B.R.ONLINE

Style Web Magazine & Online Shop

FEATURE

NAKAMURA TATSUYA PRESENTS THE ESSENTIALS Vol.08

2013.09.02

NAKAMURA TATSUYA PRESENTS THE ESSENTIALS 〜案ずるより着るが易し〜 Vol.8 今季は英国的な薫り漂うスーツがイチオシです

Producer: 大和一彦 / Stylist: 中川原寛(CaNN) / Photographer: 人物:谷田政史(CaNN) 静物:植野淳(植野製作所) / Hair&Make: 古川純 / Writer: 寺田慎一(GtN-48) / Creative Director: 中野慎一郎

大人の男にとって欠かせないアイテムの代表格と言えば……、そう、スーツですよね。“スーツが似合う男性が好き”なんてことを言う女性が多いのは、元来的にこの手のアイテムが男性を魅力的に演出してくれる、という理由からなのでしょう。じゃあ旬な一着を纏って、イマドキのお洒落を楽しみましょう、と普通であればなるわけですが、しかしながらともすると、代わり映えしないと思われがちなのがスーツのトレンド。件のアイテムにも当然のことながらしっかりとトレンドがあるわけですが、とはいえ、その流れを読み解くのはなかなかなにして難儀なものですよね。というワケで今回は中村さんに、今最も旬なスーツの選びとその着こなし方を、お伺いしちゃいましたよ。何やら今季、氏が最も気になるのは、英国的な薫り漂う一着らしいのですが、その詳細は如何に!?

中村 達也さん

1963年生まれ。大学4年の秋にBEAMSでアルバイトを始め、卒業と同時に入社。 BEAMS SHIBUYA、BEAMS F 店長、BEAMS F バイヤーを経て、現在、BEAMS F、Brilla per il gustoの2セクションを統括するクリエイティブディレクター。その深い知識から生み出される本質を捉えるスタイルが、幅広い層から支持されている。

歳を重ね行きついたのは
余裕のある着こなし

兎角、トレンドが分かりづらいと思われがちなスーツですが、実はしっかり流行は移り変わっているんです。特に今季、私が最も気になるのは英国調のスーツですね。とはいえ、以前の英国的な肩パッドがガチガチに入った、鉄板を打ち延ばしたようなソレとはちょっと違いますよ。私の言う英国調とは、あくまで“英国的なフレーバーをどこかに感じさせる”という程度のものです。これが先ほど述べたような伝統的な英国仕立てを色濃く反映させたものですと、どうしてもコスプレっぽい雰囲気ばかりが前面に出てしまい、お洒落感とトレンド感が薄まってしまいますからね。だからあくまで、今季のスーツに欲しいのは“英国的なフレーバー”なんですよ。

素材感のある本日お召しのスーツは、洒落っ気と渋みを備えた、まさに大人のための一着。そこに合わせて柄オン柄のVゾーンを形成することで、見るからにスーツを遊び心たっぷりに着こなしている雰囲気を醸し出しております。これぞ大人の大人による大人のためのスーツの選びとこなしの好例ですね。
スーツ/シャツ/シューズ 全て中村私物/ネクタイ Luigi Borrelli ¥19,950
(問い合わせ先すべてBEAMS HOUSE MARUNOUCHI TEL: 03-5220-8686)

ではどういうサジ加減で“英国的なフレーバー”を取り入れればよいのかというと、それはズバリ、ディテールなんじゃないかと私は思うんです。具体的には、今回オススメさせていただく色や柄だったり、最近多くのブランドでみられるチェンジポケット仕様だったり、といった感じでしょうか。特に柄に関しては、今季グレンプレイドやウィンドウぺンの物を多く見かけますが、個人的には、ウィンドウぺンは柄目がはっきりしすぎて、若干着づらいんじゃないか、と思うんです。例えばベーシックな白と黒のグレンチェックやハウンドトゥースって、配色のコントラストも相まって、ちょっとカタい印象になりますよね。柄目が大きいウィンドウぺンの場合、これがなおのこと顕著に出るんだと思います。だからグレンプレイドのように柄の上に柄を載せることで、全体がぼやけた印象になる物の方が、色んな意味で取り入れやすいんじゃないでしょうか? 特にブラウンベースにピンクのプレイドが入ったモノやグレンチェックの上にブルー系のプレイドが乗ったものなんかは色なじみもよく、より着やすいと思いますよ。

