B.R.ONLINE

Style Web Magazine & Online Shop

BLOG / B.R.ONLINE 編集部

TITILE /

ソーダストリームCEOのプレゼンテーション。

2018.06.07

6/5(火)に行われた「SodaStream エキサイティング生炭酸2018」。オープニングアクトで、俳優の浅野忠信さんのバンド『SODA』のライブがあったり、ブランドアンバサダーのアンジャッシュ・渡部建さんのプレゼンテーションがあったり、ソーダストリームの新商品SodaStream miniの発表もあったり、会場は熱気に包まれていました。

henblo180606f.jpg

一夜明けた6/6(水)、緑が敷地内に溢れる代官山の複合施設『TENOHA』のキッチンスタジオに場所を移し、ソーダストリーム株式会社 代表のダニエル・バーンバウムさんが、直接プレス関係者にプレゼンテーションする会が開かれました。

henblo180606b.jpg

多くのライフスタイルメディアの記者の前で、CEO自らがソーダストリームの利便性や経済性を、映像や実際の商品を使ったデモンストレーションで分かり易くプレゼンテーション。

henblo180606e.jpg

時間を割いて、詳細に話していただいたのが、ペットボトル等の廃棄により、川、海、山等に蓄積されている、マイクロプラスチックの問題。投棄され風化したプラスチックが小さな破片になりながら、分解されることなく地上や海、川の水に残り、それが食物連鎖で、魚、鳥等に蓄積されて、ゆくゆくは人間にも影響するのではないか、という中々目に見えにくいだけに、より深刻な環境問題についてでした。

henblo180606d.jpg

「好みの強さの、新鮮な炭酸水を、低コストで家庭で作ることができる」という製品としての利便性、経済性が世界各地でソーダストリームが普及している大きなファクターなのですが、北欧等の環境先進国で特に大きなマーケットシェアを得ている理由の一つに、ペットボトルの消費を抑制できるという、環境問題に対して、直接的に寄与できるという側面も大きいように感じられました。

henblo180606c.jpg

まだまだ日本の家庭への浸透は始まったばかりなのですが、新鮮な食材を愛する日本食文化を持ち、信仰の対象として自然と向き合い、世界遺産も多く環境への意識も高い日本で、ソーダストリームがより一般的な家電製品として多くの家庭に広まって行くのではないか、そんな確信を抱かせてくれたプレゼンテーションでした。

henblo180606a.jpg

PROFILE/

B.R.ONLINE 編集部B.R.ONLINE Editorial Dept.

大人のファッションを中心とした様々なライフスタイルを提案、 欲しいと思ったら即購入できる新感覚のポータルサイトを目指すB.R.ONLINE。日々コンテンツ制作に奮闘する編集部ブログです。
2018.06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30