B.R.ONLINE

Style Web Magazine & Online Shop

STAFF RECOMMEND / STYLING SAMPLE

2018.01.28

ASTILE house STAFF RECOMMEND Vol.181

春こそ”スウェード”


スタイリングに重要な要素である”季節感”。
コーディネート全体はもちろんのこと単品でも季節を表現できるアイテムが多く、シーズンに合わせた着こなしは洋服好きの腕の見せ所と言えます。
数あるアイテムの中でもシューズに関しては、素材によってシーズンが限定されるウールやツイードのアイテムと比べても、コーディネート次第で季節を問わずオールシーズン着用できる点が強み。

そこで今回は、秋冬のイメージが強いスウェード素材のシューズを春らしいスタイリングに取り入れました。



秋冬シーズンには暖かみのある素材として用いられるスウェードも、白のデニムに合わせることで一気に春らしいスタイリングになります。

手に持ったブルゾンは、スタイリングの味付けになる柄物をセレクト。
ジャケットを使わないカジュアルスタイルですがシャツにカーディガンを羽織ることで、シューズに合わせた上品なコーディネートを意識しました。




合わせたカーディガンは上質なシーアイランドコットンを使用した”JOHN SMEDLEY”の1着。
軽い素材でサラッと羽織るだけでサマになるカーディガンは、白のデニムに対して敢えて黒を選ぶことで全体が引き締まり、レザーシューズに合った上品なスタイリングに仕上がります。

またインナーに選んだのはグレーのオックスフォードシャツ。
カジュアルなスタイリングのため、旬のセミワイドではなく柔らかさのあるラウンドカラーをセレクト。
グレーは黒のカーディガンとの相性も良くモノトーンの配色はモダンな印象に。






パンツには春を感じる白のデニムをセレクト。
敢えてコットンやウールのパンツではなく、スウェードの重厚な素材感に負けないデニムを選びました。
元々クロップド丈の設定になっており、レザーシューズに対して絶妙な丈のバランスがポイントです。





今回のスタイリングの主役であるスウェードのシューズは”CROCKETT&JONES”の1足。
程よく丸みのあるトゥによりカジュアルスタイルにも合わせやすい作りになっています。
また、同ブランドならではの美しいタバコカラーはスウェード素材ながらも、オールシーズン着用できる色味がポイント。





先シーズンから継続している”英国調”というキーワードにも結びつくセミブローグは、目を惹くアクセントにもなりスタイリングの主役として使うのに相応しいシューズと言えます。

秋冬シーズンのイメージが強いスウェード素材も、合わせるアイテム次第でオールシーズン着用することができます。
普段とは視点を変えて、シューズを主役にした着こなしを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ITEM/

  • JOHN SMEDLEY

    ¥34,560

    【4 color】

    ASTILE house

  • Finamore

    ¥31,320

    【2 color】

    ASTILE house

  • PALTO

    ¥74,520

    ASTILE house

  • RED CARD

    ¥20,520

    ASTILE house

  • ¥18,360

    【3 color】

    ASTILE house

  • CROCKETT&JONES

    ¥85,320

    ASTILE house

  • BRANDBY SHOP /

*当サイトの税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。お間違えになりませんようご注意ください。