B.R.ONLINE

Style Web Magazine & Online Shop

STAFF RECOMMEND / STYLING SAMPLE

2018.01.12

ASTILE house STAFF RECOMMEND Vol.176

イマこなすべき“グラデーション”



ファッションにおいて最も重要な要素と言っても過言ではない“色”。
着る人のイメージ、季節、アイテムの素材と様々な面から自分に合った色を見つけることはなかなか難しいところ。
同系色で合わせると統一感が出るため見た目もすっきりし、纏まりのあるスタイリングになりますがなにか物足りないということも…
それに対して、アクセントになる挿し色を使うと全体のバランスを取ることが難しく、色使いは突き詰めていくと果てしなく深い世界と言えます。

そこで今回のスタイリングでは同系色ながらもブラウンからベージュ、オフホワイトの新鮮なカラーグラデーションで統一感を出しました。



今回のカジュアルジャケットスタイルは、一目でカラーグラデーションが目を惹く着こなしに仕上げました。
ジャケット、パンツ、シューズはシックなブラウンで統一し全体を引き締めつつ、ハットにベージュ、インナーにオフホワイトを合わせ、春を見据えた温かみと柔らかさのある明るさを取り入れました。





選んだジャケットはブラウンをベースにネイビーのチェックが目を惹く“altea”の1着。
今回のスタイリングの中では唯一の柄物であるこちらのジャケットは、グラデーションコーディネートの主役として存在感を放ちます。

インナーに合わせたスウェットは“ORCIVAL”の1着。
ブランド名を聞くとカジュアルな印象が強いですが、程よいネックの詰まり具合とそのシンプルさからジャケットのインナーとしても活躍する作りになっています。




パンツにはコットン素材の“BERWICH”をセレクト。
インナーのスウェットとの素材の相性も良く、オールシーズン着用できる生地感が特徴。
カラーはジャケットよりも一段階暗いトーンのブラウンを選ぶことでコーディネート全体が引き締まりバランスが整います。

また、シューズには表革のタッセルローファーをセレクト。
季節とスタイルからスウェードも選択肢に入るところではありますが、今回はコットン素材のアイテムが多いため表革をチョイスし、スタイリッシュに仕上げました。




スタイリングの味付けとして選んだのはベージュのハット。
光沢感のあるラビットヘアフェルトを使用した1品は、キメが細かくエレガントな表情が目を惹きます。
コーディネートの同系色を取り入れることで、小物までグラデーションを意識した着こなしとなっています。

いつもは何気なく合わせている“色”も、グラデーションを意識することで新鮮な雰囲気に映ります。
さまざまな“色”の組み合わせを試して、自分だけの色合わせを探してみてはいかがでしょうか。



ITEM/

  • altea

    ¥62,640

    ASTILE house

  • ¥12,744

    【2 color】

    ASTILE house

  • BERWICH

    ¥25,920

    【6 color】

    ASTILE house

  • KIJIMA TAKAYUKI

    ¥30,240

    【2 color】

    ASTILE house

  • CROCKETT&JONES

    ¥85,320

    【2 color】

    ASTILE house

  • BRANDBY SHOP /

*当サイトの税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。お間違えになりませんようご注意ください。