スーツのテイストに合わせて、Vゾーンも英国的な雰囲気にまとめた本日のコーディネート。スーツ、シャツ、タイでそれぞれ柄のサイズ感に変化を持たせることによって、全体のバランスを図った、上級コーディネートですね。

先ほど、色んな意味でグレンプレイドのスーツが取り入れやすいと申し上げましたが、これは着こなしやすいという意味のほかに、オンでもオフでも着ることができる、という意味合いも込められています。特にこの手の柄で、今日のように茶色なんかを選んだりすると、大人っぽさや落ち着いた印象はありつつも、明らかにお洒落でスーツを着ているようにも見えるんですよ。カタめの職場には向かないスーツではあるんですが、ジャケパンスタイルが認められている職場では、十分通用するんじゃないか、と。で、オフはVゾーンをタイドアップからタートルネックに変えたりするだけで、休日にレストランなどにも気兼ねなく行けてしまうでしょ。だからこそ、本日のようなブラウン系や、ブルー系のグレンプレイドのスーツはとってもオススメなんですよ。あっ、そうそう。こういうものって歳を重ねたからこそ似合うスーツであり着こなしであるというところも、今年50歳を迎えた今の私には、刺さるポイントでもあるんですけどね(笑)。是非、大人ならではの、余裕のあるスーツの着こなしを楽しんでいただければ、と。

TATSUYA’S CHOICE’S

選ぶべきは茶系か
青系のプレイドです

今回ご紹介させていただいたグレンプレイドの柄を採用したスーツは、ストライプやソリッドのそれと比べて、とっても楽しんで、能動的に着ている印象の強いモノでしょう。だからこそ、洋服好きの人には刺さるのだと思いますが、折角積極的にお洒落をしてスーツを着るのであれば、ドレスシャツを着る際にはタイドアップをしていただきたいですね。スーツにノータイというスタイルが主流になってしまった日本に比べて、欧米ではお洒落な人は遊ぶ際にもタイドアップしてエレガントにキメている人が非常に多い。そういうところは是非とも学びたいものです。で、オフの時にはタートルで寛いだ印象を醸し出してみる、と。こういう着こなしが出来てしまうブラウンやブルー系のプレイドが入ったスーツを、今季はトライしてみてはいかがでしょうか?

スーツ LARDINI ¥136,500 / シャツ Mario Muscariello ¥25,200 / ネクタイ Holiday & Brown ¥14,700
(問い合わせ先 すべてBEAMS HOUSE MARUNOUCHI TEL: 03-5220-8686)

スーツ BEAMS F ¥92,400 / シャツ Errico Formicola ¥29,400 / ネクタイ DRAKE’S ¥12,600
(問い合わせ先 すべてBEAMS HOUSE MARUNOUCHI TEL: 03-5220-8686)

撮影協力 : Bar & Enoteca implicito(バール & エノテカ インプリチト) 東京都渋谷区東4-6-3 Belle Air 1F

BEAMES INFORMATION

  • ELEMENTS OF STYLE
  • BEAMS F
  • Brilla per il gusto

FEATURE/

SEE MORE

MASTUO KENTARO PRESENTS
EDITORS CHOICES Vol.14

ボリオリのラクチン・ジャケット、その秘密

2014.04.22

Intersect With Styles
谷川じゅんじのスタイル邂逅 Vol.4

建築家 谷尻 誠

2014.04.16

THE BEST THING
MURAKAMI SEI

時計選びも雑誌作りも「これだ」という直感が大事。

2014.04.11

AMAN STYLE / Finamore

リラックスはしたいけど…

2014.03.31

AMAN STYLE / ZANELLATO

頑張りすぎるのって格好悪いのカモ

2014.03.25

GIANNETTO STYLING Vol.2

ハンパじゃないから“オン・オフ”イケる

2014.03.19

il micio Collection Vol.1

「イルミーチョ」のクラッチバッグは秀逸です

2014.03.14

VISIONARY BUYERS Vol.1
KURINO HIROFUMI

時代の先を読むヒントは社会潮流のなかに隠されている

2014.03.06

Extra issue from
「Steppin' Out!」Vol.3 紀里谷和明

大作を作るには海外に出るしかなくなってしまった

2014.02.18

*当サイトの税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。お間違えになりませんようご注意ください。