B.R.ONLINE

Style Web Magazine & Online Shop

BLOG / SNAP by SHOP STAFF

TITILE /

ドレスダウンしたスーツをシンプルでもお洒落に見せる工夫 / B.R.SHOP

2018.07.10

20180710br_02.jpg

スーツで男らしくキメたいけどついついキメ過ぎてしまう、、という方いらっしゃいませんか?
そこで今回は、シンプルでも抜け感たっぷりのスーツスタイルをご紹介します。
ここでのインナーは開襟シャツ。この開襟シャツの襟を出すだけでシンプルなコーディネートでも華が出て存在感がたっぷり。敢えてここではチーフは挿さずに控えめにしています。

スーツ:De Petrillo(デ•ペトリロ) Size 44  後日公開予定
シャツ:AVINO Laboratorio Napoletano(アヴィーノ・ラボラトリオ・ナポレターノ) Size 37
シューズ:Enzo Bonafe(エンツォ ボナフェ) Size 6H

20180710br_04.jpg

シャツのカフスボタンを外してます。
ここのボタンを外すことでセクシー且つ、かっちりしすぎない大人の余裕を見せることができます。ただ、注意してほしいのがシャツの袖の長さ。袖が長すぎてしまうとカフのボタンを外した時にみっともない感じになってしまいます。
しっかりと体型にあった洋服選びや、お直しをしている人にしかできない "お洒落の部分"と言えるので、お直しがどれほど重要なことかわかるかと思います!(お店にいらっしゃれば細かくフィッティングのアドバイスが可能です!)

20180710br_03.jpg

シンプルなスタイルでも腰回りのプリーツとちらりと見えるブレイシーズが洒落感を生み出します。また全体的に物足りなさ感じた時には、写真のようにアクセントとなるリングをしても◎。
 

20180710br_05.jpg

パンツの裾の長さは、頑張り過ぎてるように感じる貧相な丈の短さではなく、よりエレガントに見せることができる少し長めの丈をオススメします。
細かいところで遊ばせることによって、シンプルなアイテムだけでも自然に華やかさや洒落感を出すことができます。
特に無地のスーツをドレスダウンする場合、どこかに抜け感やこなれ感を見せなければつまらないコーディネートとなってしまいます。。
改めてシンプルなものをお洒落に見せる着こなしを見直してみてはいかがでしょうか?

PROFILE/

portrait

SNAP bySatoshi Naito

B.R.SHOP (170センチ / 60キロ)

ショップ最年少です。
普段はクラシカルからモダンな格好まで幅広いスタイリングをします。
クラシックな物事がとても好きで洋服は勿論の事、幼少期からやっているクラシックピアノの影響で、クラシック音楽、特に作曲家でいうとドビュッシーやラヴェル、ショスタコービッチなどの印象派でどこか新しく美しい曲が大好きです。
愛読書はTHE RAKE。そんな私の好きなクラシックなスタイリングと、若く新鮮なスタイリングの提案、是非、合わせてお伝えしたいです!

B.R.JOURNAL / Satoshi Naito

2018.07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

SNAP/

  • 万能カラー「ベージュ」の使い道 / SUGAWARA LTD.
  • ドレスダウンしたスーツをシンプルでもお洒落に見せる工夫 / B.R.SHOP
  • コンテンポラリーをMIX 〜 Pitti参戦 2018〜 / guji
  • ピンクが苦手な方でも取り入れやすい色使い / ring
  • ちらっと見せるサマースタイル! / ASTILE house
  • 英国調のプレッピースタイル 〜 Pitti参戦 2018〜  / guji