B.R.ONLINE

Style Web Magazine & Online Shop

STAFF RECOMMEND / STYLING SAMPLE

2018.01.19

ASTILE house STAFF RECOMMEND Vol.178

”梅春”のこなし方



年明けから早くも2週間が経ち、気付けば1月中旬。
真冬の寒さは残りつつも、日中は徐々に春を感じられる時間が増えてきているように思います。
季節の変わり目を感じられるようになると気になってくるのが、冬から春へと移り変わる”梅春”シーズンの着こなし。
素材自体は秋冬物に近いアイテムでも、色柄や組み合わせにポイントを置くことで季節を先取りしたスタイリングに仕上がります。
そんな”梅春”を意識した今回のスタイリングがこちら。





大柄チェックのシャツが目を惹くこちらのスタイリング。ブラウンやベージュといった春らしいカラーをベースに組み立て、季節を先取りした着こなしに仕上げました。
素材に特徴のあるアイテムをセレクトすることで、単調にならずに深みのあるコーディネートが完成します。





スタイリングの主役として選んだのは、黒をベースにグレーのチョークストライプとイエローのチェック柄が目を惹く”Individualized shirts”のボタンダウンシャツ。
適度な起毛感により暖かみを感じることの出来るシャツは、今の季節から春先まで長いスパンで着用できる万能な1着。
カジュアルなスタイリングだからこそ全体が引き締まる黒を選び、まとまりのあるコーディネートに仕上げました。

また、インナーには白のカットソーをセレクト。
首元にカットソーが覗くことで黒のシャツも重くならず、次の季節まで意識した着こなしのポイントです。





パンツに選んだのは、リラックス感がありつつも適度な光沢感のある生地が特徴の”THE GIGI”の1本。
インナーのカットソーと同様に黒のシャツを柔らかく見せてくれるベージュは、春を感じるカラーとして、いまスタイリングに取り入れるべき色と言えます。






シューズには、光沢を抑えたマットなクロコダイルレザーが目を惹くコインローファーをセレクト。
このスタイリングに対して表革のベーシックなレザーシューズを合わせると単調な見え方になってしまうため、特徴のある素材を選びスタイリングの味付けにしています。

季節の変わり目はスタイリングに悩むことが多くなりますが、今回のように色や柄、アイテムの組み合わせに重点を置くことでシーズンに合った着こなしができます。
主役のアイテムを最大限活かせる組み合わせを見つけて、”梅春”シーズンの着こなしを楽しんでみてはいかがでしょうか。



ITEM/

  • Individualized shirts

    ¥28,080

    ASTILE house

  • mey story

    ¥11,880

    ASTILE house

  • THE GIGI

    ¥38,880

    【3 color】

    ASTILE house

  • F.LLI Giacometti

    ¥216,000

    【2 color】

    ASTILE house

  • ALPO

    ¥7,776

    【11 color】

    ASTILE house

  • BRANDBY SHOP /

*当サイトの税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。お間違えになりませんようご注意ください。