B.R.ONLINE

Style Web Magazine & Online Shop

FEATURE

ASTILE house Recommend Style / 2018SS Vol.1

2018.04.10

Producer : 大和一彦 / Styling & Direction : 四方章敬 / Photographer : 畑中清孝 (um) / Hair&Make : Takuya Baba (SEPT) / Writer : 池田保行 (ゼロヨン) / Designer : 中野慎一郎 / Model : Xavier (Cinq Deux Un)

もっとラフ&カジュアルにジャケットを纏う

2Bジャケット / THE GIGI
・クルーネックTシャツ / THE GIGI
1プリーツパンツ / THE GIGI
スリップンスニーカー / VANS

ボリオリで辣腕を振るったデザイナー、ピエルイジ・ボリオリが手がけるザ・ジジは、デビュー当初からジャケットスタイルのトレンドセッター的な存在です。薄手の芯地を使った軽く羽織れる仕立てとともに、これまでメンズでは使われていなかった独創的な素材使いでも話題を博してきました。今季は以前より着やすい色柄が増えましたが、一着で洒落見えする素材使いは相変わらず健在で、現在ではジャケット以外でもインナーやボトムズにも力を入れトータルブランドとして躍進しています。

こちらのジャケットは定番「アンジー」。シャリッと清涼感ある春夏に相応しいサマーブークレーで別注したアスティーレハウス限定のエクスクルーシブ素材です。誰にでも似合うネイビーベースに、ベージュ&ブラウンのストライプ柄は、ドレスアップするのは勿論、ラフ&カジュアルにも着ることができる汎用性の高いジャケットに仕上がっています。素材については、後述しますので、そちらも御覧ください。

このアンジー、シルエットの美しさは従来のまま、肩幅や背中の身幅をコンパクト&スリムに仕上げたスペシャルモデルになっています。華奢な日本人にもフィットしやすく、それでいて窮屈さは無くアクティブに動くことができるテーラード型のジャケット。20代から50~60代でも、休日着としてだけでなくクリエイテイブな職業のオンタイムウェアとしても着こなせるモダンな味付けとクラシックなテイストを保っています。現代の都市生活者のライフスタイルに相応しいものといえるのではないでしょうか。

インは気軽にTシャツを合わせていますが、白Tと水色Tをレイヤードにしています。ボトムズは今風シルエットのプリーツ入りパンツですが、サイドにライン入りのデザインがスポーティな印象を引き立ててくれるもの。とくれば、足元の素足にスリッポンも、レザーのドレススリッポンよりキャンバスのカジュアルスリッポンが軽快な気分です。シャツを一枚ラフに羽織っているようなスタイルですが、スリッポンを除く全てがザ・ジジのコレクション。メンズクロージングの既成概念を覆し続けてきたザ・ジジのマインドだからこそ、育ちの良さや大人の余裕を感じさせるものに仕上がるのです。


シックなスタイリングもお手もの

2Bジャケット / THE GIGI
・ワンピースカラーシャツ / Finamore
・パンツ / BERWICH
腰に巻いたニット / JOHN SMEDLEY
ネッカチーフ / altea

こちらはネイビーのワントーンで、上掲よりも少しシック&モダンにまとめたスタイリングです。シャツはコットンリネンのワンピースカラー。衿先をボタンで身頃に取り付けているので、開襟しても大きく開きすぎることがなく品よく着こなせるタイプといえそうです。ストレッチ混のパンツは、素材にロロピアーナ社の「ムービング」を採用していて、細身でもはきやすさは満点。足元は素足にスリッポンですが、こちらではレザーのローファータイプを選ぶあたり、上掲のラフカジュアルとは一線を画すスタイリングですね。首元のネッカチーフ使いや、腰に巻いたニットなど、小物の使い方もオーセンティックなジャケットスタイルと差をつけるポイントですので、取り入れてみてはいかがでしょう。


繊細で大胆で、しかも着こなしやすいサマーブークレー

2Bジャケット / THE GIGI
・ワンピースカラーシャツ / Finamore
・パンツ / BERWICH
腰に巻いたニット / JOHN SMEDLEY
ネッカチーフ / altea

