B.R.ONLINE

Style Web Magazine & Online Shop

FEATURE

De Petrillo Recommend Style / 2018AW Vol.1

2018.08.02

重厚なダブルのスーツは
シャンブレーシャツで軽やかに着流し

キャバルリーツイル 6B スーツ / De Petrillo
シャンブレーブザムシャツ / BOLZONELLA
トライアングル シルク スカーフ / Kinloch
カーフタッセルスリッポン / F.LLI Giacometti
バングル / D'AMICO
レザー×メタル ブレスレット / PAOLO VITALE

ダブルのスーツは格式高いイメージがありませんか? ビジネススーツならステイタスのある人、フォーマルスーツならホストや主賓クラスが着用すると思われてきましたし、実際そうやって着分けている方もいらっしゃることでしょう。しかしながら、最近のダブルはリッチな大人のカジュアルスーツとして着流す着方が似合うようにモダナイズされています。そのあたり、実際のコーデイネート例をご覧ください。

打ち込みの良いキャバルリーツイルのダブルは、目付け320gと見た目より遥かに軽量ですが、綾織の畝が立ったハリコシの強い素材です。仕立て映えしながら耐久性にも優れるという、ハイブリッド感は、なめらかなウーステッドより遥かに現代的でもあります。生地の持つ力強さをダブルのスーツという格式で包み込めば、タイドアップしなくても、ほどよく上品でほどよくこなれた着こなしを可能にしてくれます。ノーブルで気品ある表情に、パッチ式ポケットがスポーティな味付けとなっています。

そこでブルーシャンブレーのブザムシャツという、まさにドレッシーなのにスポーティなアイテムを合わせてみました。衿元にはタイの代わりにスカーフをバンダナ風に巻いてみましょう。アメカジ的な小技をあえてスーツに使うテクニックは、スーツの着流し術に有効なんです。アクセもアンティーク感あるメタルバングルにして、ドレスアップしすぎないようにスタイリングすれば、スーツも日常着として楽しめそうです。


スポーティ&ドレッシーなハイブリッド素材

キャバルリーツイルは元々、英国の騎兵隊員のパンツにつかわれたツイル地。馬上で鞍と擦れても耐久性に優れるうえ、馬から降りれば凛々しい連隊員のユニフォームでなくてはなりませんから、気品ある光沢が浮き上がる素材です。綾織の斜めの畝はデニムのようにスポーティな表情ですが、こちらはウールですので艶もあり色落ちすることはありません。ベージュのカラーも黄味過ぎないウールならではの上品さがあるので、シャツの色は薄めのトーンが似合いそうですね。


モノトーンで着流すグレイフランネルのモダンスーチング

フランネル 6B スーツ / De Petrillo
タートルネック ニット(カシミア) / Settefili Cashmere
ブロード レギュラーカラー シャツ / Maria Santangelo
カーフスコッチグレインローファー / F.LLI Giacometti

続いては、グレーフランネルのダブルのスーツをモノトーンでモダンな着流しスタイルに着てみました。タートルネックのインに白シャツを着て、立てた衿羽根をタートルネックから覗かせたら、裾もアウトして白場を作るのがポイントです。ベーシックなアイテムを着くずしてダブルのスーツを着流す感覚は、大人のモダンクラシックスタイルといったところでしょうか。“ハズし”や”くずし”といった要素を取り入れるなら、タートルの白シャツ衿出しテクは覚えておいて損のない合わせ技です。

ライトグレーのダブルのスーツは、ウーステッドならドレス感も強めなのですが、ことフランネルのような起毛素材になると気軽に着られる一着となります。じっさいにフランネルの本場英国でもビジネススタイルとしてよりも、カントリージェントルマンの遊び服として着られることが多く、休日スーツの代表格とされていて、最近話題の英国王室のお歴々も、休日にグレーフランネル姿で外出する様子がよくパパラッチされています。カジュアルな手触りなのに欧米ではフォーマルにも使われるグレーフランネルが、リッチな大人に相応しいというのも納得ですね。


