B.R.ONLINE

Style Web Magazine & Online Shop

BLOG / SNAP by SHOP STAFF

TITILE /

織柄を組み合わせたモダンスタイル / B.R.SHOP

2017.05.18

DSC_8575_002.jpg

控えめな柄合わせは難しいようで、難しくないもの!?
シンプルな組み合わせとなると無地のアイテムだけで構成すれば味気ない印象になってしまいますが、織柄が入ることで表情が劇的に変わります。
主張し過ぎる柄合わせは喧嘩してしまいますが、よく見ないとわかりにくい柄合わせは、さりげない洒落感をプラスすることが出来てオススメです。

そして、キーポイントとなるのが「サングラス」。
サングラスを掛けるか掛けないかで雰囲気が全然変わってくるので、上手く小物を取り入れることもオススメします。
小物は「いかにも感」が強過ぎると"ヤケド"をしてしまうので織柄と一緒でさりげない感じが大切です。
こちらのサングラスはクリアカラーレンズを採用していて、透明なのに紫外線を遮断し、さらに知的な雰囲気を出すことができる優秀なアイテムなので手放せません。
サングラス特有の濃いレンズに気恥ずかしさがある方や、1年通して使いたい方にオススメです!!

DSC_8588_002.jpg

ネイビー×ブラックで織られている糸は最強の組み合わせで、嫌らしくない艶感を演出でき都会的なスタイルには欠かせません。
さりげない柄×柄の合わせはお互い主張し過ぎず喧嘩しないところが◎

DSC_8589_003.jpg

サマーウールのシャリ感があるブラックパンツは重たく映らず、カジュアルなコーディネートに取り入れやすいです。
インプリーツ仕様で、クラシックなディティールですが膝下からテーパードがかかりモダンに穿くことが出来ます。

ニットジャケット:Drumohr(ドルモア) Size 46
ニット:GRAN SASSO(グランサッソ) Size 46
パンツ:BERWICH(ベルウィッチ) Size 46
眼鏡:BLANC..(ブラン)
シューズ:私物

PROFILE/

portrait

SNAP byTomofumi Yamada

B.R.SHOP(177センチ / 68キロ)

エレガントスタイルを愛する山田と申します。
エレガントを好んでいますが、どこかに悪さを取入れたスタイルが大好きです。

クラシックは、モードやカジュアルの世界よりも小さな世界ですが
その分デザインでごまかしが効かないため、より個性を出せる楽しい世界です!
そして、もっと若い人(自分も若いですが)に憧られる大人になりたいですね!!

私が、出会ってきた洋服屋の大先輩方は、年を重ねても若くイキイキしているので
そういう大人になり洋服を着る楽しみを伝えていきたいです。


エレガントと言っていますが、地元三沢基地内のジャンクフードが大好きです!
2017.05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

SNAP/

  • カジュアル顔ながらエレガントに魅せるジレは必需品です / ring
  • オトナは
  • 秋が待ち遠しくなるジャケット / ASTILE house
  • ジェントル感を強く感じさせて / guji
  • 秋が待ち遠しくなるキャメルカラー / ring