ザ・ジジにしてはシンプルな部類に入るストライプ柄の素材は、リネン×コットン×シルクの三者混素材。細かいループ糸が浮くブークレー調のざらりとしたタッチの織り生地は、強撚糸を使っているためシャリっとドライで清涼感に優れます。一枚仕立てで通気性がよく、心地よく風が吹き抜けるので夏場の着用にも適しています。

ストライプ柄はホワイトとベージュの2色使い。ブークレーの織り地とあいまって立体感が生まれるので、実際は薄手でも生地厚があるようにリッチな風合いを生み出しますし、見た目には夏生地の頼り無さそうな感じはまったくありませんので、春や秋でも着ていられそうですね。軽く羽織っても大人っぽく上品な風格があるのは、このエクスクルーシブ生地ならではといえそうです。


“過去”を振り返らない最新ジャケットのコレクション

左から
8Bダブルジャケット「ジギー」 / THE GIGI
6Bダブルジャケット「ミロDP」 / THE GIGI
2Bジャケット「アンジースター」/ THE GIGI

上掲のエクスクルージブ「アンジー」の他、今季もザ ジジはジャケットのラインナップが豊富です。チェンジポケット付きの6Bダブルは「ミロDP」。グラマラスなシルエットを描くコットンジャケットは、季節を問わず着られるコンパクトなフォルムを描きます。8Bダブルの「ジギー」は、メッシュ織りのシャリっとした素材使い。ウェストの絞りが緩やかなので、リラックスしたスタイリングに適しているモデルです。上襟をストライプジャージーに切り替えた「アンジースター」は、スポーティなブルゾン感覚で着こなせる新しいジャケットスタイルの提案といえそうです。

ハンガーループに「DON'T LOOK BACK」のメッセージが入っていることは有名ですが、その言葉どおり過去を振り返ることなく未来だけを見据えて、ジャケットの新たな可能性を模索し続けるザ・ジジ。メンズクラシックに新風を吹き込んだデザイナー、ピエルイジ・ボリオリの手腕が冴えるこのブランドは、彼が「本当に着たい」という想いを反映したシグニチャーです。誰もが認めるイタリアの伊達男が手がけるこのブランド、世界中のファッション業界人やクリエイティブな職業人、さらには若い起業家たちにも人気があります。彼の作品を着ることで、ご自身も未来へと邁進する姿勢を示せるからなのでしょう。

今回ご紹介したザ・ジジのコレクションは全て東京・青山ASTILE houseでご覧いただくことができます。今回ご紹介しきれなかったザ・ジジのアイテムが揃いますのでお近くにお越しの折は、ぜひお立ち寄りください。


THE GIGI FAIR開催中 !

現在、東京・青山のセレクト・ショップASTILE houseで「THE GIGI FAIR」を開催しております。3月17日(土)から4月15日 (日)の期間中、THE GIGIのアイテムをご購入いただいたお客様にはお直し代金と配送代金を無料サービス。

詳細はこちらからご確認くださいませ。


ITEM/

  • THE GIGI

    ¥105,840

    ASTILE house

  • THE GIGI

    ¥122,040

    ASTILE house

  • THE GIGI

    ¥116,640

    ASTILE house

  • THE GIGI

    ¥111,240

    ASTILE house

FEATURE/

SEE MORE

ASTILE house Recommend Style / 2018AW Vol.1

秋冬コーデュロイの華麗なる着こなし方

2018.08.11

ASTILE house Recommend Style / 2018SS Vol.2

パンツが変わればスタイルが変わる 進化系パンツの最前線

2018.05.21

ASTILE house Recommend Style / 2018SS Vol.1

過去を振り返らない挑戦者たちに贈る オン&オフを問わない 進化するジャケットスタ...

2018.04.10

ASTILE house THINGS WE PICKED Recommend Style / 2017AW Vol.8

シャツ生地の宝石を纏って 新ボディになったドレスシャツ

2017.11.26

ASTILE house THINGS WE PICKED Recommend Style / 2017AW Vol.7

伝統や格式に縛られない“クラシック”コートの専業ブランド PALTÒが断然着たい...

2017.11.03

ASTILE house THINGS WE PICKS Recommend Style / 2017AW Vol.6

多彩なモデルで時代を牽引する BERWICHのプリーツパンツ百花繚乱

2017.10.21

  • BRANDBY SHOP /

*当サイトの税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。お間違えになりませんようご注意ください。