B.R.ONLINE

Style Web Magazine & Online Shop

STAFF RECOMMEND / STYLING SAMPLE

2018.07.06

ASTILE house STAFF RECOMMEND Vol.214

本番に着る“本命”


早々に梅雨が明け、気分はすっかり夏本番となりましたが、いくら暑いからと言っても大人たるもの半袖一枚で過ごすというのも気が引けるもの…。
そんな時に重宝するのが新定番とも言える軽い仕立てのシャツジャケットの存在ですが、本格的なサマーシーズンを迎えたこのタイミングでようやく“本命”とも言えるスペシャルな一着がお披露目となりました。

ということで、今回のスタイリングではそんな“本命”アイテムを使ったサマースタイルをお届けいたします。




モノトーンの色目がシックな印象を醸し出すサファリタイプのシャツジャケットにニットポロを合わせ、リラックス感のあるシアサッカー生地のイージーパンツで涼しげな印象にまとめたこちらのスタイル。
トーンを押さえつつもしっかりと季節感を演出しているのがポイントで、カジュアルながらも品のあるコーディネートを意識しています。

なにより気になるのは今回の主役となる“本命”アイテム。




インディアブラックといういわゆる墨黒カラ―をベースとしながらも特有のフシのある涼やかな素材感が堪能できるコットン×リネンのシャンブレーファブリックが魅力のこちらは、伊シャツブランド「Finamore」からのセレクト。

ありそうでなかったモダンな生地使いが目を惹くシャツジャケットですが、聞けばなるほど、実はこちらは洋服好きには欠かせないファッション誌「LEON」と「ASTILE house」のスペシャルコラボアイテム。

粗野な印象になりがちなサファリテイストのシャツジャケットを都会的な印象に見せつつ目の肥えたモノ好きな方も納得の高いクオリティとなっており、まさに今季の“本命”と言える仕上がりとなっています。
カジュアルなアイテムながらも品のよさとリッチな雰囲気を持ち合わせているのは、さすが「Finamore」と言ったところ。

薄手に仕立てたドライタッチのシャンブレーファブリックとなっているので、これからの時期に軽く羽織るアイテムとしてちょうどよいアイテムとなっているのではないでしょうか。




インナーに合わせたのは、こちらもオーセンティックな上質ニットの代名詞とも言える「JOHN SMEDLEY」からのチョイス。

もはや説明不要のシーアイランドコットンを使用した一枚は、クラシカルな襟型と適度にゆとりのあるオトナなフィッティングがポイントです。
今回は、モノトーンなアイテムの中にAHこだわりのブラウンカラーを挿すことで、クラス感のあるカジュアルスタイルを演出しています。




パンツにはスポーティなドローコード付きのシャーリングパンツを。
いい意味でざらっとした質感の表情のあるシアサッカー生地となっているので、いわゆる“白パン”が苦手な方にも取り入れやすいのがこちらの一本。
インディアブラックのシャツジャケットと合わせてもモード感がでることもなく、スタイリングに程よいリゾート感を与えてくれるコーディネートとなっているのではないでしょうか。

気温が高くなるゆえにどうしても淡泊なスタイルになってしまうサマーシーズン。
スタイリングを格上げしつつもしっかりと涼しく、それでいてちゃんとカッコイイというツボを突いた“本命”が活躍するのはむしろこれからです。
いよいよ夏も本番となるこのタイミング、他にはないスペシャルな一着で洒脱なスタイリングを楽しんでみてはいかがでしょうか。


ITEM/

  • Finamore

    ¥49,680

    ASTILE house

  • JOHN SMEDLEY

    ¥28,080

    【3 color】

    ASTILE house

  • BERWICH

    ¥29,160

    【2 color】

    ASTILE house

  • SERGIO GAVAZZENI

    ¥18,360

    ASTILE house

  • F.LLI Giacometti

    ¥162,000

    ASTILE house

  • BRANDBY SHOP /

*当サイトの税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。お間違えになりませんようご注意ください。