシェのイベントでも取り上げたりしているんです。星のや富士にも行ってみるつもり。そんなアウトドアシーンで着るのに、本物のバブアーはオーバースペック気味だけど、雰囲気だけ味わうのにナイロンのバブアーはちょうどいいんじゃないかと思うんです」

この日は黒のジャブスアルキヴィオのパンツに白Tとスニーカー、そして黒のビデイルというモノトーンコーデ。ワーク&アウトドアの土クサさをを消しつつも、雰囲気にはフィールド感もあって大人のアウトドア感を醸しています。

「若い頃はオイルドのバブアーも着たけれど、年齢とともになんとなく似合わなくなってしまったように思うんです。都会で着る分には本物のアウトドア服は必要ないですし。でもたまにゴルフをしない箱根ドライブとか、旅館の中庭を歩くときの羽織りモノには、これぐらいがちょうどよいと思いませんか」


裏地をカモフラ柄に切替えることでバブアー特有の土クサさを解消

バブアーのビデイルは、ビューフォートと並ぶ代表的なモデル。ゲームハンティング用にはビューフォート、ホースライディング用にはビデイルと用途が分けられていて、デザインは似ていますが、ビデイルのほうが着丈も短めで着やすいと言われます。

さらにビデイルとビューフォートは裏地のつき方に差があって、総裏にバブアーのオリジナルタータンチェックを使っているのがビューフォート、馬の背にあたる下半分をナイロンに切り替えて、タータンチェックは上背だけに限定したのがビデイルです。

ナノ・ユニバースの別注ビデイルは、このタータンチェックを、カモフラージュ柄のメッシュ生地に変更。タータンチェックのカントリーな気分をミリタリー柄に変更している点も土クサさを解消していて、戸賀さんもそのあたりに惹かれた様子でした。

「タータンチェックの代わりにカモフラ柄になったことで、ブリティッシュカントリーな気分を消してくれている。もちろんバブアーの魅力のひとつではあるのですが、都会で暮らしているとそういう気分ってあまり必要なかったりしますよね。完成されたデザインはそのままに、アウトドア&カントリーな気分をあえて消して着ることで、より使いやすく生まれ変わっているように思います」


あらためて大人になってから着るバブアーとは

「本来、英国のタータンチェックは家柄を表す正統の証。若い頃はそういう歴史に憧れたり、ちょっと背伸びして着てみることで、伝統や品格がどういうものなのか服に教えてもらったように思います。実際、僕も雑誌Beginの編集者だった頃、いっぱい服を買って勉強させてもらいました。でもある程度年齢を重ねると、そういうウンチクよりも、どう着こなすかのほうが重要になってきます。ブランドに頼る必要もあまりないですし」

確かに、いまの戸賀さんが英国の歴史あるブランドの権威を借りる必要はないわけで、むしろ英国の伝統的なアウトドアジャケットの雰囲気だけ味わいたい言うときに、コーデュラナイロン別注バブアーは、ちょうどいいのかもしれません。

「いまはあまりワークとかアウトドアとかに馴染みはないんだけど、若い頃に着ていたブランドをいま改めて着てみると、昔は気づかなかった魅力に気付かされることがあります。ポケットの配置やジップスライダーの大きさ、コーデュロイ衿のスナップボタンの付き方も、すごくよく考えられていて悪天候にも対応する。実際、雨の日に着るならゴアテックスのコートのほうが機能的なんだけど、先人の知恵には本当に関心するし、リスペクトできる。バブアーはまさにそういうブランドなんです」


ITEM/

  • nano・universe

    ¥43,200

    【2 color】

    nano・universe

FEATURE/

SEE MORE

nano・universe Recommend Style 2018AW / vol.1

ナノ・ユニバース メンズディレクター戸賀敬城が手がける最新collection

2018.07.30

nano・universe Recommend Style 2018SS / vol.9

フレペがポロシャツ史上、最も上品に着られる理由

2018.06.07

nano・universe Recommend Style 2018SS / vol.8

大人の夏スタイルには リネンがなければ始まらない !

2018.05.31

nano・universe Recommend Style 2018SS / vol.7

街履きできるリゾート靴は 戸賀プロデュースのリビエラで決まり !

2018.05.17

nano・universe Recommend Style 2018SS / vol.6

ナノ・ライブラリーが提案する 戸賀氏渾身のニットジャケット

2018.05.02

nano・universe Recommend Style 2018SS / vol.5

さらに進化した楽ジュアリーなコットンスーツ 戸賀流こだわりの秘訣

2018.04.19

  • BRANDBY SHOP /

*当サイトの税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。お間違えになりませんようご注意ください。