B.R.ONLINE

Style Web Magazine & Online Shop

FEATURE

BAGUTTA Recommend Style / 2018 SS Vol.1

2018.01.31

Producer : 大和一彦 / Styling & Direction : 四方章敬 / Photographer : 野口貴司 (San Drago) / Hair : Takuya Baba (SEPT) / Writer : 池田保行 (ゼロヨン) / Designer : 中野慎一郎 / Model : Charlie France (Donna)


“シャツイチ”が活きるレトロモダンな幾何学模様

ベージュ幾何学柄シャツ2万8080円/BAGUTTA(トレメッツォ)
ブラウンパンツ3万7800円/PT01(PT JAPAN)

シャツの名門CIT社はジョルジオ アルマーニやラルフ ローレン パープルレーベル、最近ではラポ エルカンがディレクションするグッチのオーダーシャツも手がける超一流のファクトリーです。バグッタは、そんな錚々たるメゾンのシャツを手がけてきたCIT社のオリジナルブランドです。

2008年にはマッシモ・アルバ、2013年にはアンジェロ・フィグスらをクリエィティブデザイナーとして起用してきましたが、昨年、この地位に就任したのは、人気のパンツブランドPT01で辣腕を振るったマリオ・マランです。彼が手がけるリブランディングは、今季のシャツトレンドのど真ん中を行くもの。懐かしくも新鮮なレトロテイストな色柄、モノグラムにも似た幾何学模様や、オープンカラーの衿型などを、70’sなトレンドをモダンデザインで仕上げています。

たとえば上掲のシャツは幾何学模様の総柄で、ベージュ地に赤を効かせたカラーパターンはいかにも70年代調。どこか懐かしさのある色柄は着こなしが難しそうですが、茶色のパンツをシンプルに合わせるだけで、ご覧の通りのスタイリッシュさ。へんに奇をてらわず、シャツと同系色系のボトムズをセットするだけで、一気に今年らしいスタイルが実現します。

今シーズンは、レトロシックやコロニアル、ヴィンテージテイストなどのキーワードが注目されているだけに、バグッタのシャツはそのど真ん中。今年らしい装いの最善手として1枚選んでみてはいかがでしょう。



オープンカラーも現代的にモダナイズされています

すでにお気づきかとは思いますが、衿型は70'sテイストなオープンカラー。しかしながら、リアル70'sと異なるのは第一ボタンの位置が高く、衿幅も小さく、コンパクトになっているところ。衿元が開きすぎないので品があり、やり過ぎ感がありません。ゆえにご覧のとおり、オープンカラーシャツをタックインするという高度なテクもすんなりキマるのです。さらに、ジャケットを着たときも衿をラペルの内側にしまった状態で着ることができます。
一般にオープンカラーシャツは、シャツ衿をラペルの上にだして着るイメージがありますが、街中で着るにはリゾート感が強すぎますので、このオープンカラーは秀逸と言えましょう。



羽織る着方は小技を駆使したジャケット感覚で

カーキ幾何学柄シャツ2万8080円/BAGUTTA
白Tシャツ1万6200円/FEDELI(ともにトレメッツォ)
ネイビーパンツ3万9960円/PT01(PT JAPAN)

こちらは思い切って柄モノのシャツをジャケット感覚で羽織るスタイリング。裾をアウトにしてインには白Tを合わせました。袖のまくり加減や、前ボタンの留め方にもこだわって、ちゃんと大人の品のある着方にするのがポイントです。

今シーズンは、1枚で着るには少々派手かなと思わせるレトロなプリント柄が多いですが、こんなふうにアウターとして着こなせば意外とこなしやすいもの。裾をアウトしたときに程よい着丈に設定されているのもバグッタならではなのです。



ダークトーンの柄シャツはスーツのインに

ネイビースーツ15万1200円/TAGLIATORE
ネイビー幾何学柄シャツ2万8080円/BAGUTTA(ともにトレメッツォ)

こちらはスーツのインに、柄シャツを合わせたコーディネート。ダークなトーンの幾何学模様ゆえ、こんなふうにシックな着方も可能です。シャツの幾何学模様は花柄風でスケールもほどよく小さめですので、わりと着こなしやすいと思います。

ここでのスーツはかっちりしないものを選ぶのがポイントです。あまりおカタいスーツですと、シャツのレトロ&リゾートな雰囲気と合わせにくいからです。あくまでオフを楽しむための色柄シャツですので、抜け感のあるコーデを目指すのが、今季のトレンド柄シャツのこなしの極意というわけです。

商品に関するお問い合わせ先
トレメッツォ 03-5464-1158
PT JAPAN 03-5485-0058


"BAGUTTA" がオーダーイベントを開催


「BAGUTTA(バグッタ)」は、2/2(金)から2/15(木)の間、エストネーション六本木ヒルズ店にてオーダーイベントを開催いたします。最高位メゾンのシャツも手がけるCIT社によって始動。2017年には有数のブランドを大躍進させた凄腕マリオ・ステファノ・マラン氏を迎え、コレクションが新鮮にアップデートされています。本イベントでは、期間中300種類の生地をご用意。薄手で柔らかな芯地による着心地や、日本人の体型にあわせて再調整したフィット感をぜひお楽しみくださいませ。

"BAGUTTA" ORDER EVENT 2/2 Fri. - 2/15 Thu.
エストネーション六本木ヒルズ店

詳細情報はコチラから

FEATURE/

SEE MORE

B.R.CHANNEL Fashion College
Lesson.156 寺田有希がデートしたい男

「モテ服」の本当のルールはコレ !

2018.08.15

トガオシ。Vol.18

戸賀さんが毎シーズン新調する 上質だけど買いやすいニットとは?

2018.08.15

ASTILE house Recommend Style / 2018AW Vol.1

秋冬コーデュロイの華麗なる着こなし方

2018.08.11

BAGUTTA Recommend Style / 2018AW Vol.1

BAGUTTAのシャツは、なぜお洒落に見えるのか 大人のプリントシャツに隠された...

2018.08.10

できるオトコはこなし上手 vol.3

レザーブルゾンが次なるジャケットと言われるワケとは?

2018.08.08

SPECIAL INTERVIEW
THE ROOTAGE Vol.20

世界のバイヤーが注目するGabo 初来日を果たしたディレクターに直撃

2018.08.06

*当サイトの税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。お間違えになりませんようご注意ください。