フランネルは秋冬の休日スーツの大定番

英国でもウェールズ生まれとされるフランネルは、ビジネススーツというよりも、休日用のスーツといった趣です。貴族が室内で執務服として着るのは滑らかなウーステッド生地のスーツを、庭を散歩したり友人に会いに外出する時などリラックスしたシーンではフランネルスーツを着たように、ソフトな起毛素材は寛いで着るほうが理にかなっていますよね。かつてフランネルスーツは「田舎紳士」と揶揄されたこともあったようですが、白や黒のアイテムを合わせたモノトーンで着こなせば都会的なモダンスーチングに着られますのでトライしてみてください。


タイドアップすればステイタス性も高まります

モヘア混 6B スーツ / De Petrillo
ツイル ワイドカラー シャツ / AVINO Laboratorio Napoletano
ジャカードタイ / HOLLIDAY & BROWN
リバーシブル シルク プリント チーフ / HOLLIDAY & BROWN
カーフタッセルスリッポン / F.LLI Giacometti

最後のダブルはきっちりタイドアップして、ドレッシーに着こなしてみました。前出の2コーデとはひと味違う都会のダブルといった趣で、ビジネスやレセプションなどにも着ていける正装らしい品格を感じられると思います。シングルスーツだとVゾーンが深くシャツなど白場が多く軽やかですが、ダブルのVゾーンは高く狭いので武装した鎧のように見えるため重厚な印象に仕上がるんですね。

先述した上掲2つのコーディネートでは、ダブルのジャケットのボタンを開けて羽織るように着たことでラフな印象を醸していますが、きっちりボタンを留めれば明らかに格式も高まります。こういうところがダブルの強みなのです。ちなみにバブル世代の方には、昔のダブルとは全然違うものですのでご注意を。

さて、ここまでご紹介してきたダブルのスーツはどれもデ・ペトリロの秋冬の最新コレクションです。今季も南イタリアならではの軽やかなフィッティングにダブルブレストの威厳を添えて、しかもカジュアルにこなせる素材も揃えていますので、ドレスアップはもちろん着流して遊び着にも、お洒落の本格シーズン前に押さえておきたいところです。


モヘア混は大人の男性のステイタス素材です

シャリッと硬いモヘア混素材は、日本では夏素材と思われがちですが、欧米では通年素材とされています。夜の照明の下ではほんのり艶が浮き上がるので、フォーマルウェアにも使われますし、オフィスで着ればビジネスエレガンス度合いもかなり格上げ。社内で地位あるビジネスマンや経営者に相応しいのはもちろん、式典やレセプションなどフォーマルな席へも着ていけます。ダブルの貫禄とともに着る人のステイタスを上げてくれるモヘアのスーツは、大人の男性のクロゼットに必携といえるものなのです。



Producer : 大和一彦 / Styling & Direction : 四方章敬 / Photographer : 畑中清孝 (um) / Hair&Make : Takeshi (Sept) / Writer : 池田保行 (ゼロヨン) / Designer : 中野慎一郎 / Model : Connor P (CINQ DEUX UN)

ITEM/

  • De Petrillo

    ¥187,920

    B.R.SHOP

  • De Petrillo

    ¥179,280

    B.R.SHOP

  • De Petrillo

    ¥192,240

    B.R.SHOP

FEATURE/

SEE MORE

トガオシ。Vol.18

戸賀さんが毎シーズン新調する 上質だけど買いやすいニットとは?

2018.08.15

ASTILE house Recommend Style / 2018AW Vol.1

秋冬コーデュロイの華麗なる着こなし方

2018.08.11

BAGUTTA Recommend Style / 2018AW Vol.1

BAGUTTAのシャツは、なぜお洒落に見えるのか 大人のプリントシャツに隠された...

2018.08.10

B.R.CHANNEL Fashion College
Lesson.155 nano・universe秋冬新作アイテム

【大事件】ナノユニバースで業界騒然の出来事が…!

2018.08.08

できるオトコはこなし上手 vol.3

レザーブルゾンが次なるジャケットと言われるワケとは?

2018.08.08

SPECIAL INTERVIEW
THE ROOTAGE Vol.20

世界のバイヤーが注目するGabo 初来日を果たしたディレクターに直撃

2018.08.06

*当サイトの税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。お間違えになりませんようご注意ください。