B.R.ONLINE

Style Web Magazine & Online Shop

STAFF RECOMMEND / STYLING SAMPLE

2017.07.03

ASTILE house STAFF RECOMMEND Vol.127

「イロ」と「テイスト」



シーズンも佳境に入りいよいよ盛夏ものが活躍するタイミングとなりましたが、ファッション業界では早くも次の春夏シーズンの傾向が気になっている方が多いようです。
詳しくはあらためてご紹介させて頂きますが、数あるトピックスの中でもASTILE houseが特に注目しているのが「イロ」と「テイスト」です。
今回のスタイリングでは、そんな来年のトピックスを踏まえたコーディネートをご紹介させて頂きます。



仕立ての軽いネイビーのニットジャケットにホワイトパンツというリラックス感のある夏のエレガントなスタイル。
ベーシックな組み合わせではありますが、やはり注目して頂きたいのが「イロ」と「テイスト」の使い方です。




モノトーンやアースカラーなどの落ち着いた色目が注目されたここ数シーズンですが、次のシーズンではいよいよ綺麗な色目のアイテムに注目が集まりそうです。

インナーには発色の美しさとテクニカルな生地感が目を惹くオレンジのスキッパーポロをセレクト。
「イロ」のあるアイテムは、ブルー中心になりがちなこの時期のスタイリングの挿しとしてはもちろん、一枚で着用しても淡泊な印象を与えない夏の主役となる一枚としてもオススメです。
シックなダークトーンのスタイルも捨てがたいですが、トレンド感のある「イロ」のあるスタイリングも新鮮に映るのではないでしょうか。

そして、こちらのスタイリングに挿しているのは「イロ」だけではありません。



2つ目のトピックスとして注目しているのが「テイスト」です。
その中でも、いわゆる“アメリカ”の匂いのするトラッドなアイテムはスタイリングにこなれ感を演出するアイテムとしてぜひ取り入れて頂きたいアイテムのひとつです。

合わせたバッグは米バッグブランド「FILSON」からのセレクト。
がっしりとした太番手のラギッドツイルを使用したタフな印象のこちらは、まさに“アメリカン”と言った表情でイタリアものにはない魅力を放っています。
エレガントな印象の“イタカジ”スタイルにも相性のよいシンプルな作りで、質実剛健なラギッドな雰囲気のバッグがスタイリングに緩急を生み出しています。

バッグだけでなく足元の「テイスト」にも一工夫。



こちらのシューズもアメリカを代表するブランドのもの。
懐かしく感じる方も多いかと思いますが、スニーカーよりもかっちり感がありレザーシューズよりもカジュアルな見えがかりのデッキシューズは実は使い勝手のよいアイテムとして注目されています。
特に今回のようなリラックス感のあるジャケットスタイルの足元には相性がよく、スタイリングを格上げしつつもコンフォートなスタイルにも馴染む一足はOFFのスタイリングには外せない一足となるのではないでしょうか。

今回は、来シーズンの気になるトピックスにフォーカスしたスタイリングをご紹介していますが、だからと言って今年プッシュしている「イロ」や「テイスト」が古くなってしまうわけではありません。
あくまでも来年の傾向の一部として、着こなしの選択肢が増えるというイメージで理解して頂ければと思います。

いよいよ夏本番の装いが楽しめるようになったこんなタイミング、来年を見据えたスタイリング先取りしてみても面白いのではないでしょうか。

ITEM/

  • altea

    ¥52,920

    【2 color】

    ASTILE house

  • THE GIGI

    ¥30,240

    【3 color】

    ASTILE house

  • RED CARD

    ¥20,520

    ASTILE house

  • FILSON

    ¥28,620

    【3 color】

    ASTILE house

  • Sperry Top-Sider

    ¥12,960

    ASTILE house

  • BRANDBY SHOP /

*当サイトの税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。お間違えになりませんようご注意ください。