B.R.ONLINE

Style Web Magazine & Online Shop

BLOG / B.R.SHOP

TITILE /

超新星! NUMBER Mの実態調査 Part.1

2018.03.16

話題沸騰中の"NUMBER M"というブランドの実態に迫ります!
今回は序章、、こちらのナイロンタフタという素材のパンツを追究していこうと思います。

naito20180315_1.jpg

Pants NUMBER M  Size:44
Hoodie Settefili Cashmere Size:44
Cut & Sew Cruciani Size:46
Sneaker Pantofola d'Oro Size:40
Backpack ZANELLATO

一つ目のポイントはスポーティでありながら上品であるということ。
なぜ上品に映るのか。
端的に申し上げますと、光沢が強くないからです。
ブラックのレザーデイパックを合わせても違和感なく馴染むことからその理由がはっきりと伺えます。

二つ目のポイントは穿きやすさ。
肌触りに関しては写真では伝わらないと思いますが、高密度に平織りされた生地は非常に滑らかです。
そして見て分かる通り適度なゆとりがまた非常に滑らかな生地と相まって極上の穿き心地を生んでくれます。

今回のスタイリングのテーマは...ズバリ"大人のスポーティ・ラグジュアリー"。
私内藤の個人的な意見として、前述したパンツの特徴を存分に活かせるテーマであると確信しております!

スポーティな印象を大人に昇華するレザーデイパック、カシミア、シルクの混紡素材のラグジュアリーなパーカー。。
前述したパンツの利点を最大限に活かすためスポーティさ漂うアイテムを要所で拾い、モダンなスポーティの統一感ある雰囲気の組み合わせにしました。

naito20180315_2.jpg

また、ローカットでも問題ないのですがハイカットを選んだ理由としてはこちらのパンツ自体、ハイカットのようなボリューム感のある足元でも抜群にバランスがとれるシルエットであるということです。
私個人的には、それに加えアメリカンなニュアンスをファッションに組み込むのがオススメです!

最後に、今回このパンツを主軸に考えてスタイリングしてみると、テーラードジャケットとの合わせはなかなか難しかったという実態も個人的に感じましたが、オフのシーンでのカジュアルスタイルの一つとしてスポーティを存分に且つ上品に楽しめるものだと感じました。

今シーズン(2018SS)はスポーツミックスをスタイリングする際に一つ手にとってみるのもいいかもしれません。


B.R.SHOP 内藤

PROFILE/

portrait

ビー・アール・ショップB.R.SHOP

セレクトショップ

外苑前の慌ただしい喧騒から離れた場所に佇むB.R.SHOP。フロアに一歩入ると、そこに広がるのはウッディーで落ち着いた大人の空間。欧州を代表するメゾン系ブランドから老舗のファクトリーブランドまで、 厳選された最高級のアイテムが並びます。

https://www.brshop.jp

2018.03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31