B.R.ONLINE

Style Web Magazine & Online Shop

STAFF RECOMMEND / STYLING SAMPLE

2017.06.30

ASTILE house STAFF RECOMMEND Vol.126

「オトナ」はフォーマルも楽しむ!



男の着こなしは何かと決まりごとの多いものです。
特に”フォーマル”に関してはシーンによって選ぶアイテムが異なってくることもあり、着こなしを難しく感じている方も多いのではないでしょうか。
厳格なルールを守った”フォーマル”も勿論大切ですが、洋服好きにとっては”フォーマル”もファッションとして楽しみたいというのが本当のところ。
そこで今回は、型にはまらずに”フォーマル”を楽しんだスタイルをご紹介させていただきます。



ブラックスーツにボウタイを合わせたこちらのスタイル。
一見、かっちりとしたフォーマルスタイルにも見えますが、ファッション性の高いアイテムを組み合わせることで、ただの”フォーマル”には終わらないコーディネートとなっています。

スーツには、ASTILE houseが「THE GIGI」に別注をかけたスペシャルな一着を。
重い印象になりがちなブラックスーツですが、独自の凸感のあるオリジナルファブリックと英国調のディテールをふんだんに取り入れた味わい深い仕様がいわゆる礼服とは違う洒落感を醸し出しています。
どこかモードな匂いのするブラックスーツのチョイスは、いい意味で”フォーマル”になりすぎない当店らしいセレクトとなっているのではないでしょうか。



”フォーマル”シーンを盛り上げる小物と言えば、やはりボウタイの存在は外せません。
春夏にはサテン、秋冬にはベルベットのものなど、Vゾーンを華やかにみせつつ洒落感を演出できるボウタイは”フォーマル”に取り入れていただきたいアイテムの一つです。

今回は、フォーマル度の高いブラックのシルクボウタイを合わせていますが、シーンよって彩りを加えてみても面白いもの。



エレガントなブルー、装いのアクセントとなるボルドー、トレンド感のあるブラウンなど、セレクトによって印象はがらりと変わります。
ファッションとしての”フォーマル”を演出しやすい小物となっているのではないでしょうか。

ちなみに、ボウタイというと合わせるシャツは立ち襟のウィングカラーをイメージがありますが、レギューカラーヤセミワイドといったいわゆる通常の衿型で使っていただいても問題ありません。
カラーステイを抜くことで襟の剣先をすっきりと見せるのが着用のポイントです。

足元にはエレガントな表情のこちら。



最も”真面目”で”基本”の靴とも言えるストレートチップには「CROCKETT & JONES」の一足を。
シンプルなだけにモノの良さが重要になってくるストレートチップには、素材のクオリティはもちろんシルエットや縫製もこだわりたいところ。
適度なボリューム感が美しいラウンドトゥに、流れるようなシェイプ、キメの細いアニリンカーフをあしらったシューズは、シーンを選ばずに着用できる品のある一足としてオススメです。

普段とは違うスタイリングを楽しむことができる”フォーマル”スタイル。
時と場合にもよりますが、そんなせっかくの機会にこそファッションを楽しんでみるのもひとつではないでしょうか。

ITEM/

  • THE GIGI

    ¥149,040

    ASTILE house

  • Finamore

    ¥35,640

    ASTILE house

  • altea

    ¥9,720

    【4 color】

    ASTILE house

  • CROCKETT&JONES

    ¥82,080

    ASTILE house

  • BRANDBY SHOP /

*当サイトの税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。お間違えになりませんようご注意ください。