B.R.ONLINE

Style Web Magazine & Online Shop

STAFF RECOMMEND / STYLING SAMPLE

2018.04.20

ASTILE house STAFF RECOMMEND Vol.203

春夏スーツの押さえドコロ


この時期のビジネススタイルにおいて主役となるのが”スーツ”の着こなし。
チョイスする”スーツ”の色柄はもちろんスーツスタイルがメインとなってくるタイミングだからこそ合わせる小物にまで気を抜けないタイミングとなっているのではないでしょうか?
そこで今回は、抜かりのないワンランク上の”スーツ”スタイルにフォーカスいたします。





色気のあるグレーのスーツをメインにミニマルに仕上げたVゾーンがエレガントな雰囲気を醸し出すこちらのスタイル。
シンプルながらも一目でわかるクラス感はAH的なこだわりのチョイスと組み合わせがあってこそです。





まず注目していただきたいのはエレガントな色柄が目を惹くこちらのスーツ。
選んだのは、その味わい深いファブリックと極上の仕立てで世界のファンを魅了するイタリアブランド「Sartorio」からのセレクト。
一見、単色にも見えるヘリンボーン織りのグレースーツですが、背面に発色の綺麗なブルーの糸を織り込んだソラーロファブリックに仕立てることで見る角度によってブルーの色味が顔を覗かせる重厚感のある仕上がりになっています。

そんな美しいブルートーンを帯びるグレースーツなゆえ、Vゾーンはシンプルにスーツの存在を際立たせるアイテムを選びたいところ。
ガルザ仕立てのネイビーストライプタイで清涼感のある雰囲気を演出しつつ淡いブルーのシャツを合わせることで、スーツの絶妙な色合いを活かすブルーグラデーションを表現しています。





組下のパンツには、1プリーツが入るトレンド感のあるクラシカルなディテールのものを。
味わい深い生地感と程よいテーパードラインが秀逸なパンツは、淡白に見えがちなグレースーツのスタイリングを立体的に見せています。


足元には、オーセンティックな表情が魅力のセミブローグシューズを。



お洒落は足元からと言いますが、やはり極上の”スーツ”にはワンランク上のシューズ選びが重要となります。
すらりと伸びたノーズと控えめながらも存在感を放つメダリオンが美しいこちらはご存知「CROCKETT & JONES」のハンドグレードライン「BARRINGTON2」。
ブルートーンでまとめたスタイリングを引き締めるブラックのセミブローグシューズは、スーツスタイルに程よい洒落感とリッチ感を与える一足としてベストチョイスとなっているのではないでしょうか。

”スーツ”を中心にVゾーンの色合い、シューズ選びまでこだわった今回のスタイリング。
ポイントは、クラス感がありつつも華美な雰囲気にはならないよう品の良さを意識している点です。
スーツスタイルがメインとなるこの時期こそ、こだわりアイテムをセレクトした抜かりのないONスタイルをお楽しみくださいませ。


ASTILE houseでは4月21日(土)、22日(日)とシューシャイナーKEN氏によるシューポリッシュイベントを開催いたします。
スーツスタイルに欠かせないシューズをお持ちいただきプロの職人による至高のひと時を堪能してみてはいかがでしょうか?



※詳細はASTLE houseまでお問い合わせください。

〒107-0062
東京都港区南青山6-11-9 SKビル1F
tel: 03-3406-7007
mail: astilehouse@aman.ne.jp



ITEM/

  • Sartorio

    ¥247,320

    ASTILE house

  • Finamore

    ¥37,800

    ASTILE house

  • Finamore

    ¥16,200

    ASTILE house

  • MUNGAI

    ¥3,240

    【6 color】

    ASTILE house

  • CROCKETT&JONES

    ¥102,600

    ASTILE house

  • BRANDBY SHOP /

*当サイトの税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。お間違えになりませんようご注意